忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2017/12/05 (Tue)00:26







Mount and Blade: Warband 「Call to Arms」
Diary of a Noble's Daughter - Part.III -
これはロドック地方の没落貴族カバル家の当主オフィーリアと
その臣下たちが繰り広げる珍道中の経緯を描いたものである










レザリット:
「お嬢様、お話が」

オフィーリア:
「なんじゃレザリット、妾がボルチャを呼ぶ前に話しかけるとは、よほどの大事なのであろうな」

レザリット:
「なに言ってんだおまえ、いえお嬢様。そろそろ我々臣下のみではなく、村や酒場から兵を徴集して軍団を組織したほうが良いかと存じます。10人やそこいらの賊を狩るだけならば我々だけでも充分ですが、近頃は黒い傭兵だの、黒い騎士だの、白い騎士だのが山林に出没し隊商や旅人を襲っているとか。ある日突然そやつらに出っくわすことがあるやもしれません、来るべき戦争のためにも、兵の準備をしておいたほうがよろしいかと」

オフィーリア:
「フム…給料の支払いが面倒なので考えないようにしていたが、おぬしの言う通り、そろそろ備えをしておいたほうがよいかもしれんな」



 そして一週間後…




『軍犬傭兵』
ロドックとスワディアの国境沿いの山脈あたりに出没
レベルが高く装備の質も良いが騎兵と盾持ち兵科が存在しないため
遠方からの射撃に対して無力である



オフィーリア:
「レザリット、あれが例の黒い傭兵とやらか?」

レザリット:
「そのようですな。連中が戦争に参加している姿は見たことがありませんので、おそらくは傭兵とは名ばかりの追い剥ぎでありましょうが、そこいらの賊とは違い、非常に高価な装備を身につけております。いまこそ我々が教育した兵たちの実力を試すときでしょう」

オフィーリア:
「で、あるな。よし、突撃じゃ!」




/ワー\  /ワー\  /ワー\



\ワー/  \ワー/  \カキーン/  \ワー/

/バキューン\  /ワー\  /アイィ\



\イエー/  \ハッハー!/

/ヒューッ\



オフィーリア:
「100人を超える相手で苦戦したが、なんとか勝てたのう!」

ボルチャ:
「あのーお嬢、一緒に戦ってた覆面連中はいったいナニモンですかい?といっても額にタトゥーがあるんで、だいたい想像はつきやすが…」

オフィーリア:
「酒場で徴集した農民どもを妾とレザリットで鍛えたのじゃ。はじめは泣き言ばかりの軟弱だった連中も、いまではすっかり戦闘力と信仰の心が身についたワイ!」



 




『Cabal Cultist』
カバル教の武装信徒(男)
武装は切り詰め軍用大鎌とコルトドラグーン




『Cabal Fanatic』
カバル教の武装信徒(女)
武装はマホガニー・ロングボウと槍兵のダガー



Cabal Cultist&Cabal Fanatic:
「カバル教に栄光あれ、いまこそ闇の再来のとき来たらん!異教徒に死を!」

マルニド:
「信仰の心…?」

レザリット:
「これぞレザリット式スパルタ教育の成果だ!我が軍団が大陸を制覇した暁には、私の教育法がまったくもって正しきこと寸分の疑いの余地なしと証明されるだろう!ハッハー!」




マイペース放浪者



ニザール:
「Heyみんな、DoしたんだYo?」

ジェレムス:
「どうやらニザールが布教活動から戻ってきたようですな」

オフィーリア:
「???いや、たしかニザールはハルウララ号に貸しておったはずだが?」

マルニド:
「ハルウララ号…えーと、ひょっとしてスワディアのハルラウス王のことですか?それにしても、いったいどういうことですニザール?」

ニザール:
「なんというか…ZIZZYの相手は面倒臭いし、なんかモチベーション上がらないから、帰ってきた」

マルニド:
「勝手に帰ってきちゃ駄目じゃないですか!?」

オフィーリア:
「一度ハルウララオーに会ってきたほうが良いかもしれんな」

ボルチャ:
「ハルラウス王です、お嬢。そんな馬みたいな呼び方してたら不敬罪で吊るされますぜ?」




ぼけた



オフィーリア:
「スワディアの王よ、そなたに貸与した我が臣下ニザールについてだが…」

ハルラウス王:
「随分と気が早い娘だな、奴を返すのは一週間先という約束であろう?もうしばらくニザールには頼みたい用事があるのでな、あと五日ほど待ってくれんか」

レザリット:
「ニザール貴様、二日でバックレたのか」

ロルフ:
「どうもハルラウス王はニザールが居なくなったことに気づいていないようですな」

ニザール:
「耄碌したんだよきっと」



 ハルラウス王の要請でニザールを貸したあと、当のニザールが二日後に勝手に部隊に戻ってきたのは事実である。にも関わらずクエストが通常通り進行したのも然り。
 下手をするとバグでクエスト達成不可能になるのでは?という危惧はあったが、一週間後、ハルラウス王にニザールを返してくれるよう頼んだところ、無事にクエストは完了した。ニザールはずっと我が部隊にいたままだったのだが。
 なんだったんだ。







