忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/06/14 (Thu)18:25







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_04 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
ノーゲインのどこかに存在するという北斗神拳の秘伝書を求め
荒廃した都市を彷徨う…







>Day_38 家屋
 民家の地下に巨大ユウレイグモの巣を発見したので掃除にかかる。サバイバー装備とサバイバー格闘術にかかれば、ユウレイグモなど物の敵ではない!
 その後、以前の戦いで破損したサバイバー装備を修復してから街の探索に繰り出したが、放電凶獣にボコボコにされた。こいつ、電撃を放つしか脳がないと思ってたけど、殴り合いも滅茶苦茶強いぞ!おかげで修理したばかりの防具がもう破損してしまった。
 しかしながら怪我の功名というか、ゾンビの死体から改良型UPSを回収できた。あとは原子力電池さえ手に入れば、いつぞやのゴイスーなレーザーライフルを扱えるようになるわけだ。



>Day_39 家屋
 この日はずっと本を読んで過ごした。



>Day_40 家屋
 サバイバルに関する本を読み終えた。続いて、古代中国の武具製作に関する本に着手する。食料品店で手に入れたコーンミールが間もなく底を突く。まだ豆と米が幾らか残っているが、そろそろ食料の調達に向かったほうがいいだろう。



>Day_41 家屋
 午前中に古代中国の本を読み終え、街へ繰り出す。車輌修理工場で溶接機を発見、こいつがあれば(電池の消費さえどうにか賄えれば)車輌の自作も可能になるというわけで、さて、どうしようかな。それに、食料の問題もある。
 近くの銃砲店でショットガンや9mmサブマシンガンと弾薬を入手したはいいが、道中で遭遇した超人兵士ゾンビや放電凶獣との戦いでかなり傷を負ってしまった。また、装備が破損した…ただ、美術館でメイスを発見できたのは良かった。ナマクラではない真正品だ。
 付近に民家が見当たらないので、小型貯蔵庫で睡眠をとることにした。誰かが倉庫をホテル代わりに使っているのか、たいていベッドが敷いてある。そこで、倉庫の内側からシャッターを閉めるため、シャッターの真下でクランクを回すという失態を演じた…シャッターは俺の真上に降りてきた。

>アクティブ・リポート

 疲れているに違いない…



>Day_42 小型貯蔵庫
 起きてから気づいたが、どうもこの倉庫、内部からシャッターを開ける手段がないらしい。
 詰んだ…まあ、普通なら死を覚悟する場面だが、俺には確率透過のCBMがある。なんてことはない。
 ひとまずベッドを解体して得た布で、破損した防具の修理をしよう。これだけで午前中が潰れてしまった。
 午後からは車輌建造にあたって長期間を過ごすための食料探しだ。乾燥豆、米あたりがあると良い。途中で寄った車輌修理工場ではフル充電された大型蓄電池とボトルジャッキを発見した。
 食料を探しながら例のハンヴィーのもとへ戻り、車輌修理工場まで運転していく。のだが、この街、なんだか妙に道が入り組んでるうえ、放置車輌が多いのでなかなか難儀をした。とりあえず工場の中へハンヴィーを入れ、追跡装置を解除。明日から車輌の建造を開始するとしよう。



>Day_43 家屋
 サマーシーズン到来である。
 そういえば車輌工場の近くに民家がなかった…ということで、少し離れた場所から通うことになるが、まあ、仕方あるまい。さすがに二度シャッターの下敷きになるのは御免だ。
 とりあえず、この日は自作車輌の部品となるハンヴィーの解体だけで終わった。



>Day_44 家屋
 民家で水と豆飯を作ってから車輌修理工場へ向かう。この日もだいたいハンヴィーの解体だけで終わった。とにかく、フレーム解体に時間がかかる。それと、今の俺の技術では軍用装甲板の修理が不可能なのだが、今回はコンパクトな車輌を作るつもりなので、おそらく不都合はないだろう。



>Day_45 家屋
 ハンヴィーのフレーム解体で一日が終わる。



>Day_46 家屋
 いよいよ車輌建造開始だ。今回はバイクを作る予定でいる。といっても、元の部品が軍用車輌だから、そこいらの並なマシンになるわけがない。バイクというか、小型二輪車輌とでも言うべきか。いや、同じか。
 マシンの名前はジェイ=エル、ジュエル(宝石)の頭と尻尾の文字だ。宝石のような輝きを放つスター・マシン、といったようなニュアンスを込めている。スターというか、モンスターというか。

>アクティブ・リポート

 とりあえず現在は仕様を考えながら骨組みを作っているところだ。完成が待ち遠しい。



>Day_47 家屋
 車輌の建造を進める。
 しかし参ったな、現時点では軍用複合装甲の取り付けが不可能なのか…作業しているうちにコツを覚えられれば良いのだが。



>Day_48 家屋
 車輌建造を進める。



>Day_49 家屋
 車輌建造を進める、大枠は終わったので、明日中には完成するだろう。



>Day_50 車輌修理工場
 リクライニング座席にブランケットを持ち込んだので、昨夜は民家ではなく建造中の車輌の座席で一眠りしたのだ。
 そしてついに、自作車輌が完成したのである!

>アクティブ・リポート

>ビハイクル・データ

 如何なもんだろう、この見事なまでに実用性を度外視したフォルム。
 二輪にしてV8ディーゼルエンジン搭載、頑丈なパーツを贅沢に使い車体重量はゆうに1.5tを越える。本来なら軍用複合装甲を取り付ける予定だったが、スキル不足ゆえ断念し現状では鋼板での代用である。UPS互換充電ステーションはただの飾りで、将来的にはここにサバイバーステーションを設置する予定である。
 実際のところ、街の探索を終えるまで車輌建造は後回しにしても良かったのだが、ゾンビを殺しながら他人の家を荒らすだけの生活に疲れていたので、ちょいと息抜きに気分転換を図ろうとしたわけである。
 さて街の探索を再開しようか。幸いなことに、この軽量サバイバー装備は夏場でもそれほど支障なく行動ができるようだ。民家の捜索中、地下に銃器保管室を発見する。そのなかでも、内部的に精度を向上させる銃器調整機構の発見は嬉しい。さて何に使うべきか。これは貴重なパーツで、一度組み込んだら取り外しがきかないので、無駄遣いはできないのだ。
 ただし、肝心の銃火器のほうはグロックとその弾薬くらいしかめぼしいものがなかった。
 その後、動物病院の金庫から大量のコデインを入手。



>Day_51 道路
 ジェイ=エル車内で目を醒ます。
 運転中に放電凶獣を見つけたので、ここぞとばかりにマーク19の40mmグレネードをお見舞いしてやったが、なんと、破片を皮膚で弾いてダメージを受けていない!なんてやつだ!おかげで降車してメイス片手に殴りあう破目になった。ナイフ(ククリ)よりはマシだが。倒した放電凶獣の死体から間接内蔵式捻れラチェットのCBMを摘出する。ひさしぶりの当たりだ。CBM移植のため鎮痛剤を服用する、が俺の場合はコデイン二服ではやはり足りないようだ。
 その後、軍放出品店でパワーアーマーを見かけた。放出品…民間に流して良いような装備ではないと思うが。
 解体した超人偵察兵ゾンビから新陳代謝相互互換装置のCBMを入手したので、体内炉を除去して代わりにこれを入れた。別に、大量にCBMを埋めたからといってデメリットはないのだが、個人的に、体内がゴチャゴチャするのはあまり好かない。
 また民家で精密ロックピックを入手した。この家の住民が何の目的でこんな代物を部屋に置いていたのかは考えないでおこう。
 それから別の民家では、文明復興シリーズの水泳に関する本と、機械工学に関する専門書を発見した。しばらくはこの二冊の本の熟読に時間を費やすことになるだろう。



>Day_52 家屋
 サバイバーハウスにて、新天地開拓スターターパックなるものを入手した。Leadworks LLCの製品らしい、まさかこのような事態を想定して作られたわけでもあるまいし、おそらくは贈呈用のギフトセットか何かだろう。権利章典修正第二条を信奉する父親から息子へ、あるいは息子から父親へ、か。新天地開拓…いまさらフロンティア・スピリットでもあるまいに。

