忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2019/02/27 (Wed)18:38







The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
"Ghost in Madness" #10

- エルダースクロールズ4:シヴァリングアイルズ -

【狂気の島と死霊娘】第十回









ジアン:「緑に囲まれていると気が落ち着くのである」

 ついに侵攻を開始したオーダーの軍勢を退けるため、フリンジへ向かうジアン。道中、ダイア・ウォレンと呼ばれる洞窟にて休息の一幕である。




 洞窟の最奥には男が一人で暮らしており、話しかけたところ、いきなり襲われたので正当防衛を行使した。死体が燃えているのは斬り捨てた拍子に偶然、焚き火に向かって吹っ飛んでいったからで、他意はない。
 トレイリウスというらしい、この魔術師風の男の日記には、かつてともに暮らしていた恋人への想いが綴られていた。この手記を見る限り、悪人ではなさそうだが…あるいは、ジアンが迂闊にこの場へ足を踏み入れさえしなければ、彼はまだ孤独なその生を永らえさせていたのかもしれない。









 続いて、ノットボーン・チェンバーと呼ばれる洞窟を調査する。
 ここではグラマイト(エラっパリ)とエリトラ(昆虫型)がナワバリ争いを繰り広げていた。グラマイトのトーテムがあるところを見ると、もとはグラマイトの生活圏だと思われる。
 クリーチャー同士が争う場面はなかなか見られないので、しばらく観察したのち両成敗した。




ジアン:「フーム…興味深い。彼らはこれを何に使う気であろうか?」

 地下の遺跡部分にて、狂気の鉱脈を発見する。採掘している途中らしく、周囲にはハンマーや鎌といった道具が置かれていた。人間の手によるもの…ではないだろう。おそらくはグラマイトがこれを掘っていたに違いない。
 少なくとも彼らは道具を扱える知能を持っている。棍棒を振り回すだけでなく、刃物に毒を塗ったり、弓矢の扱いを知っている。ひょっとしたら、彼らの扱っている武具は狂気の鉱石を材料としているのかもしれない。クルーシブルのカッターが鍛えたものと比べれば、その出来に雲泥の差はあるが。




 また、彼らは光り物を収集する癖があるようだ。あるいは、特定の個体が好んでいるだけかもしれないが。
 グラマイトのキャンプ、寝床に置いてある宝箱の中に、アクアマリンやトパーズといった宝石や金貨などを確認できた。グラマイトに貨幣制度の概念はないだろうし、彼らが身につける服飾品には金や宝石をあしらった華美なものは見られないので、たんに、物珍しさゆえに収集しているに過ぎないと推察できる。

ジアン:「いずれ、この半漁人どもが人間並の高度文明を持ったりするのであろうかのう」








 ザセルムと呼ばれる砦の入り口で、ゴールデン・セイントがクリーチャーと戦っている場面に遭遇、助太刀に向かう。

ジアン:「しかし、ここはすでにディメンシャの領域だと思っていたが。境界近くでは持ち場でない領域へ足を踏み入れることもあるんだのう」

 通常、ゴールデン・セイントはマニアの領域を、ダーク・セデューサーはディメンシャの領域を巡回している。いずれもこの地の治安を維持する存在ではあるが、両者は互いに憎しみあっており、殺し合いに発展することも珍しくない。




ジアン:「これは…えぐいのー」

 ザセルムは魔術師の実験施設と思しき施設で、さまざまなフロアで人体実験を行った形跡が残っていた。あるいは、クリーチャーの生態を研究するために人間を実験材料に使っているケースが多いか。
 たとえば現在ジアンがいる場所では、壁に張りつけられた人間に向かって無数の毒針を撃ち出すトラップが作動するよう設計されていた。そのすぐ下には、まだ新鮮な人間の死体が転がっている。
 なんの実験だろうか?罠の実用性についてか?人間の耐久力についてか?あるいは、ゾンビの耐久力を試していたのかもしれないが…




 また別の場所では、多数の死体が宙吊りにされている光景を目撃する。床にこぼれた大量の血液、雑に置かれた陶器の皿を一瞥。

ジアン:「血抜き、であるか。食肉の確保、というより、血を集めることが目的のように見えるな。魔術的な実験の材料か…新鮮な生き血であれば私も欲するのだが、腐っているものはさすがにのー」