 そんなわけでどうも、グレアムです。八方美人プレイもいいけど、そろそろ城を攻めたくなってきた。
 今回は独自のユニットを追加、ということで、多少ロアフレンドリーな感じを意識しつつこんなシロモノを導入した次第。胴と脚装備、Cultistの装備している拳銃は他MODからの移植です。
 ちなみにカバル教の元ネタはMonolith社製のゲームBloodからです。最初はあれを再現するつもりだったんですが、せっかくだから多少オリジナリティを持たせたいという欲求からこのような形になりました。
 民兵ツリーからの派生なのでプレイヤー以外の諸侯が保有することはまずないんですが、稀に運良く成長した農民や難民がこのカバル教徒系にアップグレードしてしまうことがあるので、あんまり強くするわけにはいかなかった。
 またユニットの性能はセーブデータに依存するので、一度出現したあとにtroops.txtの内容を改変しても反映されず、新たにゲームを開始しなければならないので調整が面倒臭いのも難点でした。じつは今回のプレイ記をはじめる前から細々と調整してたんですよ。







 【おまけ:音楽ファイルの差し替えについて】

 面倒臭いので前提の説明は省きます、やり方だけ備忘録的に書いておきます。
 ゲーム内で流れる音楽を自分で用意したファイルに差し替える方法は幾つかあるんですが、たぶんmusic.txtの中身を書き換えるのが一番スマートだと思います。
 対象とするmoduleフォルダ以下のmusic.txtには、

cant_find_this.ogg 0 0
mount_and_blade_title_screen.ogg 4194432 4194432
ambushed_by_neutral.ogg 266240 269312
ambushed_by_khergit.ogg 266244 269375
…… …… ……

 といったような記述が延々と続いていると思います。
 たとえばタイトル画面で流れる音楽(music.txtの上から三行目。…たいていの場合)を例に取ると、mount_and_blade_title_screen.oggというのがタイトル画面で使われる音楽のファイル名、そのあとに続く二つの数値がタイトル画面で使われることを定義するコードとなっています。
 ここでTitle.mp3というファイルをタイトル画面で流れるようにしたい場合、まずTitle.mp3をmusicフォルダに入れ、music.txtのmount_and_blade_title_screen.oggという記述をtitle.mp3に書き換えます。後ろの数字はいじらないでください。
 たったこれだけの操作でタイトル画面で流れる音楽を変えることができます。

 music.txtを改変しない方法としては、Title.mp3をogg形式に変換したあとmount_and_blade_title_screen.oggという名前にリネームしmusicフォルダに入れるというやりかたもあるんですが、ファイル形式の変換が面倒臭いうえ、オリジナルのデータと同名にしてしまうと、自分で用意したほうではなくオリジナル(Warband)のBGMが流れてしまう不具合があるようです。
 そのためか、独自の音楽を使用するMODはたいていファイル名を変えてあるようです。

 またmusic.txtを改変する方法なら、戦闘BGMをすべてBattle.mp3にしたい(戦闘時に流れる音楽をすべて同じにしたい)場合、bandit_fight.ogg、fight_as_khergit.ogg、percussion_battery.ogg…といった名前をすべてBattle.mp3に書き換えることで対処できます。
 ファイルそのものを差し替える場合、変更したい場面の数だけ音楽ファイルを用意しなければならず、無駄にHDDの容量を喰う破目になります。非常に馬鹿らしいです。

 他のMODの音楽を移植したい場合はmusicフォルダとmusic.txtをコピーすればOKのはず(内容にかなり変更を加えているMODの場合は不具合が生じるかもしれません)。
 言うまでもないですが、ファイルに変更を加える場合は事前にバックアップを取っておきましょう。

















PR
2017/12/02 (Sat)01:01







Mount and Blade: Warband 「Call to Arms」
Diary of a Noble's Daughter - Part.II -

これはロドック地方の没落貴族カバル家の当主オフィーリアと
その臣下たちが繰り広げる珍道中の経緯を描いたものである









オフィーリア:
「ボルチャ!ボルチャめはどこぞにおるか!」

ボルチャ:
「へいお嬢、お呼びですかい?」

オフィーリア:
「今日はのう、新しい仲間を連れてきたのじゃ」



 

 『カミーユ』
 ベージャー北部出身の兵士。男装し性別を偽って軍に入隊したが、よりにもよって女癖の悪い将軍に秘密がバレ関係を迫られたために部隊から脱走した。一人称は「僕」。