>アクティブ・リポート

 内容物は銃器マニュアルに銃器修理キット、.45口径のオートリボルバーにライフルが一挺づつ。それと電池、拳銃用のホルスター。肝心の弾が入っていない。くそったれだ…銃と弾薬を一セットにして販売するのは何か法的に問題があったろうか?俺は首を傾げる。それにしても、.45ACPでロングレンジャーとは恐れ入る。長いほうならまだしもだが…あるいは、強装弾用か?それでも、ライフル用のロングバレルから発射したところで銃口初速は標準的な9mmパラ拳銃とどっこいだった気がするが。
 完全にハズレだ、期待はずれもいいところだ。弾の入ってない銃など、穴の空いた防弾チョッキも同然だ。何の役に立つ?
 その後、別の民家の地下に銃器保管庫を発見した。といっても、めぼしいものは12ゲージ散弾くらいだったが。
 しばらく探索を続け、暖炉つきの家に文明復興シリーズのコンピュータに関する本を発見する。水泳の本とあわせて、夏のあいだはこの二冊の読解に費やされることになるか。



>Day_53 家屋
 コンピュータに関する本を読み終える。



>Day_54 家屋
 水泳に関する本を読み進める。



>Day_55 家屋
 食料を探して街を彷徨うが、どこにも見つからない。すでに探し尽くしてしまったか…
 一軒だけ攻略していなかった銃砲店の存在を思い出し、襲撃する。ショットガンをレミントンからモスバーグに持ち替え、TEC-9と9mm弾150発を入手。その後、電気店で車載用設備の制作方法が記載された本を入手し、ついでに小型冷蔵庫を抱えてジェイ・エルの荷台に積む。
 雨が降るなか、本を読みながら夜を過ごした。



>Day_56 家屋
 どうやら、もうこの街に求めるべきものはないようだ。このサウスハンプトンの街に、北斗神拳の秘伝書は存在しなかった…
 移動する前に、街中の車輌を総ざらいして使えるものがないか確認していく。キャンピングカーからRVキッチンユニットを拝借し、装甲車から軽油とM855弾を入手。さらに、銃砲店に置いておいたMX-84レーザースナイパーを回収し、折り畳み式銃床を組み込む。銃器整備士用キットを使って内部機構の調整もしようかと思ったが、今の俺の腕ではそこまでの手入れはできなさそうだ。それから、リローディング等に必要な機材一式を調達。
 それにしても、UPSの製作に必要な蓄電池はどこから入手すればいいのか?
 夜中に街を走らせていると、欠陥生体兵器ゾンビを発見する。電撃を浴びながらも、モスバーグの連射で仕留める。その体内から摘出できたCBMは…消化器官拡張!これもまた有用な代物だ。オキシコドンとコデインを併用し、CBMを移植する。
 もう一睡もすれば、ふたたび秋の訪れだ。この街に立ち寄った、あのときからちょうど一年…







>ステータス 
基本HP:102
総運搬重量:104.0
近接攻撃力:12.0
筋力:16(14)
器用:16(14)
知性:16(16)
感覚:13(13)

>スキル
打撃武器:10(18%)
サブマシンガン:10(7%)
電子工学:10(2%)
コンピュータ:10(0%)
サバイバル:10(0%)
水泳:10(0%)
製作:10(0%)
話術:10(0%)
裁縫:6(39%)
近接戦闘:6(32%)
機械整備:6(7%)
料理:6(0%)
射撃:5(64%)
斬撃武器:5(53%)
ハンドガン:4(78%)
回避:4(62%)
応急手当:4(26%)
ライフル:4(4%)
運転:4(0%)
投擲:3(2%)
取引:3(0%)
弓:3(0%)
ショットガン:2(81%)
素手格闘:2(17%)
ランチャー:2(10%)
罠:1(0%)

>所持品
サブマシンガン(9mm/TEC-9)(32)
弾薬(5.56mm/NATO M855A1)(101)
弾薬(9x19mm/FMJ)(18)
弾薬(9x19mm/JHP)(100)
弾薬(散弾)(6)
メイス
++オイルライター(49)
聴診器
はんだごて(200)
ガソリンランタン(オフ)(489)
キャッシュカード(1045177)
ゴムホース
マッサージ器(0)
仕立て屋キット(400)
懐中電灯(オフ)(100)
携帯用食器セット(173)
洗面キット(10)
精密ロックピック
ガラス瓶(3L)/綺麗な水(11)
米(乾燥)(7)
豆(乾燥)(32)
アンビエン(33)
オキシコドン(8)
カルシウム剤(32)
コデイン(62)
ビタミン剤(グミ)(31)
プルシアンブルー錠剤(30)
包帯(2)
抗生物質(69)
救急箱(8)
IDカード(軍)
懐中時計
糸(227)
電池(872)

>装備
ショットガン(モスバーグ500)(8)
++軽量型サバイバースーツ(フィット)
++サバイバーハーネス/ライフル(.223口径/L523-CAR)
++サバイバーユーティリティベルト/++ククリ(フィット)
++サバイバーランニングバッグ
++軽量型サバイバーマスク(フィット)
++軽量型サバイバーフード(フィット)
++軽量型サバイバーグローブ(フィット)
++弾倉ポーチ(脚)/弾倉(.223口径/LW-32)(左)(0)
++軽量型サバイバーブーツ(フィット)
聖なる象徴

>トランク
銃器調整機構
本(学習/トランジスタとは?)
ライフル(MX-84レーザースナイパー)+
(短銃身)ショットガン(2連)+(0)
修復キット(銃整備士用)(500)
金属加工セット
るつぼ
弾頭プーラー
手動プレスと鋳型
RVキッチンユニット
冷蔵庫(小型)
改良型UPS(0)
USBメモリ/ハックプロ
ボトルジャッキ
溶接ゴーグル
溶接機(450)
電動炉(500)

>CBM
蓄電装置 x25
蓄電装置mk.II x6
確率高速移動
新陳代謝相互互換装置
反射神経活性化
筋肉増強
間接内蔵式捻れラチェット
消化器官拡張


>殺害数:1686
アメーバ状の物体:1
カラス:3
クレック:1
コヨーテ:3
サバイバーゾンビ:20
スケルトン:11
ゾンビ:361
ゾンビオオカミ:4
ゾンビヘラジカ:1
ゾンビマスター:4
ゾンビマンサー:4
ゾンビ犬:16
ゾンビ警察犬:13
ドブネズミ:3
フェラル・ハンター:14
フェラル・プレデター:2
フェラル・ランナー:24
ブーマー:29
マンハック:4
ミ=ゴ:3
ロットーワイラー:13
兵士ゾンビ:19
冥暗ゾンビ:47
凶暴ゾンビ:25
科学防護ゾンビ:22
子供ゾンビ:342
子供ブーマー:2
小型ブロブ:2
小型夜行ゾンビ:2
小型絶叫ゾンビ:2
巨体ゾンビ:4
巨体ブーマー:12
巨大クロゴケグモ:43
巨大クロゴケグモ(幼体):3
巨大ゴキブリ:13
巨大スズメバチ:3
巨大ハエ:1
巨大ユウレイグモ:14
弱酸ゾンビ:10
強酸ゾンビ:11
技師ゾンビ:3
放電ゾンビ:10
放電凶獣:11
暴動鎮圧ロボット:1
欠陥生体兵器ゾンビ:2
水泳ゾンビ:25
消防士ゾンビ:54
煙幕ゾンビ:14
爬行ゾンビ:14
痩身子供ゾンビ:2
痩身犬:14
監視ロボット:7
空洞ゾンビ:1
組手ゾンビ:13
絶叫ゾンビ:33
肥満ゾンビ:101
腐敗ゾンビ:24
腐食ゾンビ:8
膨張ゾンビ:7
警官ゾンビ:27
警官ロボット:1
負傷ゾンビ:1
超人偵察兵ゾンビ:2
超人兵士ゾンビ:1
超人工兵ゾンビ:1
超人装甲兵ゾンビ:3
長腕ゾンビ:27
頑強ゾンビ:168







