忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2013/01/12 (Sat)13:23
 543NE…クレイド・マクドゥーガルは、はじめて「怒り」の感情をおぼえた。
 最愛の父が、事故に偽装した巧妙な手口で殺された。まだ外界の空気に触れて4年しか経っていないクレイドは、ほとんど奇跡と言っても良い頭の回転の早さで同じ手口を使い、父を殺した犯人を抹殺した。
 
 562NE…クレイド・マクドゥーガルは、はじめて「憎悪」の感情をおぼえた。
 いままで自分こそが舞台の主役だと思っていたのに、土壇場で「そうではない」ことを思い知らされたのだ。世界を救うために死地へと赴く英雄たちを、クレイドは「てめぇら、ふざけんなよ」と罵った。
 
 585NE…クレイド・マクドゥーガルは、はじめて「絶望」の感情をおぼえた。
 かけがえのない仲間が致命傷を負った。自身も死にかけながら、クレイドは持ち得るすべてを投げうって仲間を救おうとした。結果として仲間は助かったが、その肉体はもう人間のものではなかった。

(略)

 だが、もし。
 もしも。
 もしも、デイビスとイリアが死んでいたら?
 病院に搬送されたときには、すでに手遅れだったとしたら。クレイドの行動が、すこしでも遅れていたら。デイビスとイリアが、過酷な手術に耐え切れなかったら。
 これから始まるのは、そんな<もしも>の物語だ。
 そしてそれは、正史とは異なる平行世界において、実際に起きた出来事なのだ。




  **  **  **


 どーも、グレアムです。
 現在、勇者屋本舗(青年版)におけるマルチヴァースでの出来事を描いた小説「ダーケスト・エルス」を執筆中です。
 ん~、マルチヴァースとパラレルワールドって、ニュアンス的には別モノになるんだろーか?などと考えつつ、これ書く前に本編である元祖勇者屋本舗をHPに掲載すべきなんじゃないかという。校正が全然進んでない…
 HPに載せるときは、完成原稿にて削除したパートもオマケ的に掲載する予定です。プロローグと第一話の別視点からの話、ザコ的との戦闘、没になった戦闘シーン、牢獄を脱出した姫様の脱出行の模様、など。
 あとTextフォルダを漁ってたらけっこう未掲載の短編とかが出てきたんで、折を見てそれらも公開しておこうかなー、とか。
 べつに完成度が高いわけでもないのだが。いまさら恥も外聞もないぜ。といっても、もっと文章が見易いフォーマットにHPを改造しなおすべきなんじゃないか、などと考えもするのだが…


 
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]