カミーユ:
「よろしくお願いします」

オフィーリア:
「男の娘のカミーユたんじゃ!」

ボルチャ:
「…お嬢?ちょいと言いにくいんですがね、こいつ男の娘じゃなくて、ただの娘じゃあねえんですかい?」

オフィーリア:
「どういうことじゃ?」

マルニド:
「つまりですね、ボルチャが言いたいのは、この子はガーリッシュなボーイではなく、ボーイッシュなガールということです」

オフィーリア:
「おぬし女だったのか?」

カミーユ:
「あれっ、酒場でそう紹介したはずだけど」

オフィーリア:
「…(他の臣下たちに向かって)おいおぬしら、この娘を好きなようにしてよいぞ」

カミーユ:
「ぎゃーーーっ!」



 なにせオフィーリアのパーティは男揃い、そこへ歳若き娘が一人放り込まれれば、それはもう大変にいかがわしい光景が繰り広げられようことは想像に難くない。



ボルチャ:
「いやいや、さすがにそれは人道にもとるってモンですぜ!?」

マルニド:
「そうですよ。それに私にはボルチャが居ますから」

ボルチャ:
「…(ボルチャの士気は下がった)」

レザリット:
「略奪、陵辱は軍隊につきもの。とはいうものの、私めはロリコンでは御座いませんからなあ」

ニザール:
「僕も子供相手ではちょっと勃たないよ」

ロルフ:
「では、この娘は偉大なるロルフ男爵の伴侶とする、ということで宜しいか?」

ジェレムス:
「いやいや、それよりも大ジェレムスがこの者を解剖し、生物学的に立派な雌であることを証明してみせましょう」

カミーユ:
「もうやだ。死にたい」







 またある日…



オフィーリア:
「ボルチャ!ボルチャめはどこぞにおるか!」

ボルチャ:
「へいお嬢、お呼びでやすかい?」

オフィーリア:
「また酒場で仲間を見つけてきたのじゃ」



 

 『マルガレーテ』
 別の大陸から送り込まれてきた密偵。雇い主である高官が急死したため帰還予定なのだが、なんとなく帰るのを惜しんでカルラディアに居残っている。



マルガレーテ:
「うふふ、よろしくおねがいします」

ボルチャ:
「お嬢、この御仁はどう見ても女のようですが」

オフィーリア:
「男に見えるはずがあるか」

ボルチャ:
「いえ、先日のカミーユとかいう娘っ子への態度からして、てっきりお嬢は女をパーティに入れるつもりがねえもんだとばかり」

オフィーリア:
「妾もそのつもりではあったのだがな。カルラディアで女の冒険者が珍しい存在なのは知っていよう?」

ボルチャ:
「ええ。どうも、この国の旦那衆にはあまり好かれちゃおりませんようで」

オフィーリア:
「それもそのはず。女だてらに剣を振る、そもそもがアバのズレた連中ばかりじゃからのう。そんな中にあって、このマルガレーテちゃんの慈しみに満ちた態度を見ているとのう…彼女ならば、その溢れんばかりの母性愛で、妾にバブらせてくれるのではないかとな!」

ボルチャ:
「お嬢!それは女の吐く台詞じゃありやせんぜ!」

レザリット:
「察してやれいボルチャ、お嬢様は歳若くして両親を亡くしておるのだ。親への…母への愛情に飢えておるのだ!おいたわしや、お嬢様…ッ!」

ニザール:
「Hey、美人さんなら僕は大歓迎だぜ!マダム、これはきっと運命の出会いに違いないYo?僕たちにはSo、イニシャルMの関係にあるのサ!Mではじまる言葉、マリッジ(結婚)こそが僕たちに相応しい運命!」

マルガレーテ:
「うふふ、お上手ですこと。じつはわたくしも、あなたにMではじまる言葉を伝えようとしていたのです」

ニザール:
「それはひょっとして?」

マルガレーテ:
「マザー・ファッカー」

ニザール:
「…… …… ……」

レザリット:
「ハッハッハッ、プレイボーイ気取りがなんてザマだニザール!」

ニザール:
「アイィ(倒れる音)」

レザリット:
「おいどうしたニザール、ニザール!?」

ジェレムス:
「どうやら致命傷だったようですな」

マルニド:
「女ってのは怖い生き物ですね」

ボルチャ:
「その言葉自体にゃあ返す言葉もないが、あっしをまじまじと見つめながら言うのはやめてくれねえか…?」







ボルチャ:
「ところでお嬢、カミーユとマルガレーテの額の刺青はいったいどういうシロモノなんですかい?」

オフィーリア:
「おぬし、カバル家の臣下でありながら、そんなことも知らんのか?この額の十字架は我が一族が信仰してきたカバル教信徒の証。この二人には、額に刺青を入れることを条件に我が同胞となることを許可したのだ」