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。なんか現環境だとけっこう頻繁に強制終了します。せめてエラーログくらいは出てほしい。どうも++のサバイバー格闘術の挙動がクサイんですよね。いろいろあってちょっと古めのバージョンを使っているので、たぶんバージョンとの相性じゃないかと思うんですが。なんというか、特定のテクニックを繰り出すと落ちるっぽい挙動なんですよ。
 あとやっぱり、街の規模4だとちょっと大き過ぎる気がしますね。普段はサイズ2でやってて、改めてデフォルトで想定されてる都市サイズがどんなもんかなっていう確認を兼ねての今回の設定だったんですが。
 CBM移植、以前プレイしてたときはコデイン二服で足りたんですが、これはバージョンの違いによるものなのか、あるいは、以前は痩身の特質を取っていたので、特に鎮痛剤の効果が強力にキマッっていたのかもしれません。これは後で確認しておかなければ。















PR
2018/06/11 (Mon)19:13







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_03 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
ノーゲインのどこかに存在するという北斗神拳の秘伝書を求め
荒廃した都市を彷徨う…







>Day_25 家屋
 朝起きて恒例の行動(ビタミン剤の摂取、洗面キット使用)を取っていると、ドアにヒビが入った。すぐ近くまでゾンビが来ていたらしい、寝ている間に突撃されなかったのは勿怪の幸いだ。さっそく、ご退場いただく。
 外に出たところ凶暴ゾンビの襲撃に遭う、余裕だろと思ってククリを抜いたら余裕でぶっ飛ばされました。どうにか倒し、救急キットで治療する…救急キットには鎮痛剤も含まれる、ひょっとしてアヘン中毒の原因はCBM移植の際の鎮痛剤使用ではなく、救急キットを恒常的に使用しているせいなのか?
 とある民家で文明復興シリーズのサブマシンガン編を入手する。これはまた、すべて読むのに時間がかかりそうだ…もちろん、この本の内容を独学で習得するよりは遥かに楽であることは言うまでもないが。
 今日はこの本を読んで過ごすことにしよう。



>Day_26 家屋
 衣料品店にてバックパックの存在を確認、いまの装備でさらにコイツを背負っては身動きが取れなくなる…春になったら、これを素材にサバイバーバックパックを作るとしよう。
 街を捜索中、以前発見した倒壊母屋とは別のサバイバーハウスを発見する。侵入した途端にトラバサミに噛まれたり、ショットガントラップに引っかかったり(素敵性能の防具に感謝!)、放電凶獣にバリバリやられたりと散々だった、ロクな物資はなかったし…ただ、放電凶獣の死体から反射神経活性化のCBMが採れたのは幸いだった。移植に成功、だが救急キットを使いまくったうえオキシコドンを二回も服用したため、意識が朦朧として…まともに…歩けない…
 幸いなことに、この周辺にはもうそれほどゾンビは残っていないようだ。などと思って民家の捜索を続けていたら、母屋の中から玄関戸をぶち破って放電凶獣が出てきた。勘弁して…すでに残弾が弾倉内に残っている限りとなったL523カービンで始末する。今度手に入ったのは筋肉増強のCBMだ、これを素直に喜んで良いものか…
 その後、朦朧とし時折倒れながら読書をして夜を過ごした。



>Day_27 家屋
 いや、先日の夜はすごかった。筋肉が痛み朦朧として倒れ、そのはずみで夜中に起きてしまうのだからな。このところストレンジすぎる日々を送っているので、このあたりで少しペースダウンしたほうが良いかもしれぬ。
 まだ筋肉の痙攣が治まっていないので、この日はずっと本を読んで過ごした。



>Day_28 家屋
 一向に体調が良くなる気配がない。どうしたことだ、これは…
 今日中にサブマシンガンに関する本を読み終える。明日はもう少しましになっていると良いが…



>Day_29 家屋
 春の訪れである。体調は相変わらず、良くない。
 食料品店に行ってみたが、乾燥食品の類はなく、ほとんど腐っていた。やれやれだ。
 また別のサバイバーハウスを発見したが、ショットガン・トラップを避けた瞬間、地雷を踏んだ。トラップハウスか何かか、ここは…それでも一糸ほつれぬウィンターサバイバー装備、さすがである。
 どうにか他の罠を避けつつ(というか、これ以上喰らったら、死ぬ)、文明復興シリーズの話術に関する本と、ステンを二挺見つける。ジョンブル魂の結晶とも言えるこのガラクタ銃、二挺ともフル装填である。一挺持ち出し、もう片方は弾倉だけ頂いていくことにする。なにより、サブマシンガンは最近、扱いを覚えたばかりだ。
 調子に乗ってぶっ放していたら、超人工兵ゾンビに目をつけられてしまった。ヤツの装備は、ヤバイ…と思ったが、ヤツが持っていたのはレーザーピストルだった。これがレーザーライフルだったら丸焼けになっていたところだ。
 ヤツをステンチガンで蜂の巣にし、ヤツの持っていた軍事作戦地図を確認する。そうか、すぐ近い場所にFEMAキャンプもあるのか。状態の良いレーザーピストルに惹かれもしたが、生憎、いまUPSバッテリーは所持していない。
 まだ本調子ではないし、探索もそこそこに切り上げて読書に励むとしよう。
 寝ている最中、空中を飛んで目を覚ます。激突の衝撃でドアが破損し、釘が飛び出した。またもや凶暴ゾンビのダイナミック・エントリーだ、こんなやつ近くにいなかったはずだが…

>アクティブ・リポート



>Day_30 家屋
 ビタミン剤を齧り、髭を剃る。まあ、寝室が二つある家で良かったよ。
 どうにか三軒目の銃砲店を攻略したいが、あの中には放電凶獣がいる。外には出てこれないので、一定距離から狙い撃ちすれば完封できるが、そのための装備がない。
 それにしても、体調が一向に良くなる気配がない…これはひょっとしたら、寄生虫か何かの仕業かもしらん。真菌ではないはずだ。
 とりあえず、手に入れた本を読みきってしまうか。



>Day_31 家屋
 春とはいえ、まだ朝には雪がチラつく。寒いねえ。
 道場にて、今度は柔道に続き空手の指南書を見つける。だが、俺が欲しているのは空手ではない。北斗神拳だ。しかし、道場の近くに組手ゾンビがいたのは偶然か?それとも、ここの門下生だったのだろうか…
 ゾンビ相手に空手を試してみるが、今の俺では効果的なダメージを与えることができないようだ。まだまだ修行が足りぬ、精進不足である。無念。
 周辺のゾンビを掃討したあと、話術に関する本を読み終えた。



>Day_32 家屋
 機械整備に関する本を読み、理解を深める。
 街の北側にボクシングジムがあったが、置いてあったのは空手の指南書だった。昨日、見つけたやつと同じだ。他流派のイヤがらせか何かだろうか。
 近くに動物病院があったので、行ってみた。おそらくは寄生虫の薬が置いてあるだろうと思ってのことだが、残念ながらあったのはペットキャリアが二つだけだった。金庫にはモルヒネのアンプルが四つ。少なくとも、これは今俺が欲しいものではない。
 そろそろこの服装がまた暑くなってきた。新調しなければ。
 街の北西に向かうと、学校が見えた。大勢の子供のお出迎えだ。ゾンビでなければよかったのだが。やかましさで言えば、ゾンビになる前とそう変わりはないが…今日だけで相当数のゾンビを始末した、すでに子供のゾンビを殺したときの罪悪感も失せている。しかし、すべては倒しきらなかった。いままで使っていたククリにもついに傷が…また後日の挑戦、ということになるな。

