忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2018/07/29 (Sun)21:49







>Read_log



Cataclysm : DDA - Replay 4th
【 終末の紅葉:Log_11 】

熟練のサバイバー:ノーマン・パトリックは
多数の生存者たちがいる避難センターへと辿り着く
様々な依頼をこなしオールドガードの執行官となった彼は
センターを出てふたたび放浪の旅へ出た…







>Day_141 道路
 三年目の春か。
 現在地は最寄に避難センターのあるブルックスから北東、ベルビデーレの街。プレッパーたちを追い、街の半分ほどを制圧したのだったか。さて、残りのゾンビどもも始末し、住居を探索するとしよう。
 工具店の表の陳列棚に大量の化学肥料を発見する。そうか、園芸用品はここに来れば良かったのか…もう関係ない話だが。いや、依頼を受けていたのは液体肥料だったか?化学肥料はテロリスト愛用のアンフォ爆弾の材料にでもなるのだろうが、あれを作るのはわりと大変だし(素人でも作れる、という点では確かに手軽だが)、日保ちがしない。爆破したくなるような相手はもう殺してしまったし。まあ、存在だけ覚えておけばいいか。
 食料品点でラムコークを見つけたので、ドキドキしながらラムダに飲ませる。また、チーズスプレッドの缶詰があったので食べさせた。全部は食べ切れなかったらしい、三分の一ほど残したが、量が減っているだけでやはり缶は開いてなかった。ひょっとしたら彼女はスタンド能力の持ち主なのかもしれない。
 探索の途中で倒した放電ゾンビの死体を解体すると、内蔵工具CBMを発見した。アレッ、そういえば、俺はまだこの超万能CBMを移植していなかったのか?どうりで車輌改造がはかどらなかったわけだ…役に立ちそうなCBMは一通り埋め込んだと思っていたが、とんだ見落としがあったものだ。
 さて、なにはともあれ、そろそろラムダにまともな武器の一つでも持たせてやりたい。生体兵器だから、こう、ハッタリのきいた武器がいいな。野太刀なんてのはどうだろう。製造法の書かれた本は持っているが、避難センターに金床や金属加工セットが置いてあるはずという目論みは見事に外れた。まずはカタナの建造設備を揃えなくては。なあに、材料は車の一つや二つも潰せば調達できるだろう。
 街中に廃棄されている平床トラックにジェイ=エルを横付けし、まずはるつぼの製作にかかる。それにしても…以前は、溶接機が必要なレシピが内蔵工具CBMで代用できたような気がするのだが、気のせいだったろうか?

>アクティブ・リポート

 るつぼを作った時点で夜になってしまった。金床を作るにはさらに四時間を要する…少し、時間がかかりすぎる。今日のところは平床トラックから材料を剥がすだけ剥がして終わりにしておこう。



>Day_142 道路
 車内で目を醒ました。まだ冬の気配が強い今の時期でも、サバイバー装甲スカウトスーツは適切な保温効果を発揮してくれる。つまり、あと少しもすれば暑すぎる格好になるわけだが。
 先日に引き続き工具の製作に取り掛かる。またいつ必要になるかわからないし、せっかくだから製作した工具はトランクに積んでおくことにしよう。
 午前中一杯かけて金床と火ばさみを作る。その後金属加工セットを作り、野太刀を鍛造するための道具が揃ったことになる。あとはそのへんの民家から木材と革を調達するだけだ。
 すべての材料を揃えて野太刀を鍛造する。所要時間、じつに九時間。あっという間に日が暮れた。だが、まだこれで完成ではない。これを強化してようやく完成となるわけだが、今日はもうそんな時間はない。明日一番に仕上げるとしよう。