 カルトが科学力を結集して蘇生させたサイバーゾンビであるジアンは、肉体の維持に定期的な血液の交換を必要としている。血液の確保が困難な地域での活動を想定し、常に一定数の血液パックを保有してもいる…緊急時は人間から生き血を抜き取ることも辞さないが、そもそも、新鮮な人間が存在しない土地というのも存在するのだ。




 さらに奥へ進むと、研究室と思しき部屋で多数の虚空のエキスを発見する。たしか、肉体の精霊の核として使われている物質だ。
 肉体の精霊はどこか、人造物を思わせる外観をしている。すくなくとも他のクリーチャーとは由来の異なる存在であることは確かだ。そういえば、この塔の入り口にいたのも肉体の精霊だった。ひょっとしたら、この塔の主は肉体の精霊を造るための実験をここでしていたのかもしれない。
 この塔で実験を行っている何者か、魔術師か、あるいはシェオゴラス本人なのか?この悪趣味ぶりは以前関わったゼディリアンに近いものがある。
 実験施設そのものは最近まで使われていた痕跡がある。しかし、塔のさらに奥へ続く扉は専用の鍵で施錠されており、開けることができなかった。爆薬でふっ飛ばしてもいいのだが、塔ごと崩れても面倒だ。いずれ、ふたたび立ち寄ることもあるだろう。








 シヴァリング・アイルズの幻想的な夜景に、遠い火星の地へ想いを馳せる。
 ジアンが元の宇宙へ戻れる日は来るのか…



 [次回へつづく]


















PR
2019/02/24 (Sun)00:19







The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
"Ghost in Madness" #9

- エルダースクロールズ4:シヴァリングアイルズ -

【狂気の島と死霊娘】第九回









 ついにシル女公爵と対面したジアン。三対一の戦闘はジアンの優勢で進み、先に護衛のダーク・セデューサー二人を始末したまでは良かったが、ただの臆病な陰気ババアと高を括っていたシルが意外にも強かった。普段の執政姿とは異なる、年甲斐もなく露出度の高い戦闘装備からも自信のほどが窺える。

シル:「どうした、そんなものか!小娘!」

 ガギンッ、大きく振りかぶったシルの一撃でジアンの右手からサブマシンガンが弾かれる。
 だがしかし、勝ち誇ったたった今の一撃で生じた隙をジアンは見逃さない!




 シルが勝利を確信した刹那、ジアンはカタナを一閃させ彼女の首を刈り取る!
 どうと音を立て為政者が血の海に沈む、悲鳴をあげる間もなく、ディメンシャ女公爵は息絶えた。




 ジアンはその場にひざまづき、儀式用のナイフでシルの心臓をえぐり取る。

ジアン:「これにて一件落着、であるか。随分と血生臭い結果になってしまったが、致し方あるまい」

 あとはこの心臓をサセラム・アルデン=スルへ持ち帰るだけである。








 ジレサルドのさらに地下にはズィーロットの隠れ家があり、布団も敷いてあったのでひとまず今夜はここで休息を取ることに。
 しかしシルを仕留めたことで気が緩んでしまったのか、ジアンは暗殺者の接近を許すことになってしまう。




ルシエン:「どこだここ」

ジアン:「あんた誰なのん…?」

 ジアンの前に突如として現れた黒衣の男、名をルシエン・ラシャンス。闇の一党と呼ばれる暗殺者集団の幹部ブラックハンドの殺し屋である。シロディールという大陸からやってきたらしい、あれやこれやと話を持ちかけてくるが、そもそもワームホールの事故で太陽系から直接シヴァリング・アイルズへ不時着したジアンにとってはチンプンカンプンだ。
 とりあえず、彼のことはジアンの中で「売れない短剣をくれるおっちゃん」として記憶されることになった。




ルシエン:「さらばだ、成果を期待しているぞ」

ジアン:「ところで、このスイッチはなんであるか?」




 ガコッ。

ジアン:「あっ。」

ルシエン:「アーーーーーーーーッ!!」

 言いたいことを言うだけ言って立ち去ろうとするルシエンを、落とし穴の恐怖が襲う。
 なお彼は高空から落下したにも関わらず、無事、その健脚でシェイディンハルまで戻ったという。
 それはともかく。








