忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2014/08/30 (Sat)15:06



 先日いろいろ試行錯誤した末にDreamwebのCD-ROM版をDOS-Boxで動かす方法がわかったので報告までに(注:製品版ではなくScumm VMにて公開されているフリーウェア版を前提にしています)。
 フロッピーディスク版は解凍フォルダ内のDreamweb.exeをDOS-Boxのショートカットに放り込むだけで普通に起動するのだが、CD-ROM版では起動するものの画面が暗いまま一向に進まずプレイすることができない。

 そこでまず、解凍フォルダ(Scumm VMでダウンロードしたCD-ROM版のzipファイルを解凍したもの。UK版ならdreamweb-cd-uk-1.1)を丸ごとDOS-Boxのショートカットに放り込む。すると解凍フォルダがCドライブとして認識される(コマンドラインの表記がデフォルトの「Z:\>」から「C:\>」に変わっているはず)ので、ここでInstallとタイプ。Install.exeが起動するので、画面の指示に従って先へ進める。
 デフォルトではCドライブ直下にDreamwebフォルダが生成されるようになっているが、作業中は解凍フォルダがCドライブとして認識されているので、実質解凍フォルダ内にDreamwebという名前のフォルダが新たに作成されているはず。
 インストールが終了するとコマンドラインの表記が「C:\DREAMWEB>」となっているはずなので、ここでDreamwebとタイプ。Dreamwebフォルダ内のDreamweb.exeが起動し、ゲームがプレイできるようになる。

 二回目以降の起動では、同じく解凍フォルダをDOS-Boxのショートカットに放り込んだあとでcd dreamwebとタイプ。解凍フォルダがCDドライブにマウントされた状態になり、コマンドラインの表記が「C:\DREAMWEB>」となっているので、ここでdreamwebとタイプ。正常にゲームが起動できる。

 CD-ROM版は会話シーンに音声がついている以外はフロッピーディスク版と大差はないようだ。いちおう最後までプレイしたが、ゲーム部分に変更点はない(音楽ほかサウンド関連の音質が向上しているらしいという話もあるが未確認)。
 イメージしていたより主人公Ryanの声が若く、繊細というか神経質っぽい若者の喋りだったのは意外だった。最初は慣れなかったが、これはこれでアリだと思う。演技は全体的に安定しており、声のトーンから会話のニュアンスが汲み取りやすいのはマル。
 ただし冒頭のシーケンスやラストのBeckettの会話シーンなどで字幕が表示されなくなっているのはネイティヴでない者には辛い。あと、一部の説明文がRyanの独白調で語られるのが若干しつこいと感じる向きもあるかもしれない。

 ちなみに最初US版をプレイしていたのだが、なんとDavid Craneの暗殺シーンで規制がかかっていた(ブロンドとのファックシーンでチ○コ丸出しだったのが黒いビキニパンツ着用になっていた)。
 別に、だからどうってことはないのだが(ブロンドの乳は丸出しのままだし)、気になる人はUK版をダウンロードすることをお奨めする。






PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
499  498  497  496  495  494  493  492  491  490  489 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]