忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2011/05/28 (Sat)00:32

 なんていうか、「ひさしぶりにつまんねーもん観たなー」って感じです。ほんとうはそういうの、感想すら書かないんですけどね。たまたまセブンさんもレンタル屋で借りたらしく、ちょっと感想を共有しようってこの。私は地上波で観たんですが…なんていうかセブンさん、災難だったなあ。

 そんなわけで、今回の感想はかなり投げやりです。まあ観た人向けってことで一つ。

 とりあえず序盤から「わけのわからんもんには銃弾ぶち込んどけ」ってアメリカ魂が炸裂するわけですが、さすがに敵意のない宇宙人にいきなり攻撃するほどアメリカ政府は馬鹿ではないんじゃ…軍部の独断暴走って脳内補間しても無理があるし。ていうか宇宙人の扱いがテロリストとか凶悪犯とかとそんなに変わらないんですけど!?

 キアヌの取り調べなんかにしても、人間を相手にしてんのと対応が変わらないですし。あのー相手は宇宙人なんですけどわかってる?ホントに?ていうか宇宙人ダイスキのアメリカ人があんなずさんな調査しかしないわけないじゃん!もっとこう、専門家やら機密組織の連中やらが入れ代わり立ち代わりあんなことやこんなことを隅から隅まで…こう…エロ同人みたいにですね!

 ああいま思いついた、地球に漂着してきた宇宙人の女の子がマジェスティック12のエロいオッサンどもにあんな実験やこんな実験をされるエロ同人のアップロードキボンヌ。

 なんかノイズ入ったけどそれはともかく、キアヌ演じる宇宙人も最初は「人間とはまったく別種の生命体」っていう雰囲気が出ていたものの(そのくせ周囲の対応が妙に官僚的なんで、余計に異様に見えるわけですが)、それがあんまり活かされてないっていうか中盤以降からキャラクター像が相当ブレてるというか。

 そもそもこの作品、登場人物が勝手なやつばっかりですよね。それこそ利根川さんがブチ切れるくらいの。どいつもこいつも一回ギャンブル船エスポワールにぶち込んで根性叩き直してもらったほうがいいんじゃないか。特にあのガキ(もう名前忘れた)。宇宙人はテメーら地球人の決断なんかいちいち待ってくれないんだよ?

 ていうか、あのおガキ様にとって軍人って父親同然、父=軍なわけですよね?もう脳内が「悪い宇宙人を父たる軍がやっつけてくれる」って図式がパーフェクト完璧に成り立っているのに、目の前で軍のヘリ2機墜とされた直後に川に落ちそうになったの助けてもらったくらいで心を許すってどういう神経構造してんだ。子供は気まぐれってレベルじゃねーぞ。

 あと「いい集合場所があるんだ!」とか騙して父親の墓にキアヌ連れていった挙句「パパを生き返らせてYO!」とか抜かしやがるんですが、オマエさんざん「パパだったら宇宙人をやっつけてくれる、パパだったら絶対そうする!」って言ってたろ本人にも聞こえてたろ。そんな危険なの助けるわけねーだろ例え可能だったとしても。

 キアヌ演じる宇宙人の能力も、スゴイんだかスゴくないんだか最後までイマイチよくわからないままでしたよね。つーかあのアレですよ、最後「人間は窮地に立たされたときに変われる…いまその言葉の意味がわかった」って言ってましたけど、おまえあの場面でどうしてそういう結論に至った?ていうかまだ地球人なにもしてねーだろおい。

 ラストにしても、あのままだときっと人類変わらないままですよね。窮地に立たされたときはじめて変わろうとするわけで、窮地から救われちゃったらもう平常運転ですよね。「いまそこにある危機」じゃないと。むしろいま日本なんかすげー危機的状況だけど政治家なんも変わってないし。あのままじゃ100年経ってもきっと人類変わってねーぞ。もしかして宇宙人、100年くらい前にも同じようなことやってんじゃないだろーな。

 とりあえずツッコミどころが多いどころの話じゃない、全編総ツッコミどころでもうなにがなにやら。たぶん友達と酒飲みながらツッコミ入れまくるのが正しい視聴の仕方なんだろうと思ったり。

 つうかアレですよね、アメリカって年に1回は人類がピンチになる映画作ってますよね?自然災害とか、それこそ宇宙人襲来とか。ひょっとしてアメリカ人にとって、このテの映画ってのは「人類がピンチになる」って要素が一番重要なんであって、その他はどうでもいいと思ってるんじゃあるまいか。

 最後に…見所のない映画って、観ててツライな(笑)今回は家族と一緒に観てたんですが、これ1人だったら最後まで耐えられんかったかも。映像的にもなー。アクション的にオイシイ部分もないし。軍が活躍するわけではなく、宇宙人がスーパーパワーで無双するわけでもなく。地球のために人類を滅ぼそうとする宇宙人より、マトリックスのネオのほうがよっぽど凄く見えるってのはなあ。まあ、比べるもんでもないけど。

PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
グレアムさんも観ちゃいましたか、地球が静止するなんちゃら

まぁクソつまんないってわけでも......いやダメだったかな.........
とにかくキャラの設定が全くいかされてなかったですよねー
特に子供WWWWWWWW
要するに死んだ夫の前の奥さんとの間にできた子供...だったと思いますが
その奥さんも死んでいて
科学者のねーちゃんと再婚した軍人の夫も死んで
ねーちゃんと子供には血の繋がりが完全に無いわけですが
それが全くいかされてなかった!!!!!

つか.....ねーちゃんと夫の間にできた子供で良いじゃないかよと!!!!!

血の繋がりが無い的な二人の確執なりも描かれ方が超微妙だったのでね.....
そんでアメリカ政府の対応も微妙でしたねぇ
国防長官?のオバチャン
........彼女を通して視聴者に何を伝えたかったのか........モヤモヤしちゃうよ

つかいっその事地球人滅ぼした方がまだ終わり方としては納得したはず

まぁ始めから終わりまで微妙でしたね本当
キアヌじゃなかったらもう大変な事になっていただろうな(笑)


それからそれから
グレアムさん描いたぜ!!!
見てくれると嬉しいぜ!!!!
子供の家庭環境が無駄に複雑だったんだ@セブン(笑) 2011/05/28(Sat)18:25 編集
無題
う~んあれはね…いわゆる「家族愛」ってのを描きたかったんだろうけど、そもそも複雑な環境を用意しなけりゃ、そういったものが描けないってのがどうも。
そのうえ上手く描けてないときたら、そりゃあもう、どうしようもない(笑)

あのガキんちょも、あれだと家庭環境のせいっていうより元からダメ人間だったんじゃないかという懸念が。
私の中では、あの子供は統合失調症でFA。

あの大統領代理なオバチャンも、わりとやってること2転3転しててどっちつかずなところが。日本の国会議員みたい。
ていうか大統領なにしてたの?宇宙人襲来で未曾有の危機ってときに。他にもっと重要な案件があったんだろーか。

まさに、キアヌじゃなきゃどうしようもなかった(笑)この映画、無名のキャスト使ってたらどういう評価になってたんだろう。



そうそう、イラスト見ました!これから感想描きにセブンさんとこに突撃しに行くぜ!
グレアム@ごった煮 2011/05/29(Sun)16:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  26 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]