忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/06/11 (Mon)19:13







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_03 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
ノーゲインのどこかに存在するという北斗神拳の秘伝書を求め
荒廃した都市を彷徨う…







>Day_25 家屋
 朝起きて恒例の行動(ビタミン剤の摂取、洗面キット使用)を取っていると、ドアにヒビが入った。すぐ近くまでゾンビが来ていたらしい、寝ている間に突撃されなかったのは勿怪の幸いだ。さっそく、ご退場いただく。
 外に出たところ凶暴ゾンビの襲撃に遭う、余裕だろと思ってククリを抜いたら余裕でぶっ飛ばされました。どうにか倒し、救急キットで治療する…救急キットには鎮痛剤も含まれる、ひょっとしてアヘン中毒の原因はCBM移植の際の鎮痛剤使用ではなく、救急キットを恒常的に使用しているせいなのか?
 とある民家で文明復興シリーズのサブマシンガン編を入手する。これはまた、すべて読むのに時間がかかりそうだ…もちろん、この本の内容を独学で習得するよりは遥かに楽であることは言うまでもないが。
 今日はこの本を読んで過ごすことにしよう。



>Day_26 家屋
 衣料品店にてバックパックの存在を確認、いまの装備でさらにコイツを背負っては身動きが取れなくなる…春になったら、これを素材にサバイバーバックパックを作るとしよう。
 街を捜索中、以前発見した倒壊母屋とは別のサバイバーハウスを発見する。侵入した途端にトラバサミに噛まれたり、ショットガントラップに引っかかったり(素敵性能の防具に感謝!)、放電凶獣にバリバリやられたりと散々だった、ロクな物資はなかったし…ただ、放電凶獣の死体から反射神経活性化のCBMが採れたのは幸いだった。移植に成功、だが救急キットを使いまくったうえオキシコドンを二回も服用したため、意識が朦朧として…まともに…歩けない…
 幸いなことに、この周辺にはもうそれほどゾンビは残っていないようだ。などと思って民家の捜索を続けていたら、母屋の中から玄関戸をぶち破って放電凶獣が出てきた。勘弁して…すでに残弾が弾倉内に残っている限りとなったL523カービンで始末する。今度手に入ったのは筋肉増強のCBMだ、これを素直に喜んで良いものか…
 その後、朦朧とし時折倒れながら読書をして夜を過ごした。



>Day_27 家屋
 いや、先日の夜はすごかった。筋肉が痛み朦朧として倒れ、そのはずみで夜中に起きてしまうのだからな。このところストレンジすぎる日々を送っているので、このあたりで少しペースダウンしたほうが良いかもしれぬ。
 まだ筋肉の痙攣が治まっていないので、この日はずっと本を読んで過ごした。



>Day_28 家屋
 一向に体調が良くなる気配がない。どうしたことだ、これは…
 今日中にサブマシンガンに関する本を読み終える。明日はもう少しましになっていると良いが…



>Day_29 家屋
 春の訪れである。体調は相変わらず、良くない。
 食料品店に行ってみたが、乾燥食品の類はなく、ほとんど腐っていた。やれやれだ。
 また別のサバイバーハウスを発見したが、ショットガン・トラップを避けた瞬間、地雷を踏んだ。トラップハウスか何かか、ここは…それでも一糸ほつれぬウィンターサバイバー装備、さすがである。
 どうにか他の罠を避けつつ(というか、これ以上喰らったら、死ぬ)、文明復興シリーズの話術に関する本と、ステンを二挺見つける。ジョンブル魂の結晶とも言えるこのガラクタ銃、二挺ともフル装填である。一挺持ち出し、もう片方は弾倉だけ頂いていくことにする。なにより、サブマシンガンは最近、扱いを覚えたばかりだ。
 調子に乗ってぶっ放していたら、超人工兵ゾンビに目をつけられてしまった。ヤツの装備は、ヤバイ…と思ったが、ヤツが持っていたのはレーザーピストルだった。これがレーザーライフルだったら丸焼けになっていたところだ。
 ヤツをステンチガンで蜂の巣にし、ヤツの持っていた軍事作戦地図を確認する。そうか、すぐ近い場所にFEMAキャンプもあるのか。状態の良いレーザーピストルに惹かれもしたが、生憎、いまUPSバッテリーは所持していない。
 まだ本調子ではないし、探索もそこそこに切り上げて読書に励むとしよう。
 寝ている最中、空中を飛んで目を覚ます。激突の衝撃でドアが破損し、釘が飛び出した。またもや凶暴ゾンビのダイナミック・エントリーだ、こんなやつ近くにいなかったはずだが…

