忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2015/03/03 (Tue)18:33





 とっくに終わったと思っていた物語がまだ続いていた。
 ある医者の家で目覚めた女は、自分が生きていることに驚く。頭部に銃弾を受けたのだから無理もない、そう言う医者に女は首を激しく横に振った。
「あたしはもう、死んでいるはずなのに…」
 さらに、ここはどこかと訊ねた女は医者の返答を聞いて驚愕する。
 グッドスプリングス、ラスベガス近郊の小さな村落。
 彼女にはラスベガスがニューベガスと名を変えていたことも、ましてや口部周辺を激しく損傷しまともに喋れなかったはずの自分がすらすらと言葉を操っていることも、驚きの対象にはなり得なかった。
「あたしは死んだはずなんだ。四年前に、ワシントンで」
 愛する人に、顎下の喉から銃弾で脳を吹き飛ばされて。
 それでよかったはずだった。

 彼女の名はブレンダ・フォスター、元奴隷の用心棒。
 かつてワシントンでユニオン・テンプルという脱走奴隷のコミュニティに所属していたが、奴隷商人たちとの戦いのさなか仲間の裏切りに遭い致命傷を負う。
 すでに虫の息だった彼女は、蒼白した表情で駆けつけた恋人にとどめを懇願する。
 銃声と暗転。それですべてが終わったはずだった。

 なぜ彼女は生きていたのか?
 医者に彼女を託した「キャリア・シックス」とは何者か?

 傭兵クレイブ・マクギヴァンがエンクレイブに崩壊をもたらしてから四年。
 舞台を変え、いま、新たな物語が始まろうとしている…



 どうも、グレアムです。
 なんとなくNew Vegasのエセプレイ日記の設定の算段がつきましたので、今回はプロローグ的なものを書いてみました。内容的には3で活躍した傭兵クレイブの物語の外伝的な続編といったところでしょうか。
 今回の主人公は、3でクレイブが過去に失った恋人という設定でチラッと名前が出てきたブレンダという女性です。ちなみにクレイブよりも年上です。姐さん女房的な感じです。
 3のときすでに死亡しており、クレイブが浄化装置を作動させて一時的に天に召されたときにあの世で彼を叱責し現世に叩き落したという凄い経歴を持っているわけですが、このたびなぜかニューベガスの世界で再生?転生?した模様です。その謎を追っていくという展開で。実はなにも考えてないっていうのはいつものことだ。




 ブレンダinニューベガス新生バージョン。
 コスチュームはT6M Combat UniformにWaster's Scarfを使用。頭部の暗視装置については後述。武器はPSG-1ですね。露出は減りましたがカッコ良さは上がってると思います。
 頭部は前回も使用したLightning Raceのプチ改造版ですね。元のプリセットの出来が良いので、ちょっといじるだけでかなり見栄えの良い造顔が可能なのは素晴らしいです。




 臨戦態勢仕様、Waster's Scarfの口元を覆ったバージョン。バックパックはBlackwolf Backpacksを使用しています。
 このスカーフ、出来はかなり良いのですがボリュームが大きいためかカメラアングルによっては髪の毛と重なる部分が透過してしまう問題があったりします。まあ、撮り方を工夫すればいいだけなのですけれども。
 本当はユニフォームのブーツを黒くしたかったんですが、どうもこの部分はバニラのテクスチャを流用しているようで手が出せませんでした。改造できなくもないけど超面倒臭いのでやりません。




 おまけ、旧コスバージョン。Female Mysterious Strangerに含まれるビキニ&下半身装備とKikai's Equipmentの暗視ゴーグル、手袋で構成。ともに3のMODをNVにブチ込んだものです。ヘッダのマスターファイル指定先を変更して装備データ以外の記述を削除し、コンソールから入手というクソの鏡のような超雑仕様です。だってGECKとか使い方わからんですし…
 首輪はDead Moneyの制御用首輪をコンソールから入手。3のときはKikai's Equipmentsに含まれていたものを装備していたんですが、どうもこいつだけバニラのデータを流用する仕様上の問題でNVだと<!>マーク出るので仕方なく(.nifの指定先が違ってるのかな、と思ったがNVの制御用首輪のデータと見比べても違いがよくわからん)。
 ちなみに銃はTOZ-66。オプションのソウドオフストック&バレル仕様で。