ボルチャ:
「それにしたってねえ、なにもこんな目立つ場所に刺青なんか…」




マルニド:
「……えっ?」



 

レザリット&ジェレムス:
「おい二人とも、なんだそのデコの刺青は」



 

ロルフ:
「どうやら全員おなじ刺青を額に入れられたようですな」

ニザール:
「そのようだNe」

レザリット:
「お嬢様ーーーッ!?いったいどういうおつもりですかッ!」

オフィーリア:
「かっこいいぞ」

レザリット:
「かっこよさは関係ありません!なんてことしてくれるんですか!」

オフィーリア:
「いやーおぬしらもカバル家臣下としてだな、信徒としての刻印を入れておくべきかと思うてのう。安心せい、妾が大陸を制覇した暁には全国民に同じ刺青を入れさせるからの」

マルニド:
「税の無駄遣いだ……ッ!」







 また、酒場にて…



マルニド:
「アッ、お嬢様、あれをご覧ください!」




酒場の吟遊詩人



マルニド:
「あの男、額にタトゥーがありますよ!まさか、あの男も信徒なのでは?」

オフィーリア:
「フム、そうか…リュートはあやつらの装備であったか」

マルニド:
「お嬢様!?」

 おそらく、自身もデータを改造するプレイヤーであれば察して頂ける事態かと思われます。よーするに、そういうことです。







 そんなことをわちゃわちゃとやりつつ…

 どうも、グレアムです。しょうもない小芝居を挟みつつ、Call to Armsのプレイを続行中の報告でございます。前回に引き続き適当に勧誘したコンパニオンに布教活動をさせつつ(戻ってきたらクビにする)、各国との関係向上に努めています。
 国家との関係を良くするためには、主に賊と交戦中の隊商を援護するといった手段がありますが、腕に覚えがある場合は街や城に捕らえられた諸侯の救出がオススメです。
 諸侯からの依頼で地下牢に捕らえられた味方諸侯を救出する任務を授かった経験のあるプレイヤーも居るかと思いますが、じつはこれ、依頼を受けていない状態でも能動的に行うことが可能です。報酬はありませんが、救出した諸侯とその所属国の友好度が上がるので、積極的に狙っていきたいところです。諸侯を捕らえていた国との友好度が下がらないのもポインツ。
 ちなみに地下牢から出たばかりの諸侯は衰弱しきっており、油断していると守衛を始末している最中にアイィすることがあります。その場合救出には失敗しますが、ふたたび同じ場所に捕らえられた状態になっているので再トライが可能です。もっとも一度アイィした諸侯は体力が0%とかになってて一撃で再アイィするようになっているので、難易度は上昇しますが。




どこからともなく誰彼関係なく救出するヒーロー推参



 このところ節操無く各国の諸侯を救出しまくっているので、現状すべての国と友好関係にあります。これから女王を目指そうってのにアレなんだけど、八方美人プレイが楽しくなってきてしまった。
 戦争して国を潰す場合は名誉値を犠牲にせざるを得ない局面が多々あるので、いまのうちに貯金しておきたいという思惑もあるにはあるが。

 そうそう、以前マップがバグってる拠点が存在しているという話を書きましたが、これは新しいバージョンのCtAAWのSceneObjファイルの中身を上書きすることで改善できます(俺が現在プレイしているのはCtA v1.0)。
 ちゃんと調べてないので、あくまで憶測なんだけども、これはひょっとしたら防具が店売りされなくなる不具合と同様に本体のバージョン依存の問題かもしれんね(余談ですが、防具が店売りされなくなる不具合は特定のバージョン以前に作られたMOD全てで発生します)。

 さて今回新たに加入したコンパニオンはいずれもCtAで追加されたキャラです。
 とりあえずキャラの性格を把握できるまで加入は保留にしてたんですが、記事作成にあたって翻訳テキストを確認等してたらこの二人が気に入りました。Nativeの女コンパニオンはアバがズレた連中ばっかりだけど、CtAの女コンパニオンは皆ステッキーですね(やや狙いすぎな気がしないでもないが)。
 というか20000デナルもふんだくるジジイはちょっといい加減にしろと言わざるを得ない。

 ちなみに額の刺青は頭部装備で、The Reckoning Third Stageからの移植です。

















2017/11/26 (Sun)18:35







 戦乱の地カルラディア…
 かつて大陸を支配したカルラディア帝国の滅亡により、六つの王国が覇権を巡り争うようになってから時既に久しく、いつ終わるとも知れぬ戦争の日々に民衆は疲弊し…まあそんな御託とはあまり関係なしに、なんとなく戦争の集結と大陸の支配を目論む没落貴族の末子がいまここ、ロドック地方(大陸南西部)の山道を放浪していた…



オフィーリア:
「ボルチャ!ボルチャめはどこぞにおるか!」



 