>Day_143 道路
 メシを喰い、溶接装置で野太刀を強化する。ようやくラムダにこいつを渡せる日が来たわけだ…うん、よし、凛々しいぞ。あとは上手く使いこなしてくれることを祈るばかりだ。
 せっかくなので街を出るまえに外周をぐるりとまわり、ケシの芽を摘んでおく。それを材料に鎮痛剤を作り、医療系変異原物質を二回ほど作った。が、駄目だ、材料が全然足りない。そのへんに研究所か、病院でもあればなあ。
 地図を見ると、北に洞窟が見えた。ちょいとネズミの王を退治に行くか。居れば、の話だが。洞窟の近くまでジェイ=エルで乗りつけ、ラムダを入り口の近くに立たせて洞窟内に入る。中にはコウモリが…ああ、ハズレのほうだ。仕方ないので、先日兵士ゾンビから奪った手榴弾を放り投げてから洞窟を出た。
 ここから少し東へ行くとガソリンスタンドがあり、さらに北へ行くと道路が途切れた場所へ出る。どうやら、一人だけ生き残ったプレッパーもそこへ向かっているようだ。接触しようとしまいと、特に何かが起きるということはないだろうが。
 キャビン風の木造建築という以外に特徴のないガソリンスタンドを抜け、到着したのはウォルポール地区だった。なんか、すぐ南にまったく同じ名前、似たような構造の地区があるのだが、姉妹関係か何かだろうか。
 周囲が森や湿地ばかりなので、ためしに偵察ツールを起動する。俺が普段こいつを使わないのは、「地図で判明している場所=すでに行ったことのある場所」という前提が崩れるからだ。今回に限っては、森の中に特殊な施設がありはしないかと思ってのことだったが、生存者のキャンプがある以外は特にこれといった施設は見つからなかった。
 民家を捜索中、ふと思いつきでラムダに缶ビールを飲ませてみた。その後缶を受け取ると、やはり開いていない。俺が缶飲料を飲むと「開いたアルミ缶」になるのに、ラムダに飲ませると、ただの「アルミ缶」になるのだ、この現象、これといって役立てる方法が思いつかないのがなんとももどかしい。
 さて、これからどうしようか。一旦、避難センターまで引き返してから進路を北西に取り、グラボイドを討伐したパルミラからさらに北へ向かうとしよう。そこには軍の掩体壕がある。バレットとかあったら、ラムダに持たせてやりたいところだ。
 引き返す途中、ミ=ゴを発見したので倒したところ、遠くから戦闘音が聞こえてきた。奴隷兵士と生体欠陥兵器が戦っている。数日前は見かけなかったが…とりあえず、レーザースナイパーで全員始末する。
 生体欠陥兵器の死体から摘出した蓄電装置Mk.IIを分解し、製造法を理解する。しているあいだ、グラッケンが巨大スズメバチに殺されておった。あいつ、無害なのになあ…そんなことをしているうちに日が暮れたので、ウォルポールとベルビデーレの間にある木造のガソリンスタンド内で休息をとることにした。



>Day_144 ガソリンスタンド
 出発しよう。
 鎮痛剤の材料となるケシの芽を採取しつつベルビデーレ、ブルックスを経由しパルミラに到着、さらに先へ進む。ケシは真っ赤な花を咲かせるので、遠目からも目立って見つけやすい。ハカマオニゲシかな?普通は鎮痛剤を精製するのに大量の原料が必要になるが、こいつは何らかの突然変異を起こしているらしい。その原因が放射能か、ブロブか、別次元の何かしらの影響によるものかまではわからないが…
 0900時に掩体壕に到着。地下の物資保管庫を探るが、役に立ちそうなものはM855弾薬が一箱のみだった。なんだか、ロクなものが見つからないな…昔はもっと、珍しい装備があった気がするのだが。
 北に山小屋が見えたが、そちらは無視して西のニューバインヤードへ向かう。そこからさらに西へ向かうと、パウルトニー/ニューポートヤードがある、かなり規模の大きな街だ。近くに超大型店や大邸宅、FEMAキャンプも見える。
 まずはニューバインヤードの捜索だ。そういえば先日、奴隷戦士の死体から人肉パイを作ってみたのだが、ラムダは嫌がって食べてくれなかった。生体兵器も人肉食には抵抗があるのか。ルーテフィスクみたいなゲテモノは普通に食べるのに。
 ニューバインヤードには特に何もなかったので、西へ向かう。ニューポートヤードに到着、多数のゾンビと戦いながら街の一画の安全を確保した。また、ゾンビの死体から文明復興シリーズの弓編を入手。夜にそれを途中まで読んでから寝た。