>アクティブ・リポート

 そういえば、いつの間にかウィンターサバイバースーツが焦げていた。たぶん、いつぞや超人工兵ゾンビにレーザーピストルで撃たれたときの傷だな。



>Day_33 家屋
 米と豆が手に入ったので、豆飯を作って食う。
 学校の攻略を続ける前に衣服を新調しよう。すでに保温効果が過剰なウィンターサバイバー装備が戦闘の動きを阻害するようになっている。なに、材料は幾らでもある…と思ったが、そうか、汚れた素材は材料にならないか…俺が潔癖症だからか?まあ、いい。なんとかなる。
 悩むべきは全身を覆うスーツにするか、あるいはコート&カーゴパンツの組み合わせにするか、だ。アイテム保有量の観点からすれば、後者のほうがいい。季節に合わせた衣服の着合わせの調整の自由度で言えば…どっちがいいんだ?いや、まあ、好みの問題になるだろうか。
 事前に必要な材料をリストアップしたのち、例のハンヴィーを使って方々から材料を掻き集め、衣服の製作を開始する。今回は軽量型サバイバー装備での統一だ、スーツ、フード、マスク、ブーツ…収容はバックパックをこさえるつもりだったが、今回は極力無駄な道具を持ち歩かないことに決めたので、ランニングバッグを作った。



>Day_34 消防署
 先日に続き、製作した軽量サバイバー装備の補強に取りかかる。ついでにククリも修理するが、まだ修理を超えた補強ができるほどの腕が俺にはないようだ。
 それと、朗報がある。以前は効果がなかったのだが、改めて抗生物質を摂取したところ、最近苦しめられていた筋肉の痙攣を伴う発作がおさまってきた。やれやれ、なんでもやってみるもんだ。けっきょく、原因はなんだったんだ?
 ふたたび小学校へ向かう道すがら、銃砲店からショットガンを回収する。学校でゾンビを倒したとき、たしか一箱か二箱、散弾を落としていたはずだと記憶している。ついでに路上を再捜索したさい、9mm弾を一箱見つけたので、グロック19も回収しておく。



>Day_35 家屋
 すっかり体調は元通りになったようだ。
 小学校へ向かう途中、何体かの放電ゾンビと遭遇した。死体を解体し、CBMを取り出す…体内炉か、これは有用だ。これがあれば、ようやく真っ当にCBMを使うことができる…といっても、いまアクティヴに機能するのは確率透過くらいのものだが。オキシコドンとコデインを併用し、手術に備える。
 途中で大量のゾンビの襲撃にでくわしたので、学校の南にあった銃砲店の鍵を急いで外し、中で篭城する。といっても弾薬が9mmと.40SW、それに.22LRが少々といったところなので、大した火力は出せなかったが、それでも一群を蹴散らすには充分だった。
 学校へ行き、まだ少なくない数のゾンビの残党を始末してから、何冊かの本を持ち帰った。まだ全部調べたわけじゃないが。これでまた読書三昧だな。



>Day_36 家屋
 ふたたび学校へ赴き、文明復興シリーズのサバイバル編を入手。あまり読んでいて面白い内容じゃないが、短時間で必要な技術を習得できる点は関心すべきだろう。
 残念ながら北斗神拳の秘伝書はここにはなかった。学校に置くような本でもないが。
 食料の心配があるので、必要な本だけ抱えて街の探索を続ける。もうここには用はない。
 移動の最中、超人偵察兵ゾンビと遭遇する。ヤバイ!しかし、ヤツはなぜか射撃武器を使わず接近してきたので、.40口径のグロックで倒してしまった。その装備を見ると…こ、これはMX-84レーザースナイパーじゃあないか!なんてことだ、こんなので撃たれてたらひとたまりもなかったぞ!
 持って行きたいのは山々だが、UPSバッテリーがなければただのお洒落な鈍器でしかない。せっかくなので、近くの銃砲店の机の上にでも置いておくか。わかりやすいように。そのうち回収に来よう。
 その後、なんと巨体ゾンビと遭遇。でけぇ。車を盾にしながらの射撃を試みるが、なかなか上手くいかないものだ。二、三度殴られ、補強したサバイバー装備が傷ついてしまった。それ以上に傷ついたのは俺自身だが。どうにかショットガンで始末し、少し離れた民家に逃げ延びる。

>アクティブ・リポート

 本を読む暇はない。



>Day_37 家屋
 街の西側に銃砲店が二軒連なっている場所があるので、そこへ向かうことにする。
 大量のゾンビをククリで捌きつつ銃砲店へ向かうが、ピッキングをしている余裕はない。こういうときのための確率透過CBMだ!俺は難なく量子トンネルを抜けて店内に侵入したが、店内を物色しているあいだに凶暴ゾンビが壁を破壊して突入してきてしまった。や、やめてー!
 そのうち巨体ゾンビや超人兵士ゾンビまで乱入してきて、もう凄いことになってしまった。こっちはステンチガンとモスバーグくらいしか回収できなかったのに。この期に及んで篭城もなにもないので、引き撃ちしつつ、どうにか逃げるしかできなかった。
 なお隣の銃砲店は整備キットやリローディング用の道具一式が置いてあったが、いますぐ武器や弾薬が欲しい身としてはあまり有り難くない。あと、近くのガソリンスタンドがゾンビの攻撃で完全に屋根が倒壊していた。酷いもんだ。







>ステータス 
基本HP:96
総運搬重量:93.2
近接攻撃力:10.5
筋力:14(12)
器用:15(13)
知性:15(15)
感覚:13(13)

>スキル
打撃武器:10(6%)
サブマシンガン:10(5%)
電子工学:10(1%)
話術:10(0%)
製作:8(0%)
裁縫:6(39%)
近接戦闘:6(8%)
コンピュータ:6(0%)
料理:6(0%)
斬撃武器:5(25%)
射撃:5(4%)
サバイバル:5(0%)
ハンドガン:4(45%)
応急手当:3(96%)
ライフル:3(83%)
回避:3(76%)
機械整備:3(53%)
取引:3(0%)
弓:3(0%)
投擲:3(0%)
水泳:3(0%)
運転:3(0%)
素手格闘:2(24%)
ショットガン:2(6%)
ランチャー:1(68%)
罠:0(18%)

>所持品
聴診器
はんだごて(200)
ガソリンランタン(オフ)(500)
キャッシュカード(667188)
ゴムホース
マッサージ器(0)
ライター(49)
仕立て屋キット(400)
修復キット(銃整備士用)(500)
懐中電灯(オフ)(100)
携帯用食器セット(200)
洗面キット(10)
簡易ロックピック
ガラス瓶(3L)/綺麗な水(5)
米(乾燥)(9)
豆(乾燥)(34)
アンビエン(24)
オキシコドン(13)
カルシウム剤(50)
コデイン(26)
ビタミン剤(グミ)(39)
ペットボトル(500ml)/消毒薬(3)
包帯(1)
抗生物質(26)
救急箱(2)
本(学習/古代中国の武具)
本(学習/文明復興:サバイバル)
IDカード(軍)
USBメモリ/ハックプロ
懐中時計
糸(179)
電池(380)

>装備
ククリ
++軽量型サバイバースーツ(フィット)
サバイバーハーネス/ライフル(.223口径/L523-CAR)
++サバイバーユーティリティベルト/ククリ(フィット)
++軽量型サバイバーマスク(フィット)
軽量型サバイバーフード(フィット)
++軽量型サバイバーグローブ(フィット)
弾倉ポーチ(脚)/弾倉(.223口径/LW-32)(左)(0)
++軽量型サバイバーブーツ(フィット)
聖なる象徴