 おまけのおまけ、というか本編で出すかもしれないクレイブの装備。
 最初はHigh Desert Tactical Gearってのを入れそうになったんですが、3で使っていたDragonskin Tactical OutfitにNV仕様が普通にあったのでそっちを導入。こっちのが軽いからね。導入後は各トレーダーが扱うようになる…らしいのだが他MODとの兼ね合いか店頭に姿を見せず。コンソールから出してもよかったけど、せっかくなので追加装備が全部収納されたコンテナにいつでもアクセスできるアイテムが自動入手できるBonus Packというアドオンを入れて解決。
 テクスチャはもちろん3で使用した改造版をそのままブチ込みーの。といってもゴーグルはBonus Packにレンズの赤いバージョンが公式に入っているのでそちらを利用、素人が適当に弄ったものより出来は当然良いでしょうという判断。

 さらに今回からProject Nevadaを外して結局FOOKを導入。共用パッチも公開されてはいるんだけど恐らく安定性は低下するだろうし、そもそもProject Nevadaの追加要素が個人的にちと微妙だったので。
 いまさらコンシューマで何度もクリアしたNVに手をつけた理由に関しては、バランス調整でもっぺん本編を楽しもうとかいう主旨ではなかったし、追加要素も今一つ痒いところに手が届かない点があったので。




 で、やっぱりFOOKの醍醐味といやぁ銃火器まわりのオーバーホールですよ!
 3のFOOK2に諸手を挙げて歓迎した身としては(巷ではいまいち評価低いみたいだが、なぜなんだ?)、やはりガンマニアが気になる部分にきちんと手を加えたFOOKには絶大なる信頼を抱いているわけでして。
 上のSSでもピントを合わせてますが、やはり薬莢のリプレイス!これは重要でしょうよ!ただ残念なことにFOOK2とは違い、薬莢は一定時間で消失してしまうみたいですが…
 さらに言えば追加武器もそれほど多くないようです(まあNVはもとから種類けっこう多いしね)。しかしながら既存の銃火器はすべてリプレイスされているようで、内部的には同じであろうと使っていて楽しさが段違いなのですよ。




 そういえば今回の画面写真撮影の際、試しにSet Timescaleを0に設定したら待機のときに時間が滅茶苦茶なことになってて驚いた。午後-2147483648時-2147483648分てなんやねん。
 もちろん画面がマトモに見れない状態になったのでデータをロードし直しました。コンソールから時間設定を変えるときは最低でも1にしたほうがいいようです。




 おまけ、新コスで横っ飛び撃ち。
 今回なにが嬉しいかって顔がアップに耐えられるクオリティってのが。角度やライティングもそれほど気にしなくて良い風味だし(もちろん気を遣ってますが)、やっぱり女性キャラが口元隠さなくてもブサイクに見えないってのは素晴らしいことです。




 最後は旧コスで。
 これせっかく3のMODをマージしたんだけど今後使うかな…今はまだそれほど容量に気を遣わなくてもいいっぽいんで、しばらくは残しておきますけれども。
 しかしNVはすごいね。ENBInjector動かすのを忘れてゲーム起動してもちゃんとENBが適用されてるし(普通タイトルで落ちないか)、FNV4gb動かすのを忘れててもたいしてパフォーマンスに影響しないし(現状では)、NVSEから起動しなくてもちゃんと日本語化されてるっていうね。もう俺にはこいつがどうやって動いてんのかわかんねーよ。
 たぶん全部勘違いだろうけど。








PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
567  566  565  564  563  562  561  560  559  558  557 
忍者ブログ [PR]