>Day_145 家屋
 どうにか何者にも襲撃されずに朝を迎えることができた。街の掃討が済んでいないあいだの民家での宿泊はわりと危険なのだが。それにしても、だいぶ日中の気温が上がってきた。そろそろ着替える必要があるか。
 民家の捜索をしつつ、変異原物質を作っていく。あまり材料ばかり車に溜め込んでおいても仕方がないし、急いで街の全域を調べ尽くす必要もない。とはいえ、収容容積が多いサバイバー装甲スカウトスーツを着ていられるあいだに探索を終えておきたい、という欲求も、なくはないが。
 地下室で蜘蛛を駆除している最中、満腹であるにも関わらず誤ってスイカを食べてしまい、嘔吐。蜘蛛の死体(&卵と子蜘蛛)だらけの地下室で、ぬるいスイカなどを食べたらそりゃあ吐くってもんだ。
 夕方あたりにラムダが疲労を訴えてきたので寝かせてやり、こちらも弓の本を読み終えてから床につく。明日は一番に超大型店へ向かおう。



>Day_146 家屋
 朝食を済ませてから南の超大型店へ向かう。例によって油断しまくりながらボンヤリ車を走らせていると、いきなり超人装甲兵ゾンビが目前に姿を現した。マジかおまえ。レーザー火器に対して遠くからウロチョロするのは悪手なので、車で一気に接近してから格闘戦で倒す。フウ、どうにか服を焦がされずに済んだか。
 店内は巨体ゾンビやフェラル・プレデターなどそうそうたる面子が揃っていた。それら最優先脅威目標を排除しつつ、酸を防ぐ現行装備をアテに強酸ゾンビや腐食ゾンビを近接攻撃で始末する。爆発して酸が飛び散ってもなんともないぜ。

>アクティブ・リポート

 今回はラムダも積極果敢に戦っている。相手が悪いとフリーズするが…どうしても酸や煙と相性が悪い感は否めない。ただし、ただのゾンビ相手ならまったく危な気ない立ち回りをする。さすがは生体兵器だ。
 せっかくなので、さらに南にあるFEMAキャンプまで向かう。大顎ゾンビ、涎垂ゾンビなどの存在を見るに、このあたりのゾンビたちはかなり変異が進んでいるようだ。通常、超大型店に巨体ゾンビなど出てこない。それはともかく、ラムダと協力してゾンビの掃討にあたる。アイテム等の収穫はこれといってないが、もとからゾンビ退治が目的なので問題ない。
 その後北上し、パウルトニー/ニューポートランド中間の南部へ。やけにゾンビが多いと思ったら、大型ホームセンターがあるじゃないか!店内の敵を一掃し、外に出ると超人工兵ゾンビからレーザーピストルの銃撃を受けた。咄嗟にトラックの影に隠れるが、身を晒したらまた攻撃される。ここで確率透過CBMを起動、車の反対側に回りこんでいた超人工兵ゾンビの傍まで瞬時に移動し、単分子ブレードの一撃を叩き込む!これぞサイボーグの戦いってものだ、レーザー火器を装備したくらいで超人を名乗るなんざ片腹痛いぜ。
 それにしても、強敵が多いな…油断したらどんな攻撃を喰らうかわからん。用心せねば。



>Day_147 家屋
 この街には超人兵士系のゾンビが多く存在している。遠距離からの狙撃に注意しよう。
 積極的に敵を攻撃するよう指示してあったからか、街を掃討中、ラムダが巨体ゾンビに挑みかかるという珍事が発生。案の定吹っ飛ばされるが、さすが生体兵器と言うべきか、あるいは装備が良いせいかはわからないが、さしたるダメージを受けずにふたたび強敵へ立ち向かっていく。

>アクティブ・リポート

 こちらはライフルを使った狙撃によるアシストで巨体ゾンビにダメージを与え、見事、仕留めることができた。
 途中寄った書店にて、電子工学に関する本「趣味と実益のロボット」を入手。ようやく見つけた、ずっと探していたんだ!こいつにはタレット等の自律機械をコントロールできる、携帯型操作端末のレシピが載っている。材料を揃えたら車に戻り、さっそく作るとしよう。書店のPCを解体してアンテナと信号受信機を製作し、廃電子機器を回収する。あとはノートPCだけだ。ハックプロはこの一帯を訪れた当初から確保してある。