>CBM
蓄電装置x10
蓄電装置mk.IIx2
確率高速移動
体内炉
反射神経活性化
筋肉増強

>殺害数:1225
アメーバ状の物体:1
クレック:1
コヨーテ:3
サバイバーゾンビ:11
スケルトン:6
ゾンビ:274
ゾンビオオカミ:4
ゾンビマスター:3
ゾンビマンサー:3
ゾンビ犬:12
ゾンビ警察犬:8
ドブネズミ:3
フェラル・ハンター:9
フェラル・プレデター:1
フェラル・ランナー:24
ブーマー:23
マンハック:4
ミ=ゴ:2
ロットーワイラー:9
兵士ゾンビ:14
冥暗ゾンビ:43
凶暴ゾンビ:15
科学防護ゾンビ:15
子供ゾンビ:304
子供ブーマー:2
小型ブロブ:2
小型夜行ゾンビ:2
小型絶叫ゾンビ:2
巨体ゾンビ:2
巨体ブーマー:4
巨大クロゴケグモ:20
巨大クロゴケグモ(幼体):3
巨大スズメバチ:3
弱酸ゾンビ:9
強酸ゾンビ:8
技師ゾンビ:2
放電ゾンビ:7
放電凶獣:4
水泳ゾンビ:16
消防士ゾンビ:27
煙幕ゾンビ:10
爬行ゾンビ:11
痩身子供ゾンビ:2
痩身犬:13
監視ロボット:4
空洞ゾンビ:1
組手ゾンビ:8
絶叫ゾンビ:22
肥満ゾンビ:75
腐敗ゾンビ:18
腐食ゾンビ:4
膨張ゾンビ:3
警官ゾンビ:18
警官ロボット:1
負傷ゾンビ:1
超人偵察兵ゾンビ:1
超人兵士ゾンビ:1
超人工兵ゾンビ:1
超人装甲兵ゾンビ:1
長腕ゾンビ:14
頑強ゾンビ:111







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。なんか現環境だとけっこう頻繁に強制終了します。せめてエラーログくらいは出てほしい。どうも++のサバイバー格闘術の挙動がクサイんですよね。いろいろあってちょっと古めのバージョンを使っているので、たぶんバージョンとの相性じゃないかと思うんですが。なんというか、特定のテクニックを繰り出すと落ちるっぽい挙動なんですよ。
 あとやっぱり、街の規模4だとちょっと大き過ぎる気がしますね。普段はサイズ2でやってて、改めてデフォルトで想定されてる都市サイズがどんなもんかなっていう確認を兼ねての今回の設定だったんですが。下手すると一年間ずっと同じ都市で過ごしかねない懸念が。














2018/06/07 (Thu)19:53







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_02 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
ノーゲインのどこかに存在するという北斗神拳の秘伝書を求め
荒廃した都市を彷徨う…







>Day_15 家屋
 外はすっかり雪景色だ。
 近くの消防署で消化斧を発見する。これは扉や家財道具を真っ二つにしたり、ゾンビを真っ二つにするのに役立つ。ついでに、ゾンビ化した消防士たちも始末する…彼らの装備は、サバイバー防具を製作するにはうってつけだ。今はまだそれを作る技術は持ち合わせていないが、この場所のことは覚えておいて損はないだろう。ついでに、ロッカーから消防士用PBAマスクを発見する。このところ顔面が寒かったので、こいつはありがたい。
 路上にM249が据え付けられた装甲車を発見する。そのうちの一挺は弾丸が125発装填されていた。軍用のM855弾は性能が良い…NATO弾はヨーロッパ規格の強装弾なので、アメリカの民間市場向けに出回っている弾丸より強力なのだ。もちろん、こいつを無闇にバラ撒くなんて勿体無い話さ。そのへんの家でライフルでも見つかれば良いのだが。
 また、装甲車らしき車輌の残骸から.40口径のグロック22を発見した。弾倉には.40SW弾が15発、フル装填されている。近くで殴り合いたくない敵に有効だろう。さっそく強酸ゾンビを相手に射撃を試す。8発で仕留めることができた…この成績が良いのか、悪いのか、俺にはわからない。
 どうやら、このあたりのゾンビのかなりの数を巨大スズメバチが掃討してくれたようだ。ありがたい…俺も(彼を刺激しないよう)加勢してゾンビを退治していたが、放電ゾンビに殺されそうになったので退散した。



>Day_16 家屋
 結局、消化斧は捨ててしまった。あれはゾンビ相手に振り回すには、あまりに疲れるシロモノだ…ククリよりも強力だったのは確かだが。それと、乾燥米が無くなりそうだ。このままでは食料に困る。
 弱酸ゾンビ、強酸ゾンビを相手にするうち、すぐにグロックの弾薬を使い果たしてしまった。ああいうのを相手にするときこそ、装甲車に引きつけて車載機関銃でバラバラにしてやるべきなのかもしれん。
 また、民家で手書きの地図を発見する。そこに記されていたのは、ここからそう遠くない位置にある生体兵器研究所の在り処だった…どういう人間が、どういう思いでこんな地図を書いたんだ?
 せっかくなので、街の近くにあるオフィスビルへ向かった。たいした物資がないのはわかっているが、あそこはゾンビの数こそ多いものの、そう大した連中がいるわけじゃない。まあ、ちょっとした腕試しというところだ。
 オフィスビルへ近づいたあたりで、すぐ南に病院があることに気がついた。病院はマズイ…ブーマーの胆汁はいまの装備でも防げるだろうが、厄介なのは強酸ゾンビだ。そろそろ医療品も補充しておきたい思いはあるが…
 引き返し、別の場所を捜索することにする。警察書の保管室のセキュリティを解除しようと試みたところ、失敗しマンハックを呼び寄せてしまった。どうにか破壊に成功する、それにしてもマンハックの攻撃を寄せつけないウィンターサバイバー装備は素晴らしいな。過信は禁物だが。

>アクティブ・リポート

 その後、路上に散らばっている軍人の死体からSCAR-Hを入手した。状態は悪いが…弾薬なら、先に発見したハンヴィーから軍用弾が100発拾える。これを探していたんだ、俺は!



>Day_17 家屋
 SCAR-Hで銃砲店の周囲を徘徊していたミ=ゴ二体を排除し、銃砲店へ侵入する。銃器が選りどりみどりだ!しかし、いまの服装ではそう多くの銃火器を持ち歩くことはできない。バックパックなぞ背負おうものなら、たちまち身動きが取れなくなってしまうだろう…
 めぼしいところではグロック19、モスバーグM500、そしてL523カービン、あたりだろうか。SCAR-Hも悪くないが、破損しているし、弾薬が嵩張る。その点、L523カービンは良い選択肢であるように思える。
 …まあいい、結論を急ぐ必要はあるまい。とりあえずはこの街のゾンビを掃討し、その拠点としてこの銃砲店を利用させてもらうとしようか。



>Day_18 家屋
 街のどこまでを捜索して、どこまでが捜索しきれていないのか、わからなくなってきている。無計画に徘徊していたせいだ。
 とりあえずは電子工学の本を読み終えることを優先させよう。



>Day_19 家屋
 今日、電子工学に関する本をようやく読み終えた。長かった…
 そして新たに、デザイナーの裁縫術という本を手に入れた。今の俺はサバイバー装備を作る技術も、補修する技術も持たない。これはきっと役に立つ。


>Day_20 家屋
 街の西側で放電凶獣を見かけた。注意しなくては…
 裁縫術の本を読み終えた。これでようやく自分でもサバイバー装備が作れる…材料なら消防署に幾らも転がっている。もちろん、冬のあいだは今のままでも構わないのだが。
 まずはサバイバーユーティリティベルトの製作だ。材料はすでに揃えてある…まずはサバイバーベルトを製作し、続いてサバイバーユーティリティベルトの製作に取りかかる。これで家具を解体したり、車輌からパーツを外すといった作業に不便を強いられることはなくなるわけだ。溶接機さえあれば、車輌の自作もできるのだが…
 俺が作業しているあいだ、消防署内ではアライグマがずっとうろうろしていた。



>Day_21 消防署
 朗報だ、L523カービンはサバイバーハーネスに入るぞ!元々がサードパーティ製のアクセサリが取り付け不可な銃器だ、面白味に欠けるのは確かだが、ジャイロスタビライザーやレーザーサイトが標準装備されているのは頼もしい。サブマシンガンのサイズにアサルトライフルの火力。いいねェ。
 サイドアームにグロック19を下げ、街の探索を再開しよう。とはいえ、まだ放電ゾンビをアウトレンジから殺せるだけの腕は持っていない。過信は禁物だ。アノCBMさえ手に入れば、雑魚も同然の存在になるんだが。
 とある民家でコンピュータに関する本と、科学の教科書を見つけ、それを読む。



>Day_22 家屋
 朝起きてビタミン剤を摂取し、先日発見した洗面キットを使って髭を剃る。爽快な朝だ。ついでにコーンミールを使ってコーンブレッドを作る。
 路上に放置されている装甲車のM249から弾薬を抜こうとしたところ、弾帯ではなくSTANAGタイプのドラムマガジンが装填されていた。だが、これは俺のL523には合わないッ!なんで規格を合わせなかったんだLeadworks LLC!
 せっかくなので銀行に侵入してみた…二軒連なっているうちの一軒だ。セキュリティを解除し金庫室に侵入、三つの金庫の解錠を試みる。うち二つはハズレだったが、もう一つに確率的透過のCBMが入っていた!これは壁の向こう側へ通り抜けることができる、CBMのなかでも特に有用なシロモノだ。
 コデイン二つを摂取して手術の準備にかかるが、俺の場合はそれでは足りなかったので駄目押しにオキシコドンを摂取し、CBM移植を試みる。失敗率38%とリスキーな手術だったが、見事に成功!しかし!いまの俺には、せっかく埋めたCBMを使うことができない!



