忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/05/30 (Wed)18:09





なんという強さッ!



 どうも、グレアムです。このところCataclysm: DDAに、ウワサの大型拡張MODである++を導入してプレイしております。使用バージョンは++の最終更新日に近いバックアップである0.C-7153をチョイス。安定してるかどうかは知らない。
 内容はアイテムと敵の追加、ロケーションの変更&追加といったところで、劇的にゲームプレイが変化するほどではないんですが、いろいろと強敵や強力なアイテムが追加されてるので、トレジャーハント的なプレイが楽しめるのではないでしょうか。
 個人的にはスキル本の追加が有り難いですね。各スキル別に(モラルは下がるものの)レベルが10まで上がる本が追加されています。特に能力のスキル値連動MODを入れてるとかなり強力な存在ですね。いささか便利すぎる気もしますが。

 新規追加敵で印象に残るのは欠陥生体兵器でしょうか。けっこうあちこちでグループ組んでうろうろしてるんですが、電撃を放ってくるのと、自己再生能力を持つので、5.56mmクラスの火器だと倒しきらずに複数体から電撃コンボを受けてハメ殺される可能性があります。
 ただこれは放電ゾンビなんかにも言えるんですが、誘電性静電容量システムのCBMさえ入手できればただの歩くCBM入手先になってしまうのが悲哀を誘う。
 もっとも最近のバージョンで死体解体にかなりスタミナを消耗するようになったので、油断してるとけっこう危険なんですが。このところゾンビ復活無効化MODを導入してるんですが、デフォルト設定だとけっこう無理ゲー感なくねぇかな…と思います。

 上の画面写真では秘匿研究所という新ロケーション(地下施設)にて、おそらくはボスキャラ相当であろう生体兵器アポフィスというクリーチャーとの遭遇場面をパシャリ。死に掛けてますけど…俺が。
 いやーこいつは強かった。おそらく強力なCBMを持ってるだろうと踏んで(あと強力なのは電撃くらいで、誘電性静電容量システムをオンにしとけばただの雑魚だろうと読んで)、爆砕しちゃマズイと考えてマーシャルアーツの流派を南斗孤鷲拳(後述)から太極拳に切り替えたんですが、ボコボコに殴られて殺されそうになったので途中から南斗水鳥拳を使って本気で戦いました。時間拡張システムとか強力なCBMをフル活用しつつ。
 もっともこいつ、死んだら爆発するのでCBM取れなかったんですけどね。おかげで俺はまた死にかけた。
 この秘匿研究所という場所、他では入手できないレアな装備が大量に存在してます。内訳は、まあ、実際に行ってみてのお楽しみということで一つ。とりあえず俺は偵察ツールとステルス外套、MX-84レーザースナイパーを持ち帰りました。ほとんどの装備品がアーティファクト扱いっていうのがなんともアレ。

 あと印象に残ってる新規追加敵といえば…ああ、そうそう。Spitter AntとかAcid Antは死ねばいいと思うよ。

 今回はCBMもバリバリ活用してます。移植に麻酔が必要になってからは敬遠してたんですが、仕組みさえわかればそう面倒な代物でもなかったので。
 とりあえずCBM移植には鎮痛剤を二回服用する必要があること(オキシコドンやモルヒネ注射でも一回では足りない)、トラマドールは最大効果を発揮するのにやたら時間がかかるので不向きなことを覚えておけば宜しいかと。
 ただCBMを見つけた先から移植していくスタイルだと漏れなく鎮痛剤依存症になってしまうのが難点。
 CBMといえば、体内炉が昔に比べてなんでも食えなくなってますね。金属系がNGになったみたいです。以前は鉄塊やら鉄パイプやらモリモリ喰らって電力回復してた記憶があるんですが。EAT-MANみたいで好きだったんだけどなあ。残念。








こちらが今回製作した車輌也



 車輌は、はじめは葬儀場に停めてあった霊柩車を使ってて、盗んだ霊柩車で走り出して、そのあとぶつけたりなんだりして破損したので軽トラックに乗り換え、そんな感じで本当は自作や改造をせず既存の車輌を乗り回す予定だったんですが、しばらく走り回ってるうちにやっぱり自作したくなったので、最初は軽トラックを細長くしたものを使っておりました。
 そのあと比較的状態の良い(でも走れない)装甲車を発見して、せっかくだからタイヤを32インチホイールに交換しようかとなったところで「これパーツ交換するより一から自作したほうが早いんじゃ…」と思い、装甲車に使われてた高耐久パーツを使ってオール自作車輌をこしらえた次第。
 といっても、そっちはそっちで滅茶苦茶時間がかかりましたが。車輌製作ってこんなに時間かかったっけ…?あと統合工具セットなしに溶接機を使って製作したので、電池の消費量が半端じゃなかったです。近くの電気店や民家にある家電製品やら何から電池を抜きまくってどうにか足りました。
 量子ソーラーパネルなんて本当は必要ないんだけど、研究所の地下くんだりまで足運んで警備ロボットに殺されそうになりながらも折角持ち帰ったので取り付けました。勲章がわりに。
 現在はサバイバーステーション製作を目標に旅を進めています。車載電動炉とFOODCOキッチンセット以外は手に入ったんだけどなあ。あとは12気筒エンジンが欲しいんだけど、中々見つからないでゴワス。

 あと上でチラッと触れたように、今回はテスト的に北斗MODを途中から導入しています。いまのところ南斗孤鷲拳と南斗水鳥拳を会得しています。いずれの秘伝書も書店や図書館ではなく民家から入手しました。
 いやー強いですよ。現在は南斗孤鷲拳をメインに使ってるんですが(シンが好きなので)、ゾンビ相手だと筋力12でも740とかダメージ叩き出して爆砕しますからね。ただ死体からCBMのパーツを取りたい研究者ゾンビや放電ゾンビも漏れなく爆砕してしまったり、酸系のゾンビは爆砕してしまうと酸が大量に飛散して悲惨エライことになるので、相手によっては攻撃法を切り替えていく必要があります。
 というか、バージョンのせいなのか++の影響かはわからないけど、なんか現環境だとやたらにゾンビが爆砕しやすいんですよ。たまに9mmピストルでも爆砕しますからね。なんでやねん。
















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
946  945  944  943  942  941  940  938  936  935  933 
忍者ブログ [PR]