>Day_148 家屋
 鉄線とノートPCって、必要に迫られてから探すと、意外と見つからないんだよな…というのも、ラジオ放送局のPCに接続する無線中継モジュールがいつぞやVaultで作ったものと同じやつだと気づいたので、せっかくだからそいつも作ってみようかと思っているのDA。
 鉄線は金属製の金網を破壊すれば手に入ることに気づいたが、やはりノートPCと中継回路が手に入らない。中継回路のほうは、Vaultではかなり幸運というか偶然手に入ったが、どうやって調達したものか…警備ロボットあたりが積んでるかも、と思い、監視ロボットを呼ぶためにラジオ局の窓ガラスを破壊。警報に呼び寄せられた監視ロボットの前に身を晒すが、俺が身につけている執行官バッヂを見て飛び去っていってしまった。そうか、味方扱いになるのか…いや、今はそれでは困るんだが。
 今度は執行官バッヂを外して監視ロボットを呼び、応援に駆けつけた暴動鎮圧ロボットを破壊する。しかし、こいつも中継回路は積んでいないようだ…



>Day_149 家屋
 ふたたび監視ロボットのカメラに俺の姿を写させ、今度は警官ロボットを破壊する。しかし、こいつも中継回路は積んでいない…電源の生きているPCならどうか、と思い、銀行の金庫のセキュリティに使われているPCを解体してみたが、徒労に終わった。
 この日の大半は街のゾンビどもの掃討に費やされた。



>Day_150 道路
 車内にて起床。さすがにサバイバー装甲スカウトスーツが暑すぎるので、軽量サバイバー装備一式に着替える。これからは電撃や酸、胆汁などの攻撃に気を遣わなくてはならない。
 先日までに街の半分ほど制圧完了といったところか。まだ先は長い。
 凝ったレイアウトの電気店でノートPCを確保、携帯型操作端末を製作する。よし、これでロボットは怖くなくなったぞ。それと、銀行で手に入れた重軍用アーマーを解体してケブラーを取り出し、いままでの戦いで傷ついたサバイバー装甲スカウトスーツを修理する。こいつは裁縫ではなく溶接での修理になるのだな。
 その後、別の電気店で中継回路を入手。そうか、電気店に置いてあることがあるのか。さっそく無線中継モジュールを製作し、ラジオ局へ直行。モジュールの接続を試みる、が、何も起きない…これは、なんだ?送電量が足りていないせいか?ひょっとしてVaultの連中が危惧していたのはこのことなのか?
 どうやら先にEVACシェルターへの送電を遮断する必要があるらしい。しかし以前書いた通り、周囲にEVACシェルターが存在しないので、手の打ちようがない。参った。とりあえず、せっかく作った無線中継モジュールは車に積んでおくとするか。
 夕方あたりからラムダが疲労を訴えてくる。どうしたものか…そうだ、こういうときこそ変異原だ。あれを摂取すると気分がすこぶる悪くなり、瞬く間にベッドにダウンしてしまうという。ちょうど、コツコツ作り続けてきた医療血清が八回分ある。いざとなったらバイオ摘出装置を使えばいい。
 一回目の使用で堅牢な遺伝子を取得、二回目の使用で痛覚耐性と鎮痛(レベル1)と病気耐性を取得、三回目の使用で毒耐性と寝坊助を取得、四回目の使用で神経質と鎮痛(レベル2)を取得。そしてなんと、一度も睡眠を経ずに俺はプロトタイプへの進化を遂げた!