>アクティブ・リポート



>Day_30 家屋
 ビタミン剤を齧り、髭を剃る。まあ、寝室が二つある家で良かったよ。
 どうにか三軒目の銃砲店を攻略したいが、あの中には放電凶獣がいる。外には出てこれないので、一定距離から狙い撃ちすれば完封できるが、そのための装備がない。
 それにしても、体調が一向に良くなる気配がない…これはひょっとしたら、寄生虫か何かの仕業かもしらん。真菌ではないはずだ。
 とりあえず、手に入れた本を読みきってしまうか。



>Day_31 家屋
 春とはいえ、まだ朝には雪がチラつく。寒いねえ。
 道場にて、今度は柔道に続き空手の指南書を見つける。だが、俺が欲しているのは空手ではない。北斗神拳だ。しかし、道場の近くに組手ゾンビがいたのは偶然か?それとも、ここの門下生だったのだろうか…
 ゾンビ相手に空手を試してみるが、今の俺では効果的なダメージを与えることができないようだ。まだまだ修行が足りぬ、精進不足である。無念。
 周辺のゾンビを掃討したあと、話術に関する本を読み終えた。



>Day_32 家屋
 機械整備に関する本を読み、理解を深める。
 街の北側にボクシングジムがあったが、置いてあったのは空手の指南書だった。昨日、見つけたやつと同じだ。他流派のイヤがらせか何かだろうか。
 近くに動物病院があったので、行ってみた。おそらくは寄生虫の薬が置いてあるだろうと思ってのことだが、残念ながらあったのはペットキャリアが二つだけだった。金庫にはモルヒネのアンプルが四つ。少なくとも、これは今俺が欲しいものではない。
 そろそろこの服装がまた暑くなってきた。新調しなければ。
 街の北西に向かうと、学校が見えた。大勢の子供のお出迎えだ。ゾンビでなければよかったのだが。やかましさで言えば、ゾンビになる前とそう変わりはないが…今日だけで相当数のゾンビを始末した、すでに子供のゾンビを殺したときの罪悪感も失せている。しかし、すべては倒しきらなかった。いままで使っていたククリにもついに傷が…また後日の挑戦、ということになるな。

>アクティブ・リポート

 そういえば、いつの間にかウィンターサバイバースーツが焦げていた。たぶん、いつぞや超人工兵ゾンビにレーザーピストルで撃たれたときの傷だな。



>Day_33 家屋
 米と豆が手に入ったので、豆飯を作って食う。
 学校の攻略を続ける前に衣服を新調しよう。すでに保温効果が過剰なウィンターサバイバー装備が戦闘の動きを阻害するようになっている。なに、材料は幾らでもある…と思ったが、そうか、汚れた素材は材料にならないか…俺が潔癖症だからか?まあ、いい。なんとかなる。
 悩むべきは全身を覆うスーツにするか、あるいはコート&カーゴパンツの組み合わせにするか、だ。アイテム保有量の観点からすれば、後者のほうがいい。季節に合わせた衣服の着合わせの調整の自由度で言えば…どっちがいいんだ?いや、まあ、好みの問題になるだろうか。
 事前に必要な材料をリストアップしたのち、例のハンヴィーを使って方々から材料を掻き集め、衣服の製作を開始する。今回は軽量型サバイバー装備での統一だ、スーツ、フード、マスク、ブーツ…収容はバックパックをこさえるつもりだったが、今回は極力無駄な道具を持ち歩かないことに決めたので、ランニングバッグを作った。



>Day_34 消防署
 先日に続き、製作した軽量サバイバー装備の補強に取りかかる。ついでにククリも修理するが、まだ修理を超えた補強ができるほどの腕が俺にはないようだ。
 それと、朗報がある。以前は効果がなかったのだが、改めて抗生物質を摂取したところ、最近苦しめられていた筋肉の痙攣を伴う発作がおさまってきた。やれやれ、なんでもやってみるもんだ。けっきょく、原因はなんだったんだ?
 ふたたび小学校へ向かう道すがら、銃砲店からショットガンを回収する。学校でゾンビを倒したとき、たしか一箱か二箱、散弾を落としていたはずだと記憶している。ついでに路上を再捜索したさい、9mm弾を一箱見つけたので、グロック19も回収しておく。



