忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2017/06/02 (Fri)01:32





 どうも、グレアムです。相変わらず7.62 High Calibreをプレイしています。
 今回は各都市の酒場に滞在する傭兵をざっと紹介していきたいと思います。主な特徴や雇用費のほか、各キャラクターのバイオグラフィーを簡単に訳してみました。










 まずは安全エリア南西の都市Campecinoに滞在する傭兵Beaverから。
 本名Steve Copps。カナダのサスカチュワン出身で、RCMP(王立カナダ騎馬警察)の対テロ部隊SERTの隊員だった過去を持ちます。SERTが解体された後は警察を辞めてカナダ軍に入隊し、JTF-2(統合タスクフォース2)に配属されるも、さらなる刺激と金を求めて傭兵になったようです。
 能力はShooting、Heavy Weapons、Meleeが高く、Doctorも高いです。薬莢風呂に浸かった典型的な脳筋傭兵タイプで、前線で活躍を期待できます。ただしSnipingとCamouflageは低いので隠密行動には向かず、狙撃ライフルを持たせても能力を発揮できないでしょう。
 初期装備はブローニングHPですが、Snapshotはそれほど高くないのでサブマシンガンかライフルを持たせてあげたいところです。
 雇用費は(一日/$1848、一週間/$6159、一ヶ月/$18476)の契約となります。











 次はゲーム開始地点である安全エリア南東部の都市Puerto Viejoに滞在する傭兵Caesarです。
 本名Guido Cassionoはイタリアのワイン農家出身で、医療学校を首席で卒業し国際赤十字のメンバーとなったのちユーゴスラビア、アフガニスタン、ソマリアなどの危険地帯を渡り歩きます。しかし報われない職務と安い労働賃金、また活動を支援してくれていた両親との不仲などが重なり、彼は自らの能力を発揮するためのやや極端な選択として傭兵の道を歩みます。
 能力は全体的に低いお坊ちゃん仕様で、バイオグラフィー通りにDoctorが高いもののBeaverと大差ないというトホホな性能になっています。初期装備はベレッタM92FS。
 雇用費は(一日/$1967、一週間/$6556、一ヶ月/$19668)の契約となります。おまえ、この能力でBeaverより高いとか、ちょっと有り得ぬだろ。










 お次は安全エリアを北へ抜けた少し先にある都市Olvegaの傭兵Sonarです。服装がおかしいのはリテクスチャの影響です悪しからず。
 本名Soki Satoは日本出身で、剣術の達人を父に持ちます。幼少の頃に父からマーシャルアーツの手ほどきを受けていましたが、九歳のときに滞在していたバンコクで父が殺され、同時に誘拐された彼女は奴隷として売られてしまいます。そこから現在に至るまでの経緯は不明ですが、現在彼女は内向的ながらも優秀な兵士・傭兵Sonarとして知られる存在となっています。
 えらい設定やな…ちなみに彼女は傭兵のなかで唯一Ippolit Bashirovと面識があり、バンコクの喫茶店で働いていたときに見かけたと言います(Cafeと言う前後に躊躇があったこと、Bashirovを変態を評したのち「Kuso!」と罵ったことから、恐らく売春宿で働いていたときに客として出会ったのではないかと思われます)。
 能力はおしなべて平均的ですが特筆すべきは初期装備で、なんとレアなPSS消音拳銃を所持しています。6発装填の予備弾倉2つと弾薬60発も所持しており、これらを入手するために契約してもいいかもしれません。
 雇用費は(一日/$2731、一週間/$9101、一ヶ月/$27303)の契約となります。装備が良いせいか、ちょっと高いですね。










 次は安全エリア北西の都市Artrigoの傭兵Warlockです。
 本名Wilfred Gallantはカナダ出身で、先祖代々ロブスター漁師だった家系にあって、その伝統を断ち切った男です。なんだよそれ…彼は港でボートの修理工として優れた手腕を発揮していましたが、その後カナダ軍に入隊しBeaverと同じくJTF-2に配属されます。彼は狙撃兵としてコソボやアフガニスタンを転戦したのち、さらなる刺激と冒険を求めて傭兵となります。
 能力はSnipingが高いですが、Intellectが低いためあまり前面には立たせないほうがいいでしょう。初期装備はサプレッサー装着済のUSPタクティカル(.45ACP)で、これも序盤ではかなりレアな火器なので、装備目当てに雇用しても良いかもしれません。
 雇用費は(一日/$634、一週間/$2114、一ヶ月/$6340)の契約となります。非常に良心的ですね。










 次は安全エリア北東部の都市Santa-Mariaの傭兵Scalpelです。
 本名Jean Cousteauはフランスのリヨン出身です。彼は不幸な幼少期を経て医療学校の生徒となり、熱心な政治活動家として現体制の批判を続けた末にアルゼンチンの反政府勢力へ協力することになります。その後は南米やアフリカの危険地帯で医療活動に従事し、最終的には自ら前線で戦うために武器を取り傭兵となります。「もう君には任せておけん、私が出撃する!君はもう帰れ!」を地で行った革命おじいちゃん。
 能力はDoctorが高いほか、ThrowingとMeleeが異様に高いというヘンな性能をしています。初期装備はグロック17。
 雇用費は(一日/$1394、一週間/$4645、一ヶ月/$13934)の契約となります。そこそこ強力なユニットの割に良心価格ではないでしょうか。





 とりあえずはこんなところでしょうか。
 いちおうシナリオをある程度進めるとSagradaのハロワ前にGunnerという傭兵が登場するのですが、仲間にしてもUNIT一覧に名前がなく性能を確認できない(&会話できない)うえ通常時と仲間にしたときのメッセージとPOPULATIONリストで全部ポートレート画像が違う(明らかに別人)というバグくさい挙動の持ち主のため紹介は断念します。




おまえは何者なんじゃい…



 Accuracy95、Sniper60、Heavy Weapons67と戦闘能力はずば抜けて高いのだが…
 ちなみに雇用費も(一日/$10614、一週間/$35380、一ヶ月/$106140)とずば抜けて高い。










 





PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
873  872  871  870  869  868  867  866  865  864  863 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]