>アクティブ・リポート

 なお五回目の使用で耐酸と感染症耐性と放射線適応を取得、六回目の使用で筋力発達(レベル1)と高速治癒(=低即治癒から変化)と鎮痛(レベル3)を取得、七回目の使用で健忘症と筋力発達(レベル2)を取得、ラスト八回目の使用で無痛と精神分裂症を取得。
 最後にバイオ摘出装置を使い、毒耐性と痛覚耐性と感染症耐性と健忘症と精神分裂症と耐酸と放射線適応が消失、高速治癒が低速治癒に戻った。
 最終的に取得したのは堅牢な遺伝子、寝坊助、無痛、病気耐性、神経質、筋力発達(レベル2)、鎮痛(レベル3)、そしてプロトタイプ…という結果になった。まあ、利の方が大きい、と言えるだろう。なにより、一番最初に堅牢な遺伝子を引けたのが大きかった。
 



>Day_151 道路
 すこしばかり奇妙な夢を見たが、何事もなく目を覚ますことができた。どうやら先日の変異は問題なく俺の身体に定着したようだ。
 そろそろ漂白剤が貯まってきたので、大量の死体を解体しつつ変異原物質の製作にはいる。今回は街中の放置車輌からそこそこの量のM855弾薬を入手できたので、形を保っている死体が多い(素手で倒すとバラバラになるからなあ)。それと、兵士ゾンビの所持していた双方向無線機から中継回路を取り出せることが判明した。
 午前中一杯かけて変異原物質を製作する。大量の死体を一度に捌いたので早くも疲労を感じるが、さすがに太陽が真上にあるうちから眠るわけにはいかない。民家を探索中に発見した無線制御装置(リモコンカー用のか?)からも中継回路を取り出せることがわかった。…けっこう多いな?
 西側のゾンビを掃討しつつ、宝石店の金庫を破っていると、変異原物質の禁断症状が発生した。しまった、一度に過剰摂取し過ぎたか!いまのところ大した害はないようだが、用心すべきだろうな。
 オフィスの地下駐車場に下りると、なにやら壁を大きく掘った跡があった。

>アクティブ・リポート

 いったい、どんな生物がこいつをこしらえたのだろう?まさか、ドブネズミではあるまい…
 壁の崩れた跡に残っている岩塩から食塩を作ろうと思ったが、煮沸レベル1以上の器具がないと無理、ということで製作不可能だった。携帯用調理器具を持っているはずなのだが…やはり、UPS電源化してから処理がおかしい。
 仕方がないので、大きく嵩張る岩塩を手に持ってそのへんの民家へ向かう。たいていの台所には鍋等の調理器具が残っているので、そいつを使って塩を作った。塩素系漂白剤を作るための材料だ。


>Day_152 道路
 塩があるのでデラックス豆飯が作れる。…塩素系漂白剤の材料なのだが、まあ、いいや。車内で朝食を済ませ、塩から塩水を製作、塩水から塩素系漂白剤を製作。周囲に散らばっているゾンビの死体を解体し、変異原物質の製作に取りかかる。
 街の北西に通信基地局を発見した。クエストの手がかりになりそうなものがないかと思ったが、そこはフェンスに囲まれた通信機材があるだけの場所だった。電気通信機器が収容されている棚を分解してみたが、これといって貴重な素材が取り出せるわけでもない。電子部品を製作するのに少し役に立つ、程度のものか。
 敵と戦っている最中、うっかり巨体ゾンビがラムダへ接近するのを許してしまう。すかさずラムダに近づいて閃光発生装置を作動させ、朦朧としている巨体ゾンビに刺さったラムダの斬撃と、銃砲店で入手した12ゲージ散弾を食らわせて倒した。どうも、ラムダには…というか、NPCには閃光弾が通用しないらしい。たしか、以前、避難センターの依頼で盗賊退治に向かったときにも、閃光発生装置が通用しなくて難儀した覚えがある。普通、逆(=ゾンビに通用せず、人間に通用するはず)じゃないかと思うのだが。
 日が落ちたあと、民家で発見した塩素系漂白剤を使って変異原物質を作る。アンモニア系漂白剤はわりとストックがあるし、消費量は半分なので、どうしても塩素系漂白剤の数が足りなくなってしまうのだ。



>Day_153 家屋
 建物の裏手に大量のケシが自生…自生…?しているティーハウスを見つけた。やばいぞこの店。
 銃砲店やSWATバンから入手した銃火器を使い捨てにしながら南西に進む。日が暮れたころ、幌つきの大型貨物トラックを調べていると…