 ジレサルドを脱出したジアンは、外で待ち構えていたダーク・セデューサーたちを撃破。

ジアン:「これで全部であるか?」

 岩の上から狙撃してきていた弓兵を始末し、遠目に見える、朝靄に包まれた王宮を一望する。すでに夜は開け、朝日が東に昇っていた。




 サセラム・アルデン=スルへ戻ったジアンは祭壇にシルの心臓を捧げ、正式にディメンシャ女公爵の階位に拝命された。…いままで建物内に死体などぶら下がっていただろうか?
 シェオ爺のありがたいお言葉の途中、マニア公爵セイドンが血相を変えて乱入してくる。




 どうやら彼は今回の交代劇にあまり良い感情を抱いていないようだ。

セイドン:「シルが死んだ?そして、この余所者が新たなるディメンシャの公爵だって?正気なのですかマッドゴッド?いや、正気ではないからこそのマッドゴッドの名であり、今回のこの気違い沙汰を喜んで眺めているというわけか!」

ジアン:「私では駄目であるか…?」

セイドン:「色目を使うんじゃない、この生き腐れめ、私にネクロフィリアの趣味はない!もういい、たくさんだ、シェオゴラス!もうあんたにはついていけない、私はジャガラグにつく!すでに彼の軍勢はフリンジを制圧した、私はそこへ合流し、オーダーの司祭となってあなたに牙を剥くことになろう!」

ジアン:「オーダーの司祭?まさか、あなたもザビエルハゲだというの!?」

セイドン:「違う!」

ジアン:「ならば何故!?」

セイドン:「君の話の要点がわからん!」

 シェオゴラスの制止(というか煽り)も虚しく、セイドンはかつての主人に背を向け建物を出て行く。それを阻止せんと、その場にいたゴールデン・セイントとダーク・セデューサーたちが剣を抜いたが、シェオゴラスはセイドンへの攻撃を許可しなかった。
 どうやらシェオ爺はセイドンの裏切りをも今回の騒動を盛り上げる演出の一環と捉えているらしい。

シェオゴラス:「狂気の門を抜け、いまふたたびフリンジへと戻るがよい、ザ・ニュー女公爵よ!現地の抵抗勢力と協力してジャガラグの手勢を打ち破るのだ!」

ジアン:「ところで、あのおっちゃんが裏切ったということは、現在はマニア公爵の地位も空席ということであるか?せっかくなので私がダブル公爵ということにはならないだろうか?」

シェオゴラス:「それはいかん、権力者の地位というものはきちんとした作法に則って継承されねばな。とはいえ、ヤツが敵として立ちはだかるのなら、おぬしはそれを打ち破るであろう。そうなれば、あのオッペケ画家気取りを伝統に従って毒殺することは不可能になるというわけだ。となるとマニア公爵の地位は永遠に受け継がれないままということになり、うーむ?まあ、そうならそうで何か代案を考えるとしようか、なにせほら、私はこの国の支配者であるからしてな」

ジアン:「いまのところは?」

シェオゴラス:「そう、いまのところはな」



 [次回へつづく]


















2019/02/21 (Thu)02:28







The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
"Ghost in Madness" #8

- エルダースクロールズ4:シヴァリングアイルズ -

【狂気の島と死霊娘】第八回









 命懸けの聖火リレーをどうにか完遂し、サセラム・アルデン=スル内に安置されているディメンシャの大灯台にアグノンの炎を灯したジアン。聖火リレーやろうぜ!おまえが松明な!
 そこへ我らがシェオ爺が登場し、次なる使命を課してきた。マニア側かディメンシャ側どちらか一方の統治者になれ、というのである。もっとも統治権を継承するには伝統ある儀式に則る必要があり、同時にそれは現公爵(以前仕事を依頼してきたマニア公爵セイドンorディメンシャ女公爵シル)の解任をも意味する。
 解任…しかしここシヴァリング・アイルズでは、権力者に平穏な隠居生活などというものは用意されていない。継承の儀式はマニア側とディメンシャ側で内容が異なり、もとは単一の伝承だったものが解釈違いで二つに分かれたらしいが、いずれも現公爵の血を祭壇に捧げることに変わりはなく、その過程が「毒殺」か「心臓を抉る」かの違いでしかない。
 要するに、現公爵を殺して成り代わるしかない、ということなのだ。

