忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2011/11/11 (Fri)11:28
 キャノンエンジェルの洋書版広告っぽい画像を作ってみた。



 書籍の海外展開ってどれくらい儲かるものなのかちら。

 そういえばHELLSINGの英語版をダークホースが出版していた件で海外のファンが問題を起こしてたな。
 なんでも訳が気に入らないとかで、ファンのコミュニティが独自に訳したページをweb上で公開したところダークホースが苦情入れて一悶着あったとかなんとか。
 ダークホース版はイスカリオテズがアイルランド訛りで喋ったり、ナチと愉快な仲間達がドイツ語訛りで喋ったり、ルナ隊長がフランス語(だっけ?)訛りで喋ったりするそうで、問題起こしたファンはそれが気に入らなかったらしい。
 「原作にそんな描写はない!」というのがその理由だそうだが、ルナ隊長とか思いっきり訛ってたような…メディコーとか。ナチ公もバリバリにドイツ語喋ってるし。
 むしろ各キャラの英語に訛りを入れたのは原作者サイドの要望の可能性もあるんだよなー、これは推測なんですけど。ただドリフで島津のキリング・マスィーンが薩摩弁だったり、ノブノブがみゃーみゃー言ってたりするの見ると可能性は高いと思うのだヨ?
 自分らで原文を訳そうって気概は凄いと思うんですけど、ファンの希望が必ずしも原作者の意向と合致するとは限らないわけで、そこんところカンチガイした信者って怖ぇーな、と思った一件です。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]