>アクティブ・リポート

 ついに見つけた、12気筒ディーゼルエンジン!こいつをジェイ=エルに積み込めば、まさしく小型のモンスター・マシンの完成だ!さっそく近くに停めてあるジェイ=エルを隣につけ、エンジンを取り外す。しかしこの時点でかなり夜が更けていたので、取り付けは明日行うことにしよう。



>Day_154 道路
 朝起きて朝食を摂り、エンジンを交換する。その直後、ラムダが疲労を訴えてきた。どうやら俺が寝ているあいだ、ずっと起きていたらしい。なにズレたことしておるのだおのれは。仕方ないのでタレット席に寝かせておき(そうしておくと移動するにも支障がない)、一人で街の探索を行うことにした。
 南端の大邸宅へ行き、地下や二階に置いてある漂白剤を車に運び込んでいく。冬なら…サバイバー装甲スカウトスーツを着ていれば二~三個は持ち運びが可能なのだが、軽量サバイバー装備では収容容積が10Lほど落ち込むので、手で持って(=装備して)運ぶしかないのだ。あるいは荷運び用に、収容容積の多いバッグを作っておくべきかもしれない。
 その後ゾンビを解体し、疲労が溜まったところで床についた。







>ステータス 
基本HP:132
総運搬重量:158.0
近接攻撃力:19.5
筋力:26(24)
器用:28(26)
知性:25(25)
感覚:27(25)

>スキル
運転:11(66%)
料理:11(30%)
ライフル:11(6%)
斬撃武器:11(0%)
サブマシンガン:10(93%)
射撃:10(54%)
打撃武器:10(45%)
製作:10(26%)
ショットガン:10(24%)
コンピュータ:10(9%)
電子工学:10(8%)
ハンドガン:10(7%)
罠:10(1%)
サバイバル:10(0%)
ランチャー:10(0%)
刺突武器:10(0%)
弓:10(0%)
水泳:10(0%)
裁縫:10(0%)
話術:10(0%)
回避:9(31%)
近接戦闘:9(16%)
応急手当:8(52%)
機械整備:8(13%)
取引:7(0%)
素手格闘:6(84%)
投擲:3(49%)

>所持品
++ライフル(MX-84レーザースナイパー)+
2 弾倉(.223口径/LW-32)(0)
++オイルライター(50)
++精密ロックピック
タオル
聴診器
はんだごて+(UPS)(200)
ガソリンランタン(オフ)(500)
キャッシュカード(3000000)
ゴムホース
ステルス外套(折畳)
ハッキング装置+(UPS)(100)
マッサージ器(0)
仕立て屋キット(400)
塹壕用シャベル
懐中電灯(オフ)+(UPS)(100)
携帯型操作端末(1000)
携帯用食器セット+(UPS)(200)
注射器
洗面キット(9)
水筒(2.5L/プラスチック)/綺麗な水(10)
ペットボトル(500ml/綺麗な水(2)
穀粉(33)
アンビエン(143)
オキシコドン(39)
カルシウム剤(77)
コデイン(140)
ジアゼパム(5)
トラマドール(30)
ビタミン剤(グミ)(81)
包帯(38)
抗生物質(98)
救急箱(19)
治療薬(寄生虫)(25)
治療薬(真菌)(25)
睡眠薬(ケシ)50
54 IDカード(研究所)
45 IDカード(軍)
ケシの芽
糸(599)
偵察ツール(100)

>装備
++軽量型サバイバースーツ(フィット)
++サバイバーハーネス/ライフル(.223口径/L523-CAR)
++サバイバーユーティリティベルト/++ククリ(フィット)
++サバイバーランニングバッグ
++軽量型サバイバーマスク(フィット)
++軽量型サバイバーフード(フィット)
++軽量型サバイバーグローブ(フィット)
++ドロップレッグポーチ(フィット)
++軽量型サバイバーブーツ(フィット)
++聖なる象徴
++小さな遺物
++生体兵器バッジ(アポフィス)
++執行官バッヂ