>Day_23 家屋
 放電ゾンビと放電凶獣を始末する。無傷とはいかなかったが、思っていたより被害は少なく済んだ、さて…
 二軒目の銀行は入り口の屋根が崩れていた。いったい、なにがあったんだ…?
 例によって金庫室のセキュリティを破り、聴診器を使って金庫の錠を外す。かなり時間がかかったが…俺の目的は強力なCBMの確保だったが、今回見つかったのはRivtech社の設計書類だった。機密書類の類のようだが、いまのところ、俺には活用する術がない…それほど嵩張る代物でもないので、持ち歩いても良さそうか。
 しかしながら、前回のCBM移植に使った鎮痛剤が原因でアヘン中毒になってしまったようだ。禁断症状が現れはじめている…そのうちに治まれば良いが。



>Day_24 家屋
 街の北側にもう一軒、銃砲店があったので行こうとしたが、蜂が巣食っている民家を発見してしまった…近くに停車してあったハンヴィーを調べてみる。車載武器は40mm擲弾を発射するMk19、弾薬は25発セットされている。なにより、このハンヴィー…燃料は少ないが、動くぞ!
 すかさずドライバー席へ潜りこみ、蜂の巣に榴弾をぶち込むのに最適な位置で停める。ホイールは無事、制御装置も問題ない。エンジンは快調だ、懸念があるとすればオルタネータか。とりあえずバッテリーに充電するためエンジンはかけっぱなしにしておこう、燃料は少ないが、10L入りのジェリカンが積まれているので心配は無用だ。

>アクティブ・リポート

 何発か景気良くぶち込んだあと、ククリ片手に蜂の巣解体に乗り込む。どうやら蜂の大部分はゾンビとの戦いで消耗してしまったらしい。ううむ、残念だ。
 そんなことをしているうちに、アヘン中毒が深刻化してきた。深刻化ついでに放電ゾンビの奇襲を受けて痺れた。踏んだり蹴ったりだ。
 街中を探索するぶんには車は必要ないので、追跡装置だけ作動させておき、ハンヴィーは放置する。二軒目の銃砲店に行くが、これといって目を惹くものはない…9mmピストルを選ぶ場合、USPとグロック、どちらが良いんだろうかねぇ…?コンバットシューティングをやる人間なら、グロック以外を選ぶ理由がないと即答するだろうが。とりあえず、今回はグロック19と22の二挺下げで行くことに決めた。
 銃砲店を出て質屋へ向かったところ、大勢のサバイバーゾンビに囲まれた。かわいい…いや、そうじゃない。かつての同輩に銃口を向けるのは気が引けるが、このさい、情けをかけている余裕はない。後退しながらグロック22を撃ちまくり、ゾンビどもを撃退した。

>アクティブ・リポート

 質屋の入り口の鍵を開けようとしたところ失敗し、防犯ブザーを鳴らしてしまった。すぐさま監視ロボットが飛来し、俺の写真を撮影、警官ロボットを呼んでくる…が、こともあろうに警官ロボットは屋根が崩れた母屋の瓦礫のど真ん中を突っ切ろうとしてきたため、容易にライフルの餌食となった。なお、質屋にはロクなものがなかった。なんだよ、旧ドイツ軍のトゲつきヘルメットって…
 で、例の倒壊した母屋についてだが、ほとんど崩れてしまっているので断言はできないが、どうもここがサバイバーの拠点だったらしいのだな。窓が補強されているし、おそらくはそうだろう。
 近くの民家で偶然にもサバイバーの手引書を発見する。これは良い、Rivtech社の機密書類なんかよりもずっとタメになる。








>ステータス 
基本HP:93
総運搬重量:77.0
近接攻撃力:8.2
筋力:11
器用:11
知性:14
感覚:10

>スキル
打撃武器:10(3%)
電子工学:10(0%)
製作:6(58%)
裁縫:6(7%)
料理:6(0%)
近接戦闘:5(56%)
サバイバル:5(0%)
斬撃武器:4(4%)
射撃:4(1%)
ハンドガン:3(97%)
ライフル:3(55%)
応急手当:3(29%)
コンピュータ:3(1%)
取引:3(0%)
弓:3(0%)
話術:3(0%)
運転:3(0%)
回避:2(68%)
ランチャー:1(68%)
素手格闘:1(56%)
ショットガン:1(43%)
投擲:1(34%)
機械整備:0(66%)

>所持品
弾薬(5.56mm/NATO M855A1)(41)
聴診器
はんだごて(200)
キャッシュカード(180706)
ライター(64)
仕立て屋キット(400)
懐中電灯(オフ)(100)
携帯用食器セット(200)
洗面キット(9)
ヘアピン
アルミ缶/V8野菜ジュース(新鮮)(1)
オートミール(1)
ガラス瓶(3L)/綺麗な水(10)
豆(乾燥)(24)
アンビエン(15)
オキシコドン(7)
カルシウム剤(22)
コデイン(8)
ビタミン剤(グミ)(10)
マリファナ(ジョイント)(4)
包帯(2)
抗生物質(13)
総合ビタミン剤(24)
本(学習/サバイバーの手引き)
USBメモリ/ハックプロ
懐中時計
糸(330)
電池(302)

>装備
++サバイバーハーネス/ライフル(.223口径/L523-CAR)
++サバイバーユーティリティベルト/ククリ(フィット)
ウィンターサバイバースーツ(フィット)
ウィンターサバイバーフード(フィット)
消防士用PBAマスク(フィット)(88)
ウィンターサバイバーグローブ(フィット)
ウィンターサバイバーブーツ(フィット)
聖なる象徴

>CBM
蓄電装置
確率高速移動

>殺害数:453
アメーバ状の物体:1
サバイバーゾンビ:7
スケルトン:3
ゾンビ:123
ゾンビオオカミ:3
ゾンビ犬:3
ゾンビ警察犬:1
フェラル・ランナー:17
ブーマー:10
マンハック:4
ミ=ゴ:2
ロットーワイラー:3
兵士ゾンビ:9
冥暗ゾンビ:43
凶暴ゾンビ:3
科学防護ゾンビ:2
子供ゾンビ:43
巨大クロゴケグモ:20
巨大クロゴケグモ(幼体):3
巨大スズメバチ:3
弱酸ゾンビ:7
強酸ゾンビ:5
放電ゾンビ:3
放電凶獣:1
水泳ゾンビ:2
消防士ゾンビ:17
煙幕ゾンビ:3
爬行ゾンビ:10
痩身子供ゾンビ:1
痩身犬:8
監視ロボット:3
絶叫ゾンビ:12
肥満ゾンビ:22
腐敗ゾンビ:15
膨張ゾンビ:2
警官ゾンビ:8
警官ロボット:1
長腕ゾンビ:8
頑強ゾンビ:22