>Day_35 家屋
 すっかり体調は元通りになったようだ。
 小学校へ向かう途中、何体かの放電ゾンビと遭遇した。死体を解体し、CBMを取り出す…体内炉か、これは有用だ。これがあれば、ようやく真っ当にCBMを使うことができる…といっても、いまアクティヴに機能するのは確率透過くらいのものだが。オキシコドンとコデインを併用し、手術に備える。
 途中で大量のゾンビの襲撃にでくわしたので、学校の南にあった銃砲店の鍵を急いで外し、中で篭城する。といっても弾薬が9mmと.40SW、それに.22LRが少々といったところなので、大した火力は出せなかったが、それでも一群を蹴散らすには充分だった。
 学校へ行き、まだ少なくない数のゾンビの残党を始末してから、何冊かの本を持ち帰った。まだ全部調べたわけじゃないが。これでまた読書三昧だな。



>Day_36 家屋
 ふたたび学校へ赴き、文明復興シリーズのサバイバル編を入手。あまり読んでいて面白い内容じゃないが、短時間で必要な技術を習得できる点は関心すべきだろう。
 残念ながら北斗神拳の秘伝書はここにはなかった。学校に置くような本でもないが。
 食料の心配があるので、必要な本だけ抱えて街の探索を続ける。もうここには用はない。
 移動の最中、超人偵察兵ゾンビと遭遇する。ヤバイ!しかし、ヤツはなぜか射撃武器を使わず接近してきたので、.40口径のグロックで倒してしまった。その装備を見ると…こ、これはMX-84レーザースナイパーじゃあないか!なんてことだ、こんなので撃たれてたらひとたまりもなかったぞ!
 持って行きたいのは山々だが、UPSバッテリーがなければただのお洒落な鈍器でしかない。せっかくなので、近くの銃砲店の机の上にでも置いておくか。わかりやすいように。そのうち回収に来よう。
 その後、なんと巨体ゾンビと遭遇。でけぇ。車を盾にしながらの射撃を試みるが、なかなか上手くいかないものだ。二、三度殴られ、補強したサバイバー装備が傷ついてしまった。それ以上に傷ついたのは俺自身だが。どうにかショットガンで始末し、少し離れた民家に逃げ延びる。

>アクティブ・リポート

 本を読む暇はない。



>Day_37 家屋
 街の西側に銃砲店が二軒連なっている場所があるので、そこへ向かうことにする。
 大量のゾンビをククリで捌きつつ銃砲店へ向かうが、ピッキングをしている余裕はない。こういうときのための確率透過CBMだ!俺は難なく量子トンネルを抜けて店内に侵入したが、店内を物色しているあいだに凶暴ゾンビが壁を破壊して突入してきてしまった。や、やめてー!
 そのうち巨体ゾンビや超人兵士ゾンビまで乱入してきて、もう凄いことになってしまった。こっちはステンチガンとモスバーグくらいしか回収できなかったのに。この期に及んで篭城もなにもないので、引き撃ちしつつ、どうにか逃げるしかできなかった。
 なお隣の銃砲店は整備キットやリローディング用の道具一式が置いてあったが、いますぐ武器や弾薬が欲しい身としてはあまり有り難くない。あと、近くのガソリンスタンドがゾンビの攻撃で完全に屋根が倒壊していた。酷いもんだ。







>ステータス 
基本HP:96
総運搬重量:93.2
近接攻撃力:10.5
筋力:14(12)
器用:15(13)
知性:15(15)
感覚:13(13)

>スキル
打撃武器:10(6%)
サブマシンガン:10(5%)
電子工学:10(1%)
話術:10(0%)
製作:8(0%)
裁縫:6(39%)
近接戦闘:6(8%)
コンピュータ:6(0%)
料理:6(0%)
斬撃武器:5(25%)
射撃:5(4%)
サバイバル:5(0%)
ハンドガン:4(45%)
応急手当:3(96%)
ライフル:3(83%)
回避:3(76%)
機械整備:3(53%)
取引:3(0%)
弓:3(0%)
投擲:3(0%)
水泳:3(0%)
運転:3(0%)
素手格闘:2(24%)
ショットガン:2(6%)
ランチャー:1(68%)
罠:0(18%)