>トランク
++(短銃身)ショットガン(2連)+(2)
るつぼ
3 アルミ缶/V8野菜ジュース(新鮮)(1)
5 ガロンジャグ(3.75L)
ガロンジャグ(3.75L)/塩水(1)
ガロンジャグ(3.75L)/変異原物質(医療)(3)
ガロンジャグ(3.75L)/漂白剤(アンモニア)(12)
4 ガロンジャグ(3.75L)/漂白剤(アンモニア)(30)
2 ガロンジャグ(3.75L)/漂白剤(塩素)(30)
ガロンジャグ(3.75L)/調理油(24)
3 ガロンジャグ(3.75L)/調理油(30)
++サバイバー装甲スカウトスーツ(フィット)
ボトルジャッキ
バイオ摘出装置(5)
++メイス
ライフル(.50口径/ブローニングM2 HMG)
ランチャー(40mm/マーク19)
乾燥肉(120)
修復キット(銃整備士用)+(UPS)(500)
南斗孤鷲拳の極意
南斗水鳥拳の極意
南斗白鷺拳の正しい学び方
卵(レイザークロウ)(12)
原子力電池(177)
帝王が教える帝王の拳
2 弾帯(.50口径/BMG)(100)
本(学習/PE065”キメラ”:最善の措置)
本(学習/侍の刀)
本(学習/科学を学ぶ)
本(学習/複合投与を行う際の最善の措置)
改良型UPS(2500)
溶接ゴーグル
溶接機+(UPS)(500)
火ばさみ
無線中継モジュール
石化した眼
穀粉(292)
米(乾燥)(300)
総合ビタミン剤(155)
螺旋状の石
豆(乾燥)(123)
軍用ブラックボックス
金属タンク(60L)/変異原物質(143)
金属加工セット
金床
銃器調整機構
電動ランタン(オフ)+(UPS)(400)

>CBM
蓄電装置 x170
蓄電装置mk.II x92
確率高速移動
新陳代謝相互互換装置
水摘出ユニット
誘電性静電容量システム
単分子ブレード
超回避システム
体内統合電源システム
放射線洗浄システム
内蔵工具セット
反射神経活性化
筋肉増強
間接内蔵式捻れラチェット
消化器官拡張
体内格納庫
合金メッキ - 胴体
照準システム
再利用ユニット
合金メッキ - 脚
合金メッキ - 腕
シナプス加速装置
合金メッキ - 頭部
人工望遠眼球



>特質
サバイバー格闘術
プロトタイプ
丈夫な足腰
乳製品嫌い
低速治癒
俊敏
器用
執行官
堅牢な遺伝子
寝坊助
整理上手
潔癖症
無痛
病気耐性
神経質
筋力発達(レベル2)
軽足
鎮痛(レベル3)
難聴



