忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/03/27 (Tue)23:54







 どうも、グレアムです。
 Hotline Miamiをベースに開発が進められていたタイトル「Midnight Animal」の開発がキャンセルされたようです(既にSteamのストアページも削除されている)。これ自体はあんまり新しい話ではないんですけども、この件を取り上げてる日本語のページがまだ無いようなんで、かつて期待を抱いていた一ユーザーとしていちおう話題に扱っておきたいと思います。

 本作のキャンセルについて正式なコメントが出されのは昨年9月11日、Sutemi ProductionsというTumblr上のWebページに投稿された「On the cancellation of Midnight Animal, and towards a new future」というポストにおいてです。
 その中でMidnight Animalの開発者であり、現在Sutemi Productionのデザイナー兼ライターであるSpencer Yenは「今は新作の開発を進めており、すでにMidnight Animalの開発には取り組んでいない」とコメント。「多くの人は私が取り組んだ作品について否定的な見解を持ち、私は悪意をもって批判された。これ以上、開発を続ける価値はないと判断した」という、かなりネガティヴな言葉が続きます。

 このあたりの状況について俺はリアルタイムで情報を追っていたわけではないので、詳細について語ることはできないんですが、現在も残っているSteamのコミュニティページのスレッドを遡っていくと、開発が遅れていた以上に、全体的なビジュアルの変更(Hotline Miamiライクなものからアニメ的なアートワークへ)があった時点で相当な批判があったようです。
 俺にはあまりピンとこないんですが、批判の多くは新たに書き起こされたキャラクターのビジュアルに対し「Like Persona(ペルソナ的)」というものでした。画風がアトラスのペルソナ・シリーズに酷似しているということですが、この点がそれほど致命的な欠陥であるかどうかは俺には判断がつきかねます。
 その後、コミュニティページのスレッドがLennyという人物(おそらく開発と関わりのある人物…多分)によってすべてロックされ、ユーザーと開発側との溝が確定的に深まります。多くの場合、ユーザー間とのトラブルにおいてスレッド凍結はネガティヴな結果しか生まず、この点については悪手であったように個人的には思います。

 現在Spencer YenとSutemi Productions(このSutemiという名は日本語の「捨て身」からきているそうです)は「The Exegesis」という新作の開発を行っており、ベースメカニックはHotline Miamiを踏襲しつつ、会話やストーリー性を重視したアドベンチャー要素の強いものになるようです(そのため開発側は「Midnight Animalを期待したファンは失望するだろうが、それは意図したものだ」と発言しています)。
 The Exegesisの開発にはMidnight Animalで培ったノウハウが活かされているようで、すくなくともMidnight Animalの開発がまったく無駄なものではなかったことがわかります。

 …あれだけ待たせて無責任だ、とか、提供された楽曲の扱いは、とか、開発に際し募っていた募金はどうなるんだ、とか、厳しい言葉を出そうと思えば幾らでもできるんですが。
 ただ、それは関わった当人同士で話をつければ済むこと。外野が正義の代理人然として糾弾するようなことではないと個人的には思っています。

 いまはただ、Sutemi Productionsの健闘を祈りたいと思います。



【参考:Sutemi Productionsページ】
sutemi-waza.tumblr.com/









*現在、Spencer Yenの新設したWebページにてThe Exegesisのデモ版とシナリオのPDFがダウンロードできます。なお、PayPal経由で任意の額を寄付することが可能です。開発に支援したい方はご利用ください。

【デモ版ダウンロード】
spncryn.itch.io/exegesis


















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
934  932  931  930  929  928  927  926  925  922  924 
忍者ブログ [PR]