>所持品
聴診器
はんだごて(200)
ガソリンランタン(オフ)(500)
キャッシュカード(667188)
ゴムホース
マッサージ器(0)
ライター(49)
仕立て屋キット(400)
修復キット(銃整備士用)(500)
懐中電灯(オフ)(100)
携帯用食器セット(200)
洗面キット(10)
簡易ロックピック
ガラス瓶(3L)/綺麗な水(5)
米(乾燥)(9)
豆(乾燥)(34)
アンビエン(24)
オキシコドン(13)
カルシウム剤(50)
コデイン(26)
ビタミン剤(グミ)(39)
ペットボトル(500ml)/消毒薬(3)
包帯(1)
抗生物質(26)
救急箱(2)
本(学習/古代中国の武具)
本(学習/文明復興:サバイバル)
IDカード(軍)
USBメモリ/ハックプロ
懐中時計
糸(179)
電池(380)

>装備
ククリ
++軽量型サバイバースーツ(フィット)
サバイバーハーネス/ライフル(.223口径/L523-CAR)
++サバイバーユーティリティベルト/ククリ(フィット)
++軽量型サバイバーマスク(フィット)
軽量型サバイバーフード(フィット)
++軽量型サバイバーグローブ(フィット)
弾倉ポーチ(脚)/弾倉(.223口径/LW-32)(左)(0)
++軽量型サバイバーブーツ(フィット)
聖なる象徴

>CBM
蓄電装置x10
蓄電装置mk.IIx2
確率高速移動
体内炉
反射神経活性化
筋肉増強

>殺害数:1225
アメーバ状の物体:1
クレック:1
コヨーテ:3
サバイバーゾンビ:11
スケルトン:6
ゾンビ:274
ゾンビオオカミ:4
ゾンビマスター:3
ゾンビマンサー:3
ゾンビ犬:12
ゾンビ警察犬:8
ドブネズミ:3
フェラル・ハンター:9
フェラル・プレデター:1
フェラル・ランナー:24
ブーマー:23
マンハック:4
ミ=ゴ:2
ロットーワイラー:9
兵士ゾンビ:14
冥暗ゾンビ:43
凶暴ゾンビ:15
科学防護ゾンビ:15
子供ゾンビ:304
子供ブーマー:2
小型ブロブ:2
小型夜行ゾンビ:2
小型絶叫ゾンビ:2
巨体ゾンビ:2
巨体ブーマー:4
巨大クロゴケグモ:20
巨大クロゴケグモ(幼体):3
巨大スズメバチ:3
弱酸ゾンビ:9
強酸ゾンビ:8
技師ゾンビ:2
放電ゾンビ:7
放電凶獣:4
水泳ゾンビ:16
消防士ゾンビ:27
煙幕ゾンビ:10
爬行ゾンビ:11
痩身子供ゾンビ:2
痩身犬:13
監視ロボット:4
空洞ゾンビ:1
組手ゾンビ:8
絶叫ゾンビ:22
肥満ゾンビ:75
腐敗ゾンビ:18
腐食ゾンビ:4
膨張ゾンビ:3
警官ゾンビ:18
警官ロボット:1
負傷ゾンビ:1
超人偵察兵ゾンビ:1
超人兵士ゾンビ:1
超人工兵ゾンビ:1
超人装甲兵ゾンビ:1
長腕ゾンビ:14
頑強ゾンビ:111







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。なんか現環境だとけっこう頻繁に強制終了します。せめてエラーログくらいは出てほしい。どうも++のサバイバー格闘術の挙動がクサイんですよね。いろいろあってちょっと古めのバージョンを使っているので、たぶんバージョンとの相性じゃないかと思うんですが。なんというか、特定のテクニックを繰り出すと落ちるっぽい挙動なんですよ。
 あとやっぱり、街の規模4だとちょっと大き過ぎる気がしますね。普段はサイズ2でやってて、改めてデフォルトで想定されてる都市サイズがどんなもんかなっていう確認を兼ねての今回の設定だったんですが。下手すると一年間ずっと同じ都市で過ごしかねない懸念が。














PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
947  946  945  944  943  942  941  940 
忍者ブログ [PR]