 もとよりジアンはディメンシャびいきなので、かつて暗殺計画を阻止し命を救ったシル女公爵を、今度は自分の手で殺すことになる。とはいうものの、たいして恩義があるわけでもなく、殺すことに抵抗があるわけではないが。
 また逆説的に、統治権の継承後は殺さなかったほうの現公爵と付き合っていくことになるので、「殺さず今後付き合うのはどちらが良いか」という点から見ても、陰気な被害妄想ババアより色ボケ薬中ジジイのほうがなんぼかマシである。…たぶん。

 ところでこの教会の司祭たち、シェオ爺さまを前にしてもこれといって反応しませんね。




ジアン:「なるほど、側近の協力を得よとはこういうことか」

 ディメンシャの司祭長アルクタスに儀式について聞いたところ、シルを始末するには彼女の側近であるキスラン、アンヤの協力を得るべきだと助言されたジアンは、その必要性に疑問を抱いていた。
 曰く、ただ宮殿へ赴き玉座にふんぞりかえっているシルの首を落として心臓をブチ抜いてくれば良いのではないか、と。
 しかしながら玉座の間は無人であり、どうやらシルはシェオ爺がいずれかの地域の統治者の交代を望んでいることに気づいて身を隠してしまったようなのだ。
 儀式が本当に伝統あるものだとすれば、シルも前任者の心臓をブチ抜いて今の席に座っていることになる。次はそれが自分の身に降りかかってくる、とわかれば、警戒するのも当然のことだろう。
 ジアンはキスランやアンヤと接触し、ディメンシャ公爵の私室へと潜入を試みる。




 普段は専用の鍵で施錠されており、何人たりと侵入を許されない個人庭園にてダーク・セデューサーの襲撃を受ける。

ジアン:「なるほど、現統治者の配下からしてみれば、私は逆賊ということであるか。というか、これっていわゆるクーデターというやつなのではないか?」

 かつてシラルンの遺跡でともにゴールデン・セイントと戦い、まして今後臣下となるであろう者たちを手にかけるのはいささか気が引けるが、反乱闘争ってこういうものなので仕方がない。




 庭園と私室内部の警護兵を始末し、寝室へとたどり着いたジアン。
 そこには呑気にベッドへ横たわるシルの姿が、ときは午後9時。よもや警護を突破して来る者などいようはずもないと油断しているのか、いまその安らかな寝息を止めてくれよう、と近づいたとき、側近のキスランがジアンを呼び止めた。

キスラン:「これは影武者だ!シルがこの手を使うのはこれが初めてではない…」

ジアン:「影武者?あ、死んでる…そういえば顔つきも違うような。のんきこいて寝ているのではなかったか…」

 キスランの言によれば、本物のシルはすでに隠し通路を使ってジレサルドに立て篭もったという。当初想定していたよりもだいぶ骨が折れる、てごわい相手である。
 庭園にあるシェオゴラスの胸像に隠された仕掛けを使い、ジアンはシルの後を追う。








 ジレサルドと呼ばれるダンジョンには幾多の殺人トラップが仕掛けられており、さらにシルへ忠誠を誓うダーク・セデューサーたちが至るところに伏兵として潜んでいた。
 敵を撃破しつつ、ジアンはさらに地下施設の奥へと向かう。




ジアン:「フム、バリケードであるか。これはますますもって、内戦の如き様相を呈しておるのう」

 シルが居るらしい深部フロアには、椅子や机といった家具を積み重ねて築かれたバリケードが設置されており、先へ続く扉も大量の家具で塞がれていた。
 扉の向こう側には、ダーク・セデューサーたちが息を潜めて身構えている気配が感じ取れる。どうやらジアンがバリケードを排除し疲れ果てたところを集中攻撃しようという算段らしい。

 だが…




 ドガッ!!