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。いやー、病院に近づいたら強制終了が多発してまいった。いったい、何がまずいんだろうかな。
 今回は銃砲店で武器をゲットできたこともあり、キルカウントがかなり増えてます。あとはやはり、完動品のハンヴィー(ゲーム内呼称は高機動多用途装輪車)を発見できたことは大きいですね。街を離れるとき(相当後になりそうだけど…)は心強いお供になってくれることでしょう。















2018/06/05 (Tue)17:52







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_01 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
ノーゲインのどこかに存在するという北斗神拳の秘伝書を求め
荒廃した都市を彷徨う…








>Day_01 森林
 森の中で女性のサバイバーに出会った。喘息持ちらしい彼女は呼吸器を持ってないか聞いてきたが、生憎、そんな物の手持ちはない。女性と親睦を深めようとしたそのとき、周囲に大量のゾンビの気配を察知した。ただのゾンビなら捌ける自身はある、しかし遠目に見えるのは放電ゾンビ、強酸ゾンビ、凶暴ゾンビ…いまの装備で勝てる相手ではない。
 俺は女性を置いて一目散に逃げ出した。女を見捨てて逃げる、などというのは決して外聞の良い行為ではない。俺だって、できるなら女性を守って戦いたかった。だが、俺にそんな力はない。
 森を抜けたあたりで、三匹のゾンビオオカミと一体の凶暴ゾンビがしつこく俺の追跡を続けていた。俺は鞘からククリを抜き、それらを処理する。凶暴ゾンビの強烈な一撃を一回喰らってしまったが、幸い深刻な傷を負うこともなく、衣服が破損することもなかった。まずは一安心だ。だが、俺のかわりに大量のゾンビを惹きつけることとなったあの女性サバイバーは、きっと命を落としたことだろう。
 そのまま西へ向かうと街が見えた。おそらくはそこにも大勢のゾンビがいることだろう、だが食料も尽きているし、もっと良い装備が欲しい。なにより、今着ている冬用のサバイバー装備は暑すぎる…
 何体かのゾンビを相手にしながら、民家で見つけた包帯で傷を覆い、ついでに、催眠作用のある咳止めシロップを舐めてベッドに潜り込んだ。すでに日は暮れている、夜になったらやることがない。光源を見つけねば…



>Day_02 家屋
 ゾンビの目を盗みながら民家の捜索を続ける。この日は裁縫道具とはんだごて、懐中電灯を発見できた。これらは生存に必要な必需品と言っていい。
 食料は多めに見つかりそうだし、携帯用調理器具を使ってトイレの水を煮沸すれば飲み水にも困らないので、しばらくはこの街で本でも読みながらゆっくりしていようと思う。



>Day_03 家屋
 街中に停まっていたHMMWVが目についた。見たところ機能に支障はないようだが、残念ながら燃料タンクがすべてやられているようだ。車載のM60は完全に生きているようで、100発の弾丸が装填されている。だが、これをただゾンビ相手にバラ撒くのは惜しい…
 民家の棚からヘアピンを見つけた。これを使えば施錠された鍵を開けることができる、上手くやれれば、だが…頑丈なシャッターの下りた銃砲店へ向かったが、ミ=ゴが二体も徘徊していたので逃げてきた。
 道場では柔道に関する指南書を発見した。非常に興味深いのは確かだが、俺が求めているのは柔道ではない。北斗神拳だ。
 運転と取引に関する本を読み、寝る。



>Day_04 家屋
 とある民家の地下で巨大クロゴケグモが巣を作っていたので、掃除することにした。
 この無闇に暑い冬用サバイバー装備の利点は、並大抵の攻撃を通さないということだ。ククリでクモを切りつけ、巣を払っていく。クモの巣には何らかの珍しいアイテムが隠れていることが多い、今回はハッキング用プログラムの入ったUSBメモリを発見した。これは後々役に立つだろう。
 さらには、これで食料には困らなくなったわけだ…当分は。クモの肉や卵は想像するだに食欲を無くすシロモノだが、栄養価は高い。こういう極限状況下で文句は言っていられない。もちろん、上手く調理する方法がないではない。ただ、いまはその方法も材料もない。



>Day_05 家屋
 せっかく見つけたヘアピンを早々に壊してしまった。どうやら俺に盗賊は向いてないらしい。というわけで、民家への侵入は相変わらず窓を叩き壊して行うことになる。
 とある民家で文明復興シリーズの本を入手した。これはかなり有用な本だ。今回発見したのは打撃武器に関する本。うむ…あまり、俺の趣味に合う戦闘法ではないが。
 それとビタミン剤、カルシウム剤を入手した。適切に栄養を確保するのが難しい状況で、これらの存在は非常にありがたい。



>Day_06 家屋
 乾燥米を二袋見つけた。これだけで何日かは食うに困ることはない。
 俺の近くで強酸ゾンビがうろついているようだ。クロスボウと矢筒は行動の邪魔になるので早々に捨ててしまったし、いずれにせよ、銃がなければ相手にしたくない存在だ。
 俺の存在に気づかなければ良いが。



>Day_07 家屋
 打撃武器に関する本を読み進める。
 外は嵐だ。



>Day_08 家屋
 トイレの水が尽きた。場所を移動しなくては…ここはトイレの中に日が入る設計だったので、なにかと便利だったのだが。
 移動の途中、郵便屋の死体を見つけた。原型を留めていないが、下着から察するに、女だ…
 その先にある民家で、文明復興シリーズの電子工学に関する本を手に入れた。読むならこっちが先か?何にせよ嵩張る本なので、あまり大量に持ち歩くわけにもいかない。
 とりあえず、途中まで読み進めていた打撃武器の本を先に読み終えることに決めた。夜になり、いつものように咳止めシロップを舐めて寝る。宙を飛んで目が覚める…凶暴ゾンビが俺のベッドに同衾していた。ひょっとしたら、もともとはこの家の住民だったのかもしれない。だとすれば、不法侵入で罰せられるべきは俺のほうだ。
 くだらないことを言っている場合ではない。
 ククリを抜いて応戦する、いつぞやのような苦戦はなく、あっさりと倒すことができた。どうも、日中は高体温による疲弊がかなり行動に支障を及ぼしているらしい、このまま季節が進んで冬になれば、もうちょっとマトモに立ち回れるようになるだろうか。
 そんなことを考えながら、寝なおした。

>アクティブ・リポート



>Day_09 家屋
 目覚めとともにビタミン剤とカルシウム剤をかじり、乾燥野菜を水で戻して食べ、トイレの水を煮沸してガラス瓶に入れる。家の中にアライグマと七面鳥が侵入していた…敵意はないようだ。放っておこう。それに、彼らを殺して食べるほど食料に困ってるわけじゃない。
 今日もずっと本を読んで過ごそうかと思ったが、その前にまたすこし周囲を捜索しておこうと思った。窓の破られた寝室で寝るわけにもいかない。
 トランジスタに関する本を読んだので、先にそちらを読み進めることにする。冷蔵庫に入っていた、まだ新鮮なカボチャを齧りつつ。



>Day_10 家屋
 ブランケットにくるまって眠っていた…と思っていたが、俺がブランケットだと思っていたのは部屋着だった。まあいい。
 携帯用食器セットを使ってマッシュパンプキンを作った。なんで昨日のうちにこれを思いつかなかったんだろう。俺はアホなのか。…たぶん、そうだ。否定する材料がない。
 今日中にトランジスタに関する本を読み終える。



>Day_11 家屋
 棚にあったオートミールを食いつつ、打撃武器に関する本を読む。外はずっと雨だ。



>Day_12 家屋
 トイレの水がなくなったので場所を移る。このあたりはゾンビがいないようだ…あるいは、ゾンビの目が届きにくい場所なのか。
 移動した民家の地下にマリファナが生えていた。自生…ではなかろう。ガンジャをやりながら本を読むことにした。



>Day_13 家屋
 ようやく打撃武器に関する本を読み終え、せっかくなのでこの本の紙で手巻き煙草用の巻紙を作り、ジョイントを五つほどこさえる。さて、電子工学に関する本を回収に向かおう。嵩張るんで、以前入った民家に置いてきてしまったのだ。
 周囲は動物の姿が多く、ゾンビの影はあまり見えない。もっと多かったと思っていたが。居なくなってしまったのか、たまたま近くに居ないだけか。
 懐中時計を見つけ、ようやく時間を計る術ができた。こんな状況で正確な時間を知る理由がそう幾らもあるわけではないが、今後の予定を立てるうえでの指針にはなる。
 コンピュータに関する初歩的な本、そして電子工学の本を読み、寝る。



