忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2013/07/01 (Mon)10:44



 どうも、グレアムです。
 以前アンナンウスーしてから結構時間が経ったような気もしますが、Stalker小説の3話目が出来上がったのでHPにアップロードしておきました。

<< S.T.A.L.K.E.R. プロジェクト・ケルベロス 第3話 >>

 今回はDarkvalleyでBanditと銃撃戦…ということで、ひょっとしたら初の本格的な銃撃戦かもしれません。といっても、基本的な戦闘の流れはSoCでのBandit殲滅とそれほど変わり映えはしないんですが。
 あと、ヒロインであるナターシャがわりと酷い目に遭いますので、鬱耐性がない人は注意かもしれない。

 とりあえずナターシャの過去回想が終了したので、今後は主人公ネームレスがZoneに来たきっかけと、現状に至るまでの話をぼちぼち書いていけたらなーと思っています。
 もともと戦闘メインの話(というコンセプト)ではないので、4話以降はまたヌルいZoneライフが展開していくと思います。

 それと、1話と2話も読みやすいようにちょっと手を加えたので(特に1話)、未見の方、あるいは「これ読みにくくてしょうがねぇ」と思っていた方は時間があれば再読して頂けると私が喜びます。

 上のイラストはネームレス。これから色をつけます。





PR
2013/04/02 (Tue)11:00
 どうも、グレアムです。
 先日予告した通り、勇者屋の短編が上がったのでHPで公開しましたデス!動画作ってたからって放ったらかしてたワケじゃないのよ!
 口調がおかしいのは寝てないから。ずっとトロピコやってた。1作目。

 そんなワケで、↓のリンクからドゾー。
勇者屋本舗青年版 「ガトーの資料編纂室」


2012/10/20 (Sat)06:42
 えーとデスネ。
 前回公開したフィギュア版シルヴィア(ヴァリアント・バージョン)をイメージして書いた短編をHPに載せました。

http://reverend.sessya.net/silvia1.html

 ので、まあ時間がちょっと余ったときにでも読んで頂ければ嬉しいかなーなどと考えております所存。
 内容的にはまぁいつものグレさんというか、うん。
 たぶん、デスペラード知らない人が読んでも面白くもなんともないと思う。そういう点から見ると、出来が良いとは言えないけど…オチとか。
2012/08/12 (Sun)07:46
 さーて来週のスタルカーは?

 ネームレスです。最近クリアスカイのShockerMODをプレイしてるんですが、Swanp関連のクエストにバグが多くて心が折れそうです。
 Oasis入手クエストがどう進めても確実にフリーズしたり、あと最序盤で手に入るはずのケブラーボディアーマーの情報入りフラッシュドライブが後半になっても入手できません。
 ちなみに服装はマーセナリー装備がお気に入りです、でもリボルバーを装備すると強制終了します。メイン武装はショットガンで、チェンバーにシェルが送り込まれるモーションの出来が凄すぎて失禁しそうです。

 さて次回は、
「死のトラックからの生還者」
「ネームレス、ナターシャと朝からいちゃラブ」
「ナターシャ、ドラグノフを撃つ」
 の3本です。

  **  **  **

 えーはい、サザエさんの予告編ふうに書いてみましたが。
 ようやくスタルカー小説の2話目が書けたんでその報告です。

http://reverend.sessya.net/stkpc2.html

 例年の活動の成果か、夏になると創作のスイッチが入るようです。この調子で次々と他の作品も書けたらいいんですが…
 今回の話で判明したのは、
1.ネームレスは死のトラックの生還者で、フリーダムに保護された。
2.ネームレスとナターシャの出会い。
 あたりでしょうか。
 ネームレスが死のトラックに乗せられる以前の話、フリーダムに保護されてから現在に至るまでのいきさつ、なぜナターシャがゾーンに来なければならなかったのか、などは今後に持ち越しということで。あとナターシャがネームレスに懐くまでの過程とか。
 ぶっちゃけ本作は一貫したストーリーがあるわけではなく、過程を楽しむために書いてるので(珍しく)、その気になれば延々と続けられるという。逆に言えばいつでも終わらせられるので、オチだけ考えておいてあとは気分次第ってところで。