 爆発とともに、扉の向こう側で待ち伏せしていたダーク・セデューサーたちはバリケードもろとも吹っ飛ばされる。




ジアン:「バリケードを使った篭城なぞ、火星ではこーなる。私もこーする」

 いつぞや宿の壁にかけておいた個人携行型ロケットランチャーを携え、ジアンは瓦礫と化したバリケードを踏み越える。
 得意げに啖呵を切ったようだが、こうした火器の使用にはリスクも伴う。いつから存在するかもわからない古い建築物、石材が劣化していれば爆発の衝撃で建物ごと崩れる可能性がある。天井が崩落すればジアンもろとも生き埋めになってしまうだろう、まず助かる見込みはない。
 そんなわけで、ロケット弾による攻撃はこの一発限りとジアンは決めていた。

 さらに先へと進み、道中の護衛を斬り伏せたジアンはついにシルと対面する。




ジアン:「下克上なう。抵抗は無意味と知れ、大人しく素ッ首を差し出すがよかろう」

シル:「おのれ小娘、貴様のような得体の知れぬ新参者におめおめと公爵の座を渡すと思うてか!私がこうして命を狙われたのが初めてだとでも?とんでもない、返り討ちにしてくれる!」



 [次回へつづく]

















2019/02/17 (Sun)20:31







The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
"Ghost in Madness" #7

- エルダースクロールズ4:シヴァリングアイルズ -

【狂気の島と死霊娘】第七回









病弱バーニス:「…その、説明が欲しいのですが」

ジアン:「そうであるか」

 狂気の島シヴァリング・アイルズでの活動における拠点をかまえるため、クルーシブルの宿屋「病弱バーニスの酒場」で部屋を借りたジアン。彼女が部屋へ運び込んだ「私物」の数々は、およそ常識の範疇を越える代物であった。




病弱バーニス:「その大きな機械…機械…?は、なんですか?」

ジアン:「地形探査機である、この島全土の情報が蓄積されているのだ。もともと宇宙船の一部だったものを、切り離してここへ持ち込んだのである」

病弱バーニス:「宇宙船…?それで、テーブルの上にあるのは…」

ジアン:「弾薬や爆薬であるな」




病弱バーニス:「この壁にかかっているものは何ですか?クロスボウ?」

ジアン:「銃である。このあたりでは見かけないであるな?上の二挺はシムカ型フリーザーガン、左下は高出力レーザーガン、右下は半自動式小型ミサイルランチャーであるよ。その下の大型の機械は発電機で、これを使って地形探査機等の動力を賄っているのであるな」

病弱バーニス:「こちらの、棚の上に乗っているのは…」

ジアン:「マイクロスコープと解析装置である。この島は資源が豊富で興味深いものが沢山あるのでな、それらの調査にこうした機材が必要なのである」




病弱バーニス:「あの、上に掛かっているものは?」

ジアン:「20mm口径のバルカン砲である。もとは車載用なのだが、いちおう部屋に運び込んでおいたのである。まあ、インテリア用であるな。この建物の石壁くらいなら、簡単に粉砕できるであるよ」

病弱バーニス:「やめてください」




病弱バーニス:「この豪華な食事は、私が用意したものではありませんね」

ジアン:「マニア公爵の食事を真似て作ったものである」

病弱バーニス:「他には…」

ジアン:「携帯用のラップトップ・コンピュータ、データディスク、輸血パックといったシロモノであるな。私のこの身体は、定期的に血液を新鮮なものに交換する必要があるのだ」




病弱バーニス:「これらの植物は、この島由来のものですが…いったい、どうやって運んできたのです?そもそも、なぜ…」

ジアン:「削岩用のレーザーガンで切除して持ち込んだのである。この島の植物は食用に向いておるようなので、こう、部屋の中で生育しておけば食べるに困らんと思うての。あとはまあ、研究用であるな。それに、植物に囲まれて寝ると、こう…心が落ち着くのであるよ」

 火星の辺境で長い時間を過ごしたジアンにとって、緑あふれる大地というのはさながら理想郷のような光景であり、そこかしこに可食できる植物が存在することもまた、劣悪な食糧事情に悩まされていた火星での生活を考えると夢のような環境であった。
 そうした点から、ジアンはこのシヴァリング・アイルズに多大な関心を抱いたのである。
 また墜落した宇宙船の再起動に必要なエネルギーが不足しており、その解決にオーダーのオベリスクが使えるのではないか、という目論みもあった。彼女はこの物質が未知のエネルギー資源ではないかと考えたのである。