>殺害数:15788
アメーバ状の物体:9
アリ(幼体):43
アルビノペンギン:4
イヌ:86
オオカミ:13
カラス:7
ガラガラヘビ:1
クマ:1
クマネズミ:2
クレック:19
グラボイド:2
コヨーテ:11
サバイバーゾンビ:95
スケルトン:21
ゾンビ:2237
ゾンビオオカミ:33
ゾンビピューマ:10
ゾンビヘラジカ:7
ゾンビマスター:32
ゾンビマンサー:31
ゾンビ熊:13
ゾンビ犬:127
ゾンビ警察犬:89
タレット:25
ダマティック:4
ダークウィルム:33
チキンウォーカー:8
トリフィド:138
トリフィドの心臓:2
トリフィドの芽:57
ドブネズミ:172
ナイトメア:200
ネズミの王:2
ハーフワーム:38
ビオランテ:15
ビーバー:1
ピューマ:1
フェラル・ハンター:141
フェラル・プレデター:28
フェラル・ランナー:24
フレーミングアイ:2
ブロブ:155
ブーマー:200
マンハック:15
マンハック(C4爆弾):1
マンハック(催涙ガス):2
マンハック(手榴弾):4
マンハック(閃光弾):1
ミ=ゴ:19
レイザークロウ:35
レイザークロウχ:1
レーザータレット:2
ロットーワイラー:107
下水道のコイ:1
下水道のヘビ:10
下水道のワニ:8
兵士ゾンビ:138
兵隊アリ:159
冥暗ゾンビ:66
凶暴ゾンビ:113
科学防護ゾンビ:131
壊れたサイボーグ:4
夜行ゾンビ:2
大型ブロブ:20
大顎ゾンビ:18
女王トリフィド:26
子供ゾンビ:529
子供ブーマー:15
対物タレット:13
小型ゾンビ:27
小型ブロブ:730
小型夜行ゾンビ:21
小型絶叫ゾンビ:21
巨体ゾンビ:38
巨体ブーマー:165
巨大アリ:1679
巨大カエル:1
巨大ガラガラヘビ:1
巨大クロゴケグモ:77
巨大クロゴケグモ(幼体):23
巨大ゴキブリ:55
巨大ゴキブリ(幼体):2
巨大スズメバチ:34
巨大ハエ:11
巨大ハエトリグモ:5
巨大ハチ:351
巨大ムカデ:11
巨大ユウレイグモ:91
巨大ユウレイグモ(幼体):48
巨大ワーム:17
巨大巣作りグモ:11
巨大毒グモ:15
巨大蚊:3
弱酸ゾンビ:13
強酸ゾンビ:99
悲鳴ゾンビ:70
技師ゾンビ:24
擲弾兵ゾンビ:3
放電ゾンビ:57
放電凶獣:48
暴動鎮圧ロボット:6
格闘ゾンビ:5
欠陥生体兵器:22
欠陥生体兵器ゾンビ:42
水泳ゾンビ:160
消防士ゾンビ:268
涎垂ゾンビ:18
煙幕ゾンビ:101
照射を受けた死体:3228
爬行ゾンビ:51
牛頭:2
生体兵器アポフィス:1
痩身子供ゾンビ:19
痩身犬:49
監視ロボット:32
盲目のもの:2
真菌ゾンビ:1
真菌欠陥生体兵器:8
真菌殺し:67
科学者ゾンビ:20
空洞ゾンビ:16
組手ゾンビ:117
絶叫ゾンビ:67
肥満ゾンビ:218
腐敗ゾンビ:39
腐食ゾンビ:77
膨張ゾンビ:204
蔦の凶獣:61
警備ロボット:11
警官ゾンビ:137
警官ロボット:2
負傷ゾンビ:16
超人偵察兵ゾンビ:12
超人兵士ゾンビ:7
超人工兵ゾンビ:17
超人装甲兵ゾンビ:17
軍用タレット:2
這い回る蔦:433
這い回る蔦の中枢:18
長腕ゾンビ:74
頑強ゾンビ:761
高速ロボット:4
高速子供ゾンビ:45
@ イーブン ヴァンワイルド, プレッパー:1







>アクティブ・リポート



>現在地点





>Log_end








 どうも、グレアムです。今回のハイライトはラムダに野太刀を装備させたところですね。あとはずっと街の探索に費やしてる感じで、正直あんまり言うことはないです。改めて読み返すと、ずっと変異原物質作ってんな今回。
 実際のところ、現在プレイしているバージョンでは範囲攻撃がエラー落ちの原因っぽい挙動を見せるので(サバイバー格闘術使ってると高確率で落ちる原因がこのへんにあると予想)、安定性を望むなら一掃攻撃を持つ野太刀よりも普通の日本刀を持たせたほうがいいんじゃないか、などとも思ったんですが、このあたりはキャライメージというか、ロールプレイ優先であえて危険な橋を渡りました。
 やはりラムダが戦闘に加わるとエラー落ちすることがあるので、セーブは頻繁にしています。
 そうそう、変異原の沼に落ちた点も書いておかねば。今回から最後の一覧に特質も載せておくことにしました。個人的にはリストが長くなるのがイヤなので、あんまり大量に変異はつけたくないんですけども(笑・CBMを大量に埋めないのもそれが理由)、強さを追求するなら避けては通れない道かな、という感じで。
 あと、NPCに缶入りの飲食物を渡すと、開封せず中身だけ減るとか。これは明らかに処理ミスなのですが、新しいバージョンでは直ってるんでしょうかね。未開封且つ中身が空のアルミ缶とかちょっとしたレアアイテムだと思うんですが、使い道はないんだよなあ。
 NPCの服装がだいぶボロボロになってるんですが、このゲームの仲間は装備交換がやりにくいのがネックですね。気軽に着せ替えできないのはちょっとした不満点です。
















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
958  957  956  955  954  953  952  951  950 
忍者ブログ [PR]