忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2017/06/29 (Thu)01:29







 どうも、グレアムです。7.62 High Calibre、いよいよ完結?です。
 前回は敵の本拠地であるArtrigoを襲撃し政府軍を抹殺、Alvaro Sosa将軍とJuan Rebenga内務大臣を処刑し、Sosaの過去の悪行が記録されたビデオテープの回収に成功した。
 本来ならこの時点で革命に成功したも同然だが、実際は隣国Palineroの軍隊が突如としてAlgeira各地に進軍をはじめ、いまやAlgeira解放軍の運命は風前の灯という、なんともキビシイ状況だ。
 これからプレイヤーはTanyaと合流し、西側の最新装備を揃えたPalineroの軍が駐留するSagradaを襲撃し、放送局を制圧しなければならない。

 今回のミッションを受領した瞬間からOlvegaのすこし西にTanyaとのミーティング・ポイントが設定され、ビデオテープを回収したあとはそこへ向かうことになる。
 が、ミーティング・ポイントに入ってもTanyaはすぐに出現しない。具体的な条件は不明だが、グローバルマップでしばらく待機してからふたたび戻るとTanyaが現れるようだ。




最後の戦いに向けて、いざ行かん!



 ここでTanyaが仲間になり、彼女をSagradaのBroadcast Stationまで護衛することになる。
 彼女は全体的に能力が高く戦闘でもかなり活躍してくれる。が彼女が死んでしまうとすべてが水の泡なので、Tanyaの生存には細心の注意を払うとしよう。
 Sagradaではアクセサリを大量につけたM16や、Jackhammerを装備した兵士が登場する。特にJackhammerを至近距離で食らうと行動不能になり死亡が確定するので注意が必要だ。
 おまけに今回も敵の増援が登場し、相当に厳しい戦いとなる。
 戦闘中にTanyaをBroadcast Stationの裏口まで連れて行くと「準備に15分ほどかかるから、それまでなんとか持ちこたえて!」というようなことを言われます。
 それから15分以内にすべての敵を殲滅し、戦闘終了とほぼ同時にイベントが進行。




Tanyaは死んだ…エッ?



『Tanyaが命を落としたいま、すべてが終わりを告げた。革命は失敗し、Sosaの報復部隊と、再編成されたPalineroの軍勢が街から街へ進軍し、革命軍に協力していたすべての人間を皆殺しにした。どうやら私のこの地での活動も限界を迎えたようだ、私が雇った部下もみな捕まったか、さもなくば殺された。もう戦う気力は残っていない、すべてを忘れAlgeiraを去るべきだ…』




キーン



 このムービーのあとでスタッフロールが流れ、タイトル画面に戻ります。
 いや、待て…ないぞ、それはない。
 どうやら、Tanyaが放送の準備をしているときに敵を全滅させてしまうと、Tanyaが死亡した扱いになってしまうらしい。なんだよそれッ!?
 仕方がないのでやり直し、今度は敵を全滅させてからTanyaをBroadcast Stationへ連れていくことにしました。
 これがまた大変で…なにせこちらは二人しかいないうえ、どういうわけか敵がTanyaのほうへ集中して向かっていくため、Tanyaを死なせないようにするのが物凄く大変でした。
 止む無くTanyaをハロワ、もといUnemployment Officeで篭城させ、そのあいだにプレイヤーが敵を叩くという戦法をとることに。




国を変える女たち



「すまないTanya、遅くなった」
「まったく、もうすこしで死ぬところだったのよ!」
 なぞという会話があったであろうな、と思いつつ、敵の全滅を確認後にTanyaをBroadcast Stationの裏口へ連れて行き、例の15分待てというメッセージを表示させます。ここで戦闘時と同様にLEAVEのコマンドが使えなくなりますが、敵が再出現するということはなさそう。
 ここでは実際に15分間待たなければならないので、敵が使っていた武器の試射でもしながら気長に待ちましょう。
 15分後にTanyaからふたたびメッセージがあるので、その後脱出地点からグローバルマップへ戻ります。
 グローバルマップ上でわずかに時間が経過すると…




我革命を成就せり



『独裁者の死をもってしても革命の成就はならなかったが、Tanyaが全世界に向けて発信したSosaの悪行は国際世論に多大な影響を与えた。国連はPalineroに対し、Algeiraに駐屯させている兵を直ちに引き揚げさせるよう要求し、それが受け入れられない場合は厳しい制裁も辞さない構えであると通告した。そしてそれが言葉だけの脅しではないことを証明するかのように、間もなく平和維持軍がAlgeiraへの現地入りを果たした。
 Tanyaの行動から約一ヵ月後、Algeiraの地にようやく平和が訪れた。Sosaを支持していた勢力の大半は引き揚げたPalinero軍とともに隣国へ逃げ延び、Algeiraに残留した者たちは抵抗虚しくすべて捕まり、El-Vertigoの地で処刑された。
 旧政権が崩壊した最初の年に選挙が行われ、Tanyaが99.3%の圧倒的な票を得て大統領に当選した。幾つかの地域で100%の得票数を得ていたことは、特に驚くべきことではない。
 新生Algeira社会主義共和国にとって、彼女よりも優れた指導者を見つけることは困難だろう。この繁栄する、共産主義の楽園においては…』




キーン



 そしてクレジットが流れ、タイトル画面に戻ります。
 …なんか忘れてる気がするんだけどな?




「俺だよ俺」



 !?そうだ、Ippolit Bashirov!あいつ放っといたままだ!
 いちおう多少前のセーブデータは残ってるので、遡ってもいいんだが…ここは一つ、また新しくゲームを始めたときにヤツの行方を改めて追うとしようか。
 というわけで、7.62 High Calibreの初回プレイは当初の目的を忘れて反政府勢力に協力した革命家プレイということで完結いたします。














PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
879  883  882  878  881  877  876  875  874  873  872 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]