 メインクエストを進めるためシラルンの遺跡へ向かう途中、またもオーダーのオベリスクに遭遇。せっかくなので無力化しておくことに。
 オーダーの司祭はシェオゴラスを裏切りジャガラグについた島の住民らしく、であらば中身が普通の人間なのも道理である。それなりの戦闘力を有しているのは、ジャガラグに力を与えられたのか、それとも元々素質のある者が司祭に選ばれるのか…
 司祭によって中の人の種族は違えど、髪型は皆同じザビエルハゲの様子。




 道中で幾つかサブクエストなぞをこなしつつ、目的地に到着。近くに非活性状態のオベリスクが存在するのがなんとも不気味である。
 シェオゴラスの指示は「アグノンの炎を灯し、それを持ち帰れ」というものだが、具体的に何をすれば良いのか、そもそも何故それが必要なのかはすっかり忘れてしまった。というか、説明するほうも大概気が違えているので、何を言っているのかよくわからなかった。

 ここではダークセデューサーとゴールドセイントがナワバリ争いをしており、アグノンの炎を灯すにはどちらか一方の側につき、もう一方を殲滅する必要があるそうだ。
 どちらかで言えばディメンシャ側に愛着があり、また肌の色も似ている…というわけでダークセデューサー側に加勢することに。とはいえ、明確な意思決定をするまでは双方の陣営に行き来することが可能なため、一通り情報収集を行うことに。
 結果、ゴールドセイント側には「地下道を通り奇襲をかけるべし」と吹聴した一方で、ダークセデューサー側に「連中に地下道を使うよう唆したので罠を張っておこう」と助言。
 かくして罠にかかったゴールドセイント達は一網打尽にされ、ジアンはダークセデューサーの協力を受けることができたのであった。




 アグノンの火を灯す条件、それは片一方の指揮官がその身を犠牲にするというものであった。「シェオゴラスに仕える者として最大の栄誉であり、この日が来ることを待ち望んでいた」とダークセデューサーの指揮官ウルフリは言ったが、それでも、この挺身に悲しみを覚えずにはいられない。
 あるいは、そのような感想を持ったのは、彼女の部下たちがその死を悼むかのように炎に祈りを捧げている姿を目にしたからであろうか…









 さて祭壇に火が灯ったことでアグノンの炎が現れたわけだが、いかにしてこれを持ち帰るか?
 松明にでも受けるのだろうか、などと思って近づいたところ、ジアンの全身にアグノンの炎が回った。

ジアン:「燃えるー!焦げるー!私はまだ埋葬されたくないぃッ!」

 彼女は死霊、要するにゾンビである。炎に対する嫌悪感は人一倍強い。
 これにより魔法効果「アグノンの炎」を得たわけであるが、見た目が変化した以外にこれといって影響はないようだ。さて、身体を張った聖火リレーを完了させるためにサセラム・アルデン=スルへ向かおう。



 [次回へつづく]
















2019/02/14 (Thu)18:51







The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
"Ghost in Madness" #6

- エルダースクロールズ4:シヴァリングアイルズ -

【狂気の島と死霊娘】第六回









 マニアの公爵セイドンの依頼でダンルート窟へと向かったジアン。そこには原生生物なのか魔法生物なのかはわからないが、通行人を襲う危険なトラップで一杯だった。
 探しているのは「反転の杯」と呼ばれる道具。
 特定のエリトラ(昆虫型のクリーチャー)から採取できる、フェルデューと呼ばれる物質(蜜?体液?)は摂取することで多幸感を得ることができるが、強力な中毒作用をも併せ持つ。そして反転の杯はフェルデューの中毒症状を無効化し、安全に摂取できる道具だということだった。
 要するに、中毒の心配なくヤクをキメれるステキ道具ということだ。

 ダンルート窟へ侵入するには事前にフェルデューを摂取している必要があり、当然、反転の杯を所持していないジアンは深刻な中毒症状に見舞われることになる。
 がしかし、症状が致命的なまでに進行したとしても、そこまで大幅にステータスが下がるわけではない。基本的には中毒を抑えるためにフェルデューを摂取しつつ探索する、という流れになるのだろうが、それなりに育ったキャラクターであれば中毒を無視して探索を続行することも可能だ。




