忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/03/31 (Sat)05:00








レミントンM1858と1ドル銀貨





 どうも、グレアムです。Day R Survivalをプレイする傍ら、Oblivionのほうもボチボチいじってます。
 まずはWezaleffちゃん風キャラクターを使ったウェスタン系アイテムの製作ですね。上の画面写真の1ドル銀貨はかなりよく出来てるんじゃあないかと思います。バニラのセプティム金貨の改造なんですが、Meshからいじってるので、ほぼほぼ別モノになっています。
 これでもTexture解像度はそんなに高くないんですよ。256Pixelで、せいぜいバニラのセプティム金貨の二倍です。MODによっては小物にまで1k Texture使ってたりするんで、ああいうのはさすがにマシンパワーの無駄食いという気がしないでもない…




スタイリッシュ・リロード!



 そしてレミントンM1858のシリンダーです。Mount and Blade: Warband用のMOD、1860s Old Americaから移植したレミントンM1858のMeshをBlenderで削ったりなんだりしてこしらえました。この銃は元のMeshの出来が良い(特にシリンダー)ので、弄くってて楽しいです。
 これだけには飽き足らず、さらにリアルなリロード・シーンの再現を目論み、ローディング・レバーを下げてシリンダーを外した状態の銃本体も作成。それぞれ(例によって)内部的には片手剣と盾装備扱いで、二挺拳銃が可能になっています。










 じつはシリンダーをStaticオブジェクトとアイテムの二種類用意したとき、ニアミスが原因でCollision作成に相当な時間がかかってしまったんですが、その話はさておく。
 …間違えて別の名前で延々と上書き保存してたことに気づかず、ゲーム画面を確認しながら「おっかしいなー不具合が改善されない…なぜだーなぜだー」と無駄に試行錯誤しながら半日過ごしただけだからな!








SF施設でゾンビと戦う



 あとはちびのノルドの新バージョンを作る傍ら、現代的オブジェの素材を探すためひさしぶりにDuke Cityを訪れたりしてました。これは現代的な都市を追加するMODで、ワープゲート(見た目がもろスターゲイト)を通って別ロケーションに飛ぶタイプとなっています。
 元ネタはいわずもがなDuke Nukemシリーズですが、他にも多くのパロディ要素が存在します。どうもアチラのmeme要素もけっこう混じってるらしくて、中には元ネタがわからないやつもけっこうあるんですが。




颯爽とノリス見参



 都市に到着したらしたでいきなりゴロツキに襲われ、いつの間にか近くにいたチャック・ノリスが助けてくれるというぶっ飛び展開が。そういえばここ、そういう場所だったな…
 最初の宇宙船?っぽいエリアがわりと動作軽かったんで油断してたんですが、さすがに都市の中はかなり重くてなかなか行動がままなりません。
 どうも現行環境だとTextureのメモリ消費量がネックになるらしくて、女性キャラをDisableで消すとガッツリ軽くなったりするんですよね。女性の場合は肌Textureとか装備品のTextureでガッツリメモリを喰ったりするんで。
 ただ、現行環境だと他MODの和風サムライショップ・武礼堂の建物内が信じられないくらい重くて、あれの原因がちょっとわからないんですよね。光源がアヤシイ感じもするんですが、確証がないです。




オマエどっから来た!



 あと、Duke City内で一般人を殺傷し、警察書の独房でお勤めしてたらルシエンさんから勧誘がありました。おまえ本当にどこにでも現れるな!吉田戦車の漫画の登場人物か何かか。




シロディールの明るい日差しのなかで



 まあそんなことをしつつ、シコシコとちびのノルドを改良しておりました。腕に巻いてある包帯のテクスチャを自作したりとか。包帯で巻かれてる部分はちびのノルド常用装備であるR18PN Armorの素体に使われているHGECの腕部分を切り取って作ったもの(つまり独立したMesh)なんですが、とにかくHGECのUVマップがクソ扱い辛くてかなり苦労しました。
 上の画面写真のうちDuke Cityにいるときはまだロープだかなんだか、バニラのTextureの流用なんですが。
 同じくちびのノルド常用装備であるBaron Armorのヘルメットのバイザー部分だけを独立させ、目が見えるように&髪が自然に見えるようにMeshをいじくり倒してます。







 今後、いままで執筆を続けていたSSシリーズとは別に、ストーリーを再構成という形で新しく話を書き直そうと思ってます。だいたい映画一本分の尺を想定し、全12回程度での更新を予定しており、今回のちびのノルド改良はその布石だったりします。
 いままでの話を捨てるわけじゃなく、あくまで別展開ということで、言うなれば平成ライダーのTVシリーズと劇場版のようなモノ(という例えで合ってるかどうか…)。なのでキャラの諸設定も意図的に変更しています、今回の画面写真でちびのノルドが負傷しているのは旧SS執筆前に構想してた古い設定を再利用したためです。
 …とはいえ、旧SSのほうも一旦設定をリセットしたい思いはあるんですけどね。とりあえず異世界出張組の三人(リア、ブラック17、ミレニア)をリストラしたい。前にも書いたけどあの三人は元々俺自身のオリジナルの創作とクロスオーバーさせる予定で、今もうそれをやる気はないので、だったらもう、たんにOblivionの世界観から浮いてるだけのキャラでしかないよね…ということになってしまうんで。
 あのへんはもう、やり直すとなるとそれはそれで面倒なので、何食わぬ顔していきなり別キャラをレギュラーに据えちゃおうとか考えてるんですが。異世界から召喚されたならされたで、今だったらそれこそ特定の世界観を持たない現代人とかそういう系のアプローチにしたいですし。
 とりあえず、今さらでも書きたいと思ってる話はちびのノルドとアルゴニアンのドレイクに集中してるんで、ぶっちゃけ、この二人さえいればいいというのは俺の中であります。
 まあ、そんなことを考えつつアレコレ用意しているわけです。




仮面を外すと、そこには醜怪な半面が…

















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
935  933  934  932  931  930  929  928  927  926  925 
忍者ブログ [PR]