 しかし趣味全開で書くとどーしてもネームが多くなりがちですね。もうちょっと読みやすくしたほうがいいのかしら…海外文庫を教科書代わりにしてたのがこんなカタチで裏目に出るとは。
 今回ちょっとだけキャッキャウフフなシーンがありますが、こういうの昔なら恥ずかしくて書けなかったですが、今はなんかもう普通に楽しいです。金髪美少女いいよね…
 じつはナターシャはワケありで日本から逃亡してきてるんですが、女子高生っつっても逃亡中にセーラー服はねーだろって向きもあるとは思いますが。俺もそう思う。よほど削除しようかとも思ったけど、でもセーラー服って日本の女子高生の記号みたいなもんなんで、あえて残しました。あとナターシャ自身が気に入ってるってのもあるんですが、でも国外逃亡中に着るような服じゃねーよな…そのへんのエピソードは今後拾う予定です。
 ドラグノフの訓練シーンについてですが、ドラグノフに使うPSO-1スコープって生産国やロット(!)で仕様が違うというワケわかんねー仕様なので、ぶっちゃけシリアスなツッコミは無用な感じになっちゃいましたけど。共産圏ってなんでこんなにめんどくさいの…
 ちなみにナターシャの台詞「そんな恥ずかしい台詞をよく平気で」はグレさんが過去に実際に言われた言葉です。マジなハナシ、ロマンチストなのは女よりも男の方だよなー。
2012/02/12 (Sun)19:03
 前々から予告していたストーカー小説がついに完成しましたよ。ていうか原作知らないと「ストーカー小説」って語感がすでにヤバイ。犯罪臭がプンプンする。題名だけでカンチガイされて警察にマークされそう。まあ内容はストーカー被害どころか死人が出てるんですけどね。
 いちおう原作を知らなくても楽しめるようフォローは入れてます…入っているハズ。
 ちなみに公式設定と創作がないまぜになっているので、この小説に書いてある諸々の要素が実際のゲーム内容とは関係なかったりするかもしれないので注意。
 あと女の子出てきます女の子。原作の雰囲気を損なうような要素は一切認めない!っていう高度な信者様や「ゾーンに男以外いらねぇ!」っていう骨の髄までデューティの信義に染まっている2ch脳な方は回れ右したほうがいいかもしれない。

http://reverend.sessya.net/stkpctop.html

 固有名詞はカタカナ表記です。一部和名になってたりもします。
 最初はアーティファクトも、ストルガツキーの小説にならって和名にしてたんですが(「ジェリー・フィッシュ」を「魔女のジェリー」など)、自分の命名センスに早々に限界を感じたのでカタカナ表記にしました。いちおう「スパークラー」を「閃光端子」とか、それっぽい名前を幾つか考えてはいたんですが…あと「ブラインド・ドッグ」は当初「めくら犬」で統一してました。やめましたが。

 主人公「ネームレス」に関してですが、彼の出自に関しては別タイトルで描く予定です。
 プロジェクト・ケルベロスでは「死のトラック」から生還して(このへんの描写は次回書く予定です)、ナターシャと出会ってからの活動を。
 そして日本人観光客「片桐冬哉」がふとしたきっかけでストーカーの仲間入りをし、「ネームレス」になるまでを描いたケルベロス・オリジンというのを別タイトルで書く予定。こっちは厨二描写を無くし、なんの能力も持たない凡人がゾーンの苛酷な環境に打ちのめされる内容になると思います。

 ちなみに今回の作品はグレさんの就寝前の妄想を文章化したものだったりします。もし自分がストーカーになったら、的な。いわゆるオナヌー作品というやつです。なので、そういうのが苦手な方はちょっと読んでてツライかもしれませんぬ。俺も苦手だしそういうの。自分がイヤなことを他人に平然とやってのける!そこに呆れる侮蔑するゥ!
 ネームレスが鼻持ちならなくて生きてて辛いって方は、もう片方のタイトルでカタルシス得られると思うのでそれまで我慢してくだちい。
1  2  3 
忍者ブログ [PR]