 「堕ちた聖域」と呼ばれる最深部に差し掛かると、突如として天然の洞窟に人工的な造形物が姿を覗かせる。おそらくは千年周期で訪れるグレイマーチで破壊された旧文明の名残だろうか?
 得体の知れない怪物が潜んでいるかもしれない、と思ったものの、そこにいたのはダンボールが似合いそうな不法居住者たち…脳の髄までフェルデューがバッチリ決まっているらしく、ジアンを見るなり素手というか素っ裸で襲いかかってきた。




 丸腰相手に銃は使わない、儀仗で応戦だ。
 おクスリで腐り果てた脳を(物理的に)叩き直し、もとい叩き壊し、反転の杯を入手。
 …この杯があれば中毒にはならないと聞いていたのだが。中毒者たちは使い方を知らなかった(あるいは間違えていた)のか、あるいは服用量が多過ぎて杯の許容量をも超えてしまったのか。まあ、もうどうでもいいことだが。








 王宮への帰路につく途中、イングヴァー・ドゥームセイヤーというノルドのおっさんと遭遇。ここシヴァリングアイルズのみならず、シロディールでも路上を徘徊するNPCは珍しいので驚いてしまった。顔が関根勤にそっくりだ。
 というか先頃のクエストでしこたま拷問にかけた記憶がある。あのときは申し訳ないことをした。
 こんな土地柄でも素肌をもろ出して肉体美を誇示するありさまはさすがノルドというべきか。
 なおドゥームセイヤーというのは終末論者のことであり、決してドゥームスレイヤーの誤字ではない。ドゥームスレイヤーだったら地獄で悪魔を殺し続けるヤバイ奴になってしまう。そっちの人もBethesda傘下ではあるのだが。…なんの話だ。




 そしてふたたびのオベリスク封印戦である。
 基本的にやることは毎度変わらないので内容は省略するとして、今回は二挺銃での戦いだ。実際のところ銃撃戦に使えそうなポーズはMOD含めてもそんなに数がないので、そろそろ自作する必要性を感じている。




 戦闘ののち王宮へ帰還し、セイドン公爵に杯を渡したあとマニア/ディメンシャ両公爵から信頼を得たことをシェオ爺さまに報告する。そのポーズ、DOS時代のTESシリーズっぽくてすごく良いです。
 次なる任務は…えぇと…どっか行って、なんかやってこい、だそうです。







 シヴァリングアイルズでの活動において、その中心となる拠点を構えたいのだが、どうにもそれらしい施設を見つけることができない。
 仕方がないので、クルーシブルにある宿屋「病弱バーニスの酒場」の一室をそれらしく仕立て上げることにする。




ジアン:「というわけでだね、しばらくこの地に滞在するにあたって、この宿の一室を当分貸し切りにしてほしいのだ。無論、先に金は払うでござる」

病弱バーニス:「お代さえ頂けるのなら、私は別に構いませんが…ゴホッゴホッ」

ジアン:「そうそう、部屋に荷物を運び込むので少し騒がしくなるかもしれぬ」

病弱バーニス:「???」

 なにやら不穏なジアンの物言いに疑問を覚えるバーニス。
 事実、ジアンが泊まるようになってからというもの、轟音や妙な機械音が止むことなく鳴り続けている。
 狂気の王のお膝元たるこの地ではそう珍しいことでもない…と言い切れないのが難しいところであって、けっきょく、耐えかねたバーニスはジアンに化した部屋の様子を見に行くことに。

病弱バーニス:「あの、お客様。できればもう少し、静かにしていただけると…」




病弱バーニス:「…って……」

ジアン:「おや御主人、如何されたであるか?」

病弱バーニス:「如何されたって…お客様、これはいったいどういうことですか!?」

ジアン:「いや、私物を部屋に入れただけだが…」

病弱バーニス:「私物!?これが、全部私物ですか!?」




【びふぉあ】




【あふたー】



 [次回へつづく]



















1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
忍者ブログ [PR]