 『オフィーリア(=主人公)』
 本名オフィーリア・ペスティス・クルエント・デ・カバル。
 父親はロドック地方の貴族カバル家の当主だったが、同時に邪神を崇拝する邪教集団の教祖でもあり、そのことが露見し両親ともども異端尋問にかけられ処刑された。難を逃れたオフィーリアも呪いによって身体が影のように黒く染まり、以後、残された僅かな家臣とともにカルラディア大陸を放浪する日々を送っている。
 性格はわがままで強欲で世間知らず。傍若無人を絵に描いたようなお嬢様だが、戦闘能力だけは滅法高く、長大な二振りの野太刀を大小のように腰に差している。



 

 『ボルチャ』
 オフィーリアの世話係、カーギット地方出身の馬泥棒。
 かつてオフィーリアの両親が健在だった頃に屋敷に泥棒に入ったところを捕らえられ、罪を不問とするかわりに家臣として仕えることを強制された。
 犯罪者でありながら常識をわきまえており、世間知らずなオフィーリアに市井の事情を説く良識的な一面も。



ボルチャ:
「お嬢、お呼びですかい?」

オフィーリア:
「ふと思い立ったのじゃ。妾はこの大陸を統一し、今はなきカルラディア帝国の女王の座を目指してみようかと考えておる」

ボルチャ:
「お嬢、滅多なことを言うもんじゃありませんや!無茶にもほどがあるってもんでさぁ!」

オフィーリア:
「なんじゃとう!?ええい、マルニド!マルニドはおらんか!」



 

 『マルニド』
 オフィーリアの世話係その2、行商人。
 移動中に盗賊に襲われた挙句、仲間の行商人に荷を持ち去られた悲運の男。最後の5デナルがどうのと酒場でクダを巻いてるところをオフィーリアに見初められ、なし崩し的に家臣にさせられた。
 特に戦闘能力が高いわけでもないのに、戦場では一番戦果を上げる謎補正つき。またボルチャと仲が良く、ホモ疑惑が持たれている。



マルニド:
「お嬢様、如何されました?」

オフィーリア:
「妾はのう、カルラディアの女王を目指そうと思うのじゃ」

マルニド:
「いやー…やめておいたほうがいいと思いますよ」

オフィーリア:
「おぬしもそのように申すか!ええい、レザリット!レザリットー!」



 

 『レザリット』
 オフィーリアの教育係、伯爵家の次男坊。
 ベージャーの訓練教官だったが体罰上等な熱血ぶりが災いし職を追われ、放浪していたところをオフィーリアの父に拾われ武装信者の訓練と娘の教育を任せられた。
 軍の規律を守るためには鞭打ちや縛り首は当たり前という主義で、暗黒時代たるカルラディアにおいてさえ「余所でやれ」と言われてしまうブラックな鬼教官。



レザリット:
「どうされました、お嬢様?」

オフィーリア:
「妾はのう、カルラディアの女王を目指そうと思うのじゃ」

レザリット:
「ハッハッハッ。お嬢様、冗談というのは多少の真実味がないと面白さが減じますぞ」

オフィーリア:
「冗談ではないというのに!メレブ、メレブー!」



 

 『ジェレムス』
 オフィーリアの専属医師、民間療法の達人。
 カルラディアにおいて理解に乏しい医術の実践者ゆえ煙たがられていたところをオフィーリアの父に拾われ、以後カバル家の家臣として医療に専念するようになった。
 腕は確かなのだが頑固で高圧的なうえ、血圧を下げるのに蛭を使ったり解剖用の死体をもらって喜んだりと色々アブない面も目立つ奇人。



オフィーリア:
「おお、おったかメレブ!」

ジェレムス:
「…… …… ……」

オフィーリア:
「ダンジョー、じゃない、冗談じゃジェレムス」

ジェレムス:
「…して、この大ジェレムスにいかなご用件かな?」

オフィーリア:
「妾はカルラディア帝国の女王となるべく行動しようかと考えておる」

ジェレムス:
「左様で。お嬢様が戦死した暁にはこの私が立派に解剖し、医学研究の礎としてお役に立てましょう」

オフィーリア:
「それはどういう意味じゃ!?ええい、誰かマトモに話を聞く者はおらんのかー!」



 

 『ロルフ』
 家臣その他1、自称男爵。
 いろいろ複雑な背景の持ち主だが、複雑でわかりにくいうえ本人の言動が若干アレなので誇大妄想の強い賊のオッサン扱いされることが多い。平民に呼び捨てにされるとキレる。



 

 『ニザール』
 家臣その他2、自称詩人。
 あちこちで女をコマしては旦那衆に恨まれる生粋のスケベ、よせばいいのに大方人妻を寝取る天性の間男。ただし女に対しては真摯でロマンチストな一面もある。



