忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2015/11/02 (Mon)15:52

海兵隊仕様のM39EMR、デフォルト装備のホロサイトがイイ感じ







 どうも、グレアムです。このところまたFallout New Vegasをいじってます。とりあえず気に入ったModを動作確認がてら導入してあれこれ調整するだけで時間があっという間に過ぎるというかゲーム自体が全然進まないというか。いつものパターンだこれ。
 上の画像はLegasy of Vault Recon SquadというModで、Dead Moneyのヴィラ警察署やVault34に現用装備を追加するというもの。武器がどれもよく出来てます、アーマーはDragonskin Tactical Armorの派生っぽいね。
 とりあえずこいつの性能を確かめるためにシエラマドレまで行ってきたんですが、防具はともかく武器はデフォルトで手に入るものばかり使ってました。HK415cとかあったけど5.56mmはシエラマドレじゃ入手できねーじゃねーか!
 装備の性能はどれもロアフレンドリーというか、基本的にバニラ準拠で武器Modにありがちなバランス崩壊系ではないので、そのへんが気になる人でも気軽に入れられるんじゃないでしょうか。
 Dead MoneyはThem's Good EatinのPerkがあると超ラクになりますね、食料と回復アイテムに困らなくなります。あとMod装備を使う場合はJury Riggingもあると便利かもしれない。







HESH!軟弾頭系炸裂弾でヤツのハートも粉々さ!

 Gun Runner's Arcenalで追加された.50口径用のExplocive弾を参考に、拳銃用のHE(High Explocive)弾を作ってみた。見た目は派手になるが、あんまりパーツがバラバラに吹っ飛んだりはしないなぁ…効果範囲を狭くしているせいか、あくまで拳銃弾なので威力を抑えているせいか。あるいはBloody MessのPerkを持ってたらバラバラになるのか?アレ、欠損の仕方が不自然になるから入れたくないんだよねぇ(足撃って全身バラバラとかおかしいだろ)。
 いまいち思ったような効果が得られないので保留案件行き。







ごっついリボルバーは魅力的だよねぇ

 以下、気になって導入してみた武器Modの紹介。
 上の画像のはAlien Isolation - Magnum RevolverというModで追加されるリボルバーで、名前の通り Alien Isolationというゲームに登場する武器らしい。刻印を見る限りはMateba Unicaオートマチック・リボルバーのリミテッドモデルらしいが、実在するかどうかは不明。



ごっついセミオートも魅力的だよねぇ

 続いて、こちらはBeretta 87 TargetというMod。こいつは個人的大当たりというか、かなり気に入ったシロモノ。もともとベレッタはM84系のフォルムが好きな俺にとってこいつは最高の銃だ。
 といっても性能はそれほど高くない、なんといったって元が.22LRを使用するプリンキング用のモデルである。戦場で人を撃つためのシロモノではない。俺は数値を書き換えて実用レベルに改造したけど。
 ちなみにこいつはれっきとした実在モデル、小売価格は$880。



アタッチメントのサプレッサーもイイ味出してます

 なんといってもMeshとTextureのクオリティが半端じゃなく高い、Textureに至っては4kだ。さらにスペキュラマップでギラギラ光るグロス仕様、まさに民間用高級モデルといった感じ。



光ってるのはテクスチャの書き込みじゃなく反射光なんだぜ

 見てくださいよこのチャンバー部分を!ピカピカに磨き上げられたフィーディングランプを!
 写真の薬莢はFOOK仕様に変えてます、威力改造にあたって9x19mmにしようかと思ったけど排莢部分が狭いので断念。明らかに.22LRの薬莢しか通らないスペースですよねこれ。







 以下はちょっとした余談。
 せっかくなので新しくキャラを作ろうと思い、素体にMarie Rose Race in New Vegasを使おうと計画。こいつはDOA5の人気キャラであるマリー・ローズ顔の新種族を追加するというものだ。とりあえず別Modの髪型を使えるよう改造してからキャラ作成画面を出してみたのだが…



頭でけぇ!

 鼻からタバコを吸ってるのはともかく、多種族に比べて明らかに頭部がでかいので髪型が頭に埋もれている。
 サイズ調整でどうにかなるかと思ったが、なんとこの種族はスライダーによる調整が一切できないのであった。つまりちゃんマリとして運用する以外の用途を想定していないということである。



いちおう髪の色を変えることはできるのだが

 ゲーム中に表情が変わらないことは事前に知っていたが、まさか顔パーツの調整すらできないとは思っていなかった。ちょっと汎用性には欠ける感じだな…どうしても別の髪型を使いたい場合は、BlenderかNifscopeを使ってサイズと位置を調整することになるだろう。
 あと基本的にアニメっぽい顔なので、瞳にハイライトが当たらない光源下で写真を撮影すると顔が怖く見えてしまう。







気がつくと何度もプレイしているDead Money

 こんな感じで、今回はかなり取り留めのない記事になりました。
 それにしてもDead Moneyはあまり評判がよくないし俺もあまり評価していないにも関わらず、なぜか何度も訪れたくなる妙な魅力がありますね…たぶんDLCの中で一番プレイ回数多い。NVはもとより3のDLCよりも。
 そして今回初めて仲間を三人とも生存させました。DOG&GODの人格統合シーンはちょっと泣きそうになったよ俺…反対に、ディーンは生存ルートだとちょっと煮え切らない感じだな。
 あと初めてエリヤを金庫に閉じ込めました。会話後にジーサマに見つからないようさっさとエレベータまで行けばいいので、ルート的には一番簡単なんではなかろうか。














PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
657  656  655  654  653  652  651  650  649  648  647 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/14 グレアム@甜菜]
[10/14 「」]
[10/14 グレアム@甜菜]
[10/13 「」]
[09/27 グレアム@快晴]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]