>Day_14 家屋
 探索に訪れた民家で腐敗した食料を発見することが多くなった。それと、街の周辺にアライグマの死体が幾つか転がっている…ゾンビにやられたのだろうか。
 内燃機関に関する本を発見したが、俺の頭ではついていけそうにない。おそらくは貴重な資料に違いないのだが、持ち歩くほどではあるまい…他の重要な生活物資を捨ててまで、という意味だが。
 北西のあたりから爆発音が聞こえた。おそらく、地雷原が近くにあるのだろう。
 ハンドガンと電子工学に関する本を読み、寝る。
 冬の訪れだ…







>ステータス 
基本HP:93
総運搬重量:77.0
近接攻撃力:8.2
筋力:11
器用:10
知性:12
感覚:9

>スキル
打撃武器:10(0%)
近接戦闘:5(29%)
製作:5(1%)
サバイバル:5(0%)
電子工学:5(0%)
料理:4(0%)
裁縫:4(0%)
斬撃武器:3(10%)
ハンドガン:3(0%)
ライフル:3(0%)
取引:3(0%)
話術:3(0%)
運転:3(0%)
回避:2(5%)
応急手当:2(2%)
素手格闘:1(51%)
投擲:1(3%)
コンピュータ:1(0%)
機械整備:0(14%)
射撃:0(3%)

>所持品
タオル
はんだごて(200)
キャッシュカード(10357)
ライター(75)
万能ツール
仕立て屋キット(400)
懐中電灯(オフ)(100)
携帯用食器セット(200)
ヘアピン
ガラス瓶(3L)/綺麗な水(5)
米(乾燥)(8)
アンビエン(10)
カルシウム剤(29)
マリファナ(ジョイント)(5)
抗生物質(13)
救急箱(2)
総合ビタミン剤(32)
本(学習/文明復興:電子工学)
USBメモリ/ハックプロ
懐中時計
ダクトテープ(200)
糸(150)
電池(437)

>装備
ククリ
サバイバーハーネス
ウィンターサバイバースーツ(フィット)
ウィンターサバイバーフード(フィット)
ウィンターサバイバーグローブ(フィット)
鞘(小型)(左)
ウィンターサバイバーブーツ(フィット)

>殺害数:103
スケルトン:1
ゾンビ:16
ゾンビオオカミ:3
ゾンビ犬:1
フェラル・ランナー:3
ブーマー:2
ロットーワイラー:1
兵士ゾンビ:2
冥暗ゾンビ:23
凶暴ゾンビ:2
子供ゾンビ:3
巨大クロゴケグモ:20
巨大クロゴケグモ(幼体):3
消防士ゾンビ:3
痩身犬:2
絶叫ゾンビ:5
肥満ゾンビ:3
腐敗ゾンビ:2
頑強ゾンビ:8







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。今回はデフォルト設定である一季節14日なので、あっという間に季節が変わりました。こいつ本しか読んでねぇなって感じなんですが、スキル値連動でステータスが成長するMODを入れてると、読書でスキル上げがそれはもう重要な行動になっているのであります。チキンであります。典型的マンチキンであります。
 それでなくとも、今回はかなり慎重に進めてますね。勝てない敵とは戦わない、それがサバイバーの流儀ィィッ!!
 とりあえず秋の間は初期装備のウィンターサバイバー装備がかなり行動を制約してたので、これからが本領発揮かなというか、なまじ性能が高いせいでなかなか脱ぐこともできなかったり。まあ、すぐにウィンターシーズン到来するのが予測できてたせいもありますが。
 睡眠中に凶暴ゾンビにぶっとばされるのは実にCataclysmらしいアクシデントで微笑ましいですよね。
 というかあの、サバイバー装備が頑丈なせいで、強力な攻撃を受けると下着だけがバリバリ破れていくんですよ。上着は無事なのに。どんなマジックだ。













2018/06/02 (Sat)17:01







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:プロローグ 】

 







>レギュレーション
バージョン:0.C-7036

>世界設定
街の大きさ:4
街の間隔:4
モンスター出現率:1.00
アイテム出現率:1.00
NPC出現率:0.10
モンスター進化日数:4.00
モンスター速度:100%
モンスター防御力:100%
開始時刻:8
開始季節:春
季節の長さ:14
建設速度倍率:100
季節固定:False
放浪スポーン:False
クラシックモード:False
ゾンビ包囲スタート:False
固定NPC:True
ランダムNPC:False
放射線で変異:True
実験/Z軸拡張:False
上下階段の一致:False
ポイント割り振り:全て

>デバッグオプション
初期視界範囲:15
初期ポイント/能力値:6
初期ポイント/特質:0
初期ポイント/スキル:2
特質ポイント最大値:12
スキル/成長速度:1.00
スキル/劣化:無効
実験/3D視界:False
実験/パス名変換:True

>MODリスト
Dark Days Ahead
追加 - Cataclysm++
削除 - 真菌人
削除 - ゾンビの復活
変更 - スキルと連動した能力成長
変更 - 討伐数によるステータス成長
Hokuto

>ポイント
ポイント共有

>シナリオ
荒野へ
(職業限定/開始地点:森林-ゾンビの傍/季節:秋)







>アクター・プロファイル
名前:ノーマン・パトリック
性別:男
職業:熟練の生存者

>ステータス
基本HP:87
総重量運搬:66.2
近接攻撃力:6.8

>特質
サバイバー格闘術
丈夫な足腰
乳製品嫌い
低速治癒
俊敏
器用
整理上手
潔癖症
軽足
難聴

>スキル
サバイバル:5(0%)
製作:5(0%)
近接格闘:5(0%)
料理:4(0%)
裁縫:4(0%)
ライフル:3(0%)

>所持品
携帯用食器セット(100)

>着用装備
靴下(フィット)
ボクサーパンツ(フィット)
ウィンターサバイバルスーツ(フィット)
ウィンターサバイバルグローブ(フィット)
鞘(小型)/ククリ(左)
サバイバーハーネス
ウィンターサバイバルフード(フィット)
クロスボウ+(1)
矢筒(大型)/ボルト(木)(29)

ワールドネーム:ノーゲイン







>イントロダクション
 世界が崩壊してから、いったいどれだけの時間が経ったことだろう。大勢の人間が死に、そして“死に損なった”この世界で、俺はどうにか生き残っている。
 今ではそれなりの装備を身につけている。それなりの戦闘技術も身につけている。生きるために必要だったことだ。だが、俺は何のために生きるのだ?いつか救助の手が差し伸べられ、昔のような人間世界で生きる希望、その可能性に賭けるのか?それとも…
 そんなことより、俺は旅の途中である情報を入手した。この街のどこかに、遥か東方の島国に伝わる伝説の暗殺拳の秘伝書が存在するという。いかにもな世迷言だが、妙に関心を惹かれる話ではある。もし実在するならば、是非、お目にかかりたいものだ…



>アクティブ・リポート



>現在地点






>End_log








 どうも、グレアムです。
 一向に完結したことのないCataclysm: DDAリプレイシリーズ、だって死ぬ前に飽きてしまうんだもの…今回はデフォルトに近い設定でのプレイです、といってもゾンビ復活禁止やステータス成長系MOD等、かなりプレイヤー優遇の設定ではあるんですが。
 オプションでの季節設定は春ですが、シナリオ(++で追加されたもの)の影響で実際は秋です。また能力値はゲーム開始直後のもので、スキル値による変動は1ターン経過後に発生するので、実際はもう少し上がります。
 格闘は、最近は五毒拳の蝎子功がお気に入りなんですが、今回はあえてサバイバー格闘術というのを取得してみました。強いんだろうか、これ。














1  2  3  4  5  6 
忍者ブログ [PR]