ロルフ&ニザール:
「「お嬢様、お呼びですか」」

オフィーリア:
「いや、おぬしらは呼んでおらん」

ロルフ&ニザール:
「「そんな…」」

ロルフ:
「ときにお嬢様、私めをこのスケベ男、いわゆるエッチマンと二人一組のセットで扱うのは止めていただきたい」

オフィーリア:
「却下する」

ロルフ:
「そんな…」



 この二人が何時カバル家の家臣となったのか、きっかけは何だったのか、そのことは誰も知らない。オフィーリアはおろか本人たちも覚えていない。



マルニド:
「レザリット、あなたはお嬢様の教育係なのでしょう?いったい、どんな教育をすればあんな無謀を口走るようになるんですか」

レザリット:
「それはお前アレだ、帝王学とかな」

マルニド:
「おもに貴方の責任じゃないですか!!」



 まあ、それはともかく…






レザリット:
「お嬢様、もし本気でカルラディアの女王を目指すとして、いきなり武力で諸侯の領地に攻め入るのは関心しませんぞ」

オフィーリア:
「なぜじゃ?」

レザリット:
「お前マジか。いえお嬢様、それをやってはただの暴れ者の成り上がり、数多の王侯貴族ひいては民衆の感情に良くない印象を残します。未来永劫、お嬢様を女王と認める者は現れますまい。まずはお嬢様が女王に相応しい器の持ち主であることを認めさせるのが先決ですぞ」

オフィーリア:
「そんなこと言われてものー。どうすれば良いのじゃ?」

レザリット:
「酒場でクダ巻いてるゴロツキ(=コンパニオン)を適当に引っ掛けて、お嬢様の素晴らしさを説く草の根運動をさせるのです。だいたい、ああいう連中は独自のコネを持っておりますから、片っ端から声をかけて宣伝させれば、そのうちカルラディア全土がお嬢様の噂で持ちきりになることでしょう」

オフィーリア:
「なるほどのう。しかし、いったいどういう宣伝をさせるつもりなのじゃ?」

レザリット:
「それは頼む相手によるでしょうな。たとえば私めならば、お嬢様が優れた軍事的手腕を発揮し、カルラディア全土を支配するに足る力量と権威を兼ね備えた存在であることを各国の名士たちに説いて回るでしょうし、マルニドであれば、お嬢様が宴や回遊で税を無駄遣いするような人物ではないことをギルドや商人に納得させることでしょう」

オフィーリア:
「しかしのう、それでは頼んだ相手によって内容に食い違いが生じることもあるのではないか?」

レザリット:
「でしょうな。それにもし、どこぞのボンクラ貴族の末裔が貴族の権威の強化を方々に約束したならば、貧ゆえに盗みを働かざるを得ない罪人の肩を持つボルチャは面白い顔をしないでしょうし、手癖の悪い小娘が略奪や浪費を賞賛するような噂を吹いて回れば、ジェレムスは熱した鉄のように顔を真っ赤にして怒るでしょう。とはいえ、その程度のことで彼らが忠臣としての誓いを撤回するような事態には至らぬでしょうが」

オフィーリア:
「だとしても、相反する噂が蔓延するのは良くないのではないか?」

レザリット:
「問題ありません。どだい、政治家が公約を守ったことなどないのですから」

オフィーリア:
「それもそうじゃのう」







 かくして…

 どうも、グレアムです。現在プレイ中のMount and Blade: Warband用MOD、Call to Arms(略称:CtA)でのロールプレイ妄想をちらりバッチリとしたため候。例によってプレイヤーの一部装備、及び外見は他MODから移植したり自前で改造してたりします。すっかり気に入ってしまったWezaleffちゃん風スキン、いちおう目にはスペキュラマップを設定してるけどあんまり光ってはくれなんだ。というかM&Bはマテリアル設定まわりがOblivionよりだいぶ面倒臭い。
 今回は独立プレイを目指しているのですが、いきなり戦争もアレなのでまずは各国の動静を見つつ街や村との友好度を高めたり、上に書いたような感じでRight to Ruleを上げるために酒場でコンパニオンを引っ掛けてはパシらせています。
 ただコンパニオンの布教活動には二週間ほどかかるうえ、一度に一人しか送り込むことができないので時間がかかるんですよね。今回はじっくり腰を据えてプレイする予定なので、地道に布教活動させつつ(今のところは)名君としてカルラディア各地を訪れる日々です。
 布教の面白いところは、コンパニオンが布教する内容によって他のコンパニオンが不平を洩らし士気が低下することがあって、その相関関係が相性とはまた別に設定されていることです。
 たとえば上記六人の組み合わせは相性の悪い相手がいないため相性問題で士気が下がることはないのですが、ボルチャの布教内容にレザリットが難色を示し、ジェレムスの布教内容にはニザールが文句を言います。凝ってますよねー、本作は、こういうところ。

