忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2016/02/26 (Fri)20:48






エッジが光るヤシの葉と山々。電子色の世界







 どうも、グレアムです。
 前回わりとキツめの評価を下したOutDriveですが、じつは今でもプレイしてます。といっても評価そのものを変えるつもりはまったくないんですが。
 じつはあのレビュー書いた直後に8MB近くのPatchが当たりまして(製品ページのニュース欄にまったく記載がないので、具体的なフィックス内容はわかりませんが)、減速してからゲームオーバーになるまでの猶予が長くなり、ジャンプ台使用後の着地で大幅減速する現象が直ったようです。
 初期版ではゲームスタート直後に少しでも操作にモタつくと女が死ぬくらいハードな設定だったのですが、現在では一転、クラッシュしようともリカバリによほどまごつかない限りゲームオーバーにならないくらいヌルくなりました。ちょっと調整が極端じゃねえのか。
 個人的には死にゲー上等でいいので(ましてやループゲーだし)、BGMのテンポがスルーになるタイミングをもう少し遅くして欲しいんですが。BGMを聴くのがメインのゲームで(公式でmusic runnerという新ジャンルを提唱してるくらいだし)、曲を聴く余裕がなくなるような忙しい操作を要求するのはどっか間違ってる気がする。ボニー&クライドばりに出口のない逃避行を続けるという刹那的なテーマは嫌いじゃないんだけどね。

 とりあえずその後プレイしたら、前回は18分が限度だったのに今回は1時間余裕で走り続けることができました。さすがにもう充分だと思ったので適当なところでゲームオーバーになりましたけども。
 こんなゲームをトレカ排出後もプレイを続けるという酔狂な真似をしたところで改めて思ったが、どうやら俺はこのゲームがけっこう気に入ってしまったらしい。高評価はしないけどな。
 再プレイのもっとも大きな動機はゲーム内コンフィグやマウス操作の実装を期待してのものだったのだが、残念ながらそうした部分にはノータッチ。まあ発売されたばかりだし、今後に期待しましょう。

 ちなみに操作はArrow Keyにハンドル操作(デフォルトではWASD)を割り振るとかなりプレイがやりやすくなります。ただしデフォルトでArrow Keyにバインドされているカメラ操作を他に割り振らないと、ハンドル操作とカメラ操作が同時に行われて大変なことになります(キーが重複するのです)。




高架上、流れる街灯に目を奪われながらの走行




武装ヘリの機銃とミサイルによる猛追を潜り抜けろ!




生存一時間を越えて。幾度通ったか知れない摩天楼を望む















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
707  706  705  704  703  702  701  700  699  698  697 
忍者ブログ [PR]