 街や村との友好度上げについてはクエストを受けたりトーナメントで優勝したり、なんだり。CtAでは酒場ワインと同じ感覚で資金援助によって村の友好度を地道に上げてくことが可能なんですが、何と言っても一番有効なのが盗賊退治。
 ただ一度のお布施で友好度が10上がり、しょっちゅう村が盗賊に襲われてる1860's Old Americaの感覚に一回慣れてしまうと、Native準拠のスローペースぶりはやはり寂しいものがある…
 諸侯の友好度上げはいまのところ保留。そこまで手を広げたらキリがないし、今回は諸侯を配下に置かず全員ブチ込む(無謀すぎる)独裁プレイを検討しているので。

















2017/11/23 (Thu)18:40






大将首を討てー!




キリリと凛々しく捨てがまりソルジャー見参



 どうも、グレアムです。ただいまMount and Blade: WarbandのMOD、Call to Arms(通称CtA)を改造してサムライ魂で(サムラァイ)極秘任務を遂行しております。ブシドーゥ。
 すいませんちゃんと説明します。
 M&Bにはもともと隠しアイテムにサムライ装備一式(兜&鎧&具足&刀x3)が存在するんですが、今回はそれをプレイヤー&コンパニオンに装備させ、ついでにサムライ装備を身につけたユニット「SAMURAI」を追加し運用しているという次第です。
 ちなみに古参民兵からの分岐(民兵伍長orSAMURAI)に設定しています。CtAは村人(男&女)や人狩といった仲間に加えにくいユニットを酒場で纏めてリクルートできるようになっているので便利ですよね。おかげで無国籍軍隊プレイが捗ります。
 あとは女キャラの顔や髪型をThe Reckoningから移植したりだとか。

 でもって肝心の極秘任務は何なのかっていうと、現在真珠のアルワを担ぎ上げてサラン解放軍を指揮しているわけなんですね。最初はイソラ女史についてスワディアを潰そうかと思ってたんですが、顔Meshを入れ替えた場合にアルワ女史のほうが若干美人になったので。




なんだこれ



 なんぶんこっちは徒歩ユニットオンリーなので(騎馬武者作ってもよかったんだけどね)サランの騎馬ユニット相手に若干苦戦しつつ、また攻城戦時のMAPが破綻してて撤退せざるを得ない場面があったりなんだりしつつ、どうにか全ロードを捕獲&全領地を攻め落とし現サラン王権を潰すことに成功しました。
 上の画面写真、たしかシャラワ城だったと思うんですが、攻城梯子での侵略時にMAP半分が水没&敵が地中に埋もってたり画面外に出てたりで全滅させることが不可能だったので止む無く自動戦闘で処理したという苦い思いをさせられた。
 とはいえ、MODではたまによくある光景なのだが。
 ただ都市や砦の侵略はゲームをプレイする上で避けられないので、この「敵が手出しできない場所にスタックする」ことがわかってるMODは後々になってプレイが億劫になるのは確かなわけで。特にThe Red Warsとか。




新政権誕生の瞬間




美顔整形アルワ&実績解除



 苦難の末サラン王権をアルワ女史に捧げ、さてようやく一息つけるなと思った次の瞬間…




開戦のお知らせ



 あの女、王権奪取から一日経ったか経たないかっていうタイミングでいきなりカーギット=ハンに喧嘩売りました。

なにやってんの!?


 逆ならわかるけどさぁ、これは…
 さすがにこれには捨てがまりソルジャーである俺も「捨てがまりすぎだろ」と言わざるを得ない。でもってアルワ女史以下、捕虜開放した元サランの諸侯たちは最後の戦場となった都市シャリズに団子のように固まったまま身動きする気配がないので、さっそく国境沿いの砦やら何らがガンガン攻め落とされていく。
 もうこんな政権にはついていけないので独立し、ふたたびフリーランスに戻りました。まあ脱退表明しにシャリズへ向かう途中で自分の領地がカーギット=ハンの諸侯に襲われてたので、そいつらだけボコボコにしておきましたけど。
 というか俺が脱退した時点でアルワ女史がほぼ全部の領地を所有してる状況だったので、あの政権アッという間に瓦解するだろうなあ。
 そうそう、CtAは捕らえた諸侯を自主的に解放するオプションがあるので便利ですよね。おかげで滅ぼした国の諸侯をいつまでも手元に置いておく必要がなくなって有り難い。

















2017/11/20 (Mon)01:23






プロポーズ成功



 どうも、グレアムです。Mount and Blade: WarbandのMOD、1860's Old Americaをクリアしました。クリア…という言い方が正しいかどうかはわかりませんが、とりあえず一つの勢力について大陸制覇したらクリアと見做して良いんじゃないかな。
 前回あちこちにプロポーズを仕掛けたものの見事にフラレ倒したわけですが、たまたま友好度が15しかないロードに軽い気持ちでアプローチかけたら承諾されてしまいましたよ。友好度100で駄目な場合もあれば15でもOKされることがあるんだなあ…
 ちなみに今回結婚したベンジャミン・フランクリン・チータム少将というおヒト、えーと100ドル札の肖像になっているベンジャミン・フランクリンとは何の関係もない人物で、ウィキペディアに日本語のページがないので多分マイナーな人だと思うんですが、米墨戦争に参加したあと南北戦争で南軍について最初から最後まで戦っていたという中々すごい戦歴の持ち主です。
 史実では南北戦争終結後に結婚しているので本MODではフリー扱いです。ちなみに彼の息子さんは父と同じく軍人として米西戦争と第一次大戦に参加し、その後アーリントン国立墓地にあるロバート・E・リー将軍の邸宅(アーリントンハウスとも呼ばれる)の改修や無名戦士の墓(Tomb of the Unknown Soldier)の設立に携わったそうです。

 肝心の結婚式では花嫁(=プレイヤー)の姿が消えるバグが発生し、寂しいエア結婚式を体験させる破目になってしまった。俺のせいじゃないけど申し訳ない気分になった。




男一人のエア結婚式



 さて慣れない結婚なぞしたせいか、いままで開戦の気配すらなかったにも関わらずいきなり南軍とメキシコ第二帝政の間で戦争勃発。
 よっしゃあついに戦争じゃあ!と村に大量駐留させておいた兵たち(街と違って村はどんだけ兵を置いても給料が発生しないのでオトク。旦那の領地に置くのでも可)を引き連れてチャールストンから海路でカンクンに上陸し、以前の戦いから釈放されたばかりで戦力が整っていない敵ロードたちを次々と撃破していく。
 どうも今回の戦争は相手側から吹っかけてきたらしいのだが(あんだけナメた真似されたら、そらキレるわな)、そもそもメキシコ共和国と戦争中だったうえ以前の俺の暴虐行為が尾を引いててけっこうボロボロな状態での開戦となったので、わりと楽に攻略が進行。フッフッフッ、そんな状態で二正面作戦なんか挑んだらイカンぜよ。
 いよいよメキシコ第二帝政も崩壊寸前、といったところでなぜか我が南軍がメキシコ共和国にも喧嘩を吹っかける。おいおい何考えてんだ!?
 モタモタしていられないので速攻でメキシコ第二帝政を滅ぼしたが、攻め落とした領地にほとんど守備隊を置かなかったせいで若干の被害が免れない。というか仲間(自勢力のロード)がちっとも協力してくれない!おまえら勝手に戦争始めておいて傍観決め込むってどういうことだよ!?
 
 仕方がないので仲間はいないものと考えて対メキシコ戦を開始する、もし停戦を挟むことなく敵を滅ぼせればここでゲームセットと相成るわけだ。多少の無理がきくのは優秀なコンパニオンによる数の暴力が可能だからである。
 ちなみにメキシコ共和国の兵にはメキシカン・ランセロ(ランサー)というユニットが存在するのだが、こいつの武器がなんと槍オンリー!しかも騎兵ではなく歩兵である。ほぼ全てのユニットが銃を所持している本MODにおいて、あまりの地雷ぶりに驚きを禁じ得ない。それでなくともリロードに時間がかかるマスケット銃持ってる連中ばっかりなのに。
 時代遅れのランサーを蹴散らしつつ、南から徐々に北上し最終決戦に挑む。…本当は味方が北から攻めてくることを見越して挟み撃ちを狙ってたのだが、どういうわけか戦闘に参加する気配がなく。どうもこのあたりのタイミングで祝宴が開かれて、皆そっちに行ってしまったようなのだ。なにやってんだよ!




メキシコ…?



 最後の砦に立て篭もっていたのはかつて北軍に所属していたワイルド・ビル・ヒコックとケイレブ・スミスであった。面子が面子だけに、なんとなく感慨深いものがある。




戦闘終了のお知らせ



 そんなわけで南軍勝利、ついでに実績解除。
 …そういえば、砦や街と同じように村に守備戦力を置けるのってNativeにはない仕様だったっけ?けっこう色々遊びやすく調整されてるんですよねこのMOD。ただまあ、しょっちゅう村が盗賊に襲われてるのは一長一短ですが(友好度を上げやすいぶん、ちょっとしたアクセスしたいときに盗賊戦を挟まざるを得ない状況が多くなる)。
 特に本作は威力の高い銃火器メインで事故が起きやすいですし。












異界からの勇士たち



 そのあとはCall to Armsでコンパニオンをオリキャラに差し替えて遊んでたりしました。試行錯誤しながら色々と試してはいるんですが、このアイデアはちょっと没りそうな感じ。
















1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
忍者ブログ [PR]