忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2012/04/05 (Thu)15:21
 前回の記事で攻略に詰まったと書いたが、どうやらタスク内容に関して誤解していたようなので、気を取り直して攻略を再開。
 ここで現在のタスクについておさらいしておこう。目的はBanditの隠している財産の発見。StrelokはBanditの男Veinと接触し、彼から財産の位置情報を入手しなければならない。
 VeinはBanditを抜けたがっており、財産の位置情報と引き換えにDutyに加入したがっている。まず彼と一度話をしたあと、Dutyの基地に戻ってVoroninにそのことを報告しなければならない。VoroninはVeinの加入を許可するので、ふたたびVeinのもとへ戻りVoroninの意向を伝える。
 Veinに話をすることで、Banditの財産の位置情報がPDAにマーキングされる。目的のStashは建物の屋上だ。武器と弾薬、そして情報入りのフラッシュメモリを入手したらVoroninのもとへ戻ろう。



 Voroninに報告すれば、DarkValley-Cordon間の移動ポイントが出現する。とはいえ、これ自体が新たな展開をもたらすわけではない…困った。
 Barに戻ったところ、Vorovから新しいタスクを得た。Voroninに会いに行け、とのこと。ひょっとしたらさっき攻略したタスクの絡みかもしれない。
 そしてバニラでPetrenko(DutyのTrader)がいた場所に、新たにAntiquesという名のTraderが出現している。彼は第二次世界大戦で使用された古式の銃火器と弾薬を販売しているほか、ウォッカ3瓶と引き換えにColtPython用の.357Mag弾を交換してくれる。このことから、彼はNoodlesを生存させた場合にのみ出現するTraderなのかもしれない。



 ArmyWarehouseのSnitchからは、RedForestにいるDiggerにアイテムを渡すタスクを受けることができる。これでRedForestへの道が開けた…なお渡すアイテムはウォッカに救急キット、ソーセージなどの品々だ。間違えて使ったり売ったりしてしまわないように注意。
 新しいマップへ行けるとなれば迷う必要はない。まずはRedForestへと向かおう。その前に、Freedom基地でSkinflintからGoldenSliceと引き換えにFA-MASprototype3を入手。精度は高いがブレがひどい(他の銃ではまずない横ブレがかなりある)ため狙撃には向かないが、連射速度がかなり早いため至近距離での掃討に威力を発揮するだろう。



 RedForestはわくわく動物ランドと化していた。クリーチャーがわんさか出現するほかに、MonolithではなくMilitaryの兵士が敵として登場する。しかもかなり強力な武装をしているので、充分に気をつけなければならない。
 発電所に到着すると、4、5人の兵士が軒並み負傷している姿で見つかる。彼らを治療し、リーダーのSviblovと話そう。なんと彼等の正体はClearSky。Snitchから託されたアイテムを渡すと、さらに追加で発電所の北西にいるBloodSuckerの退治を依頼される。
 BloodSuckerは倒すだけではなく、死骸をSviblovがいる部屋まで運ばなければならない。もしGhostから貰ったGravityGunをまだ所持していれば、運搬がかなり楽になるはずだ。



 死骸を部屋の中に入れるとタスクが更新され、その後Sviclovと会話しタスク終了。次のタスクは裏切り者の始末だ。PDAにマーキングされた場所(森の中)に行き、しばらく待機。すると裏切り者がノコノコと姿を現すので、タスクが更新され敵対関係になったら殺害。
 どうやらこいつは武装していないらしく、Strelokを見かけると脱兎の如く逃走をはじめる。手早く始末しないと逃げられてしまうが、アノーマリーに突っ込んで自爆することも多い。その場合はStrelok自らが手を下すことなくタスクが更新される。あとはSviblovに報告しに行けばいい。
 次にX-10にあるというドキュメントの捜索を依頼される。また部屋の中にWondererという名のStalker(所属はStalker、名前はWonderer、服装はClearSky。いろいろとややこしいやつである)が出現し、6つのAmulet(特異な形状をした、かなり効果の高いアーティファクト)の捜索を依頼される。
 まずはSviblovの依頼を完遂しよう。目的のアイテムDocumentsFromTheLaboratoryはX-10の最奥にある(地面に落ちている。特に隠されているわけではない)。これを取得すると同時にMarcenaryが大量にスポーンするので注意が必要だ(Strelokのすぐ近くにも1体スポーンする)。
 Mercenaryは通常ユニフォームの雑兵に混じり、例の緑色の強化外骨格…Phantomも数人いる。これらをいなしつつ、地上に戻ろう。
 また、ドキュメントとは別に必要となるSystemUnitもそう難しくはない場所に置いてある(外観はタワー型のPCケース)。一通りくまなく捜索していれば自然と見つかるはずだ(ただしBurerのサイコキネシスで吹っ飛ばされた場合はこの限りではない)。



 SviblovにDocumentsFromTheLaboratoryとSystemUnitを渡せば、ひとまずRedForestでの仕事は終了だ。今度はVorovからの依頼をこなすことにしよう。
 DarkValleyに行き、Voroninから話を聞く。概要を意訳すると…VorovがVoroninに特使を出したが、音沙汰がない。それでVorovは事態の確認をStrelokに依頼したというわけだ。
 で、肝心の特使だが、どうやらDarkValley北部の工場の地下にてBanditに軟禁されている模様。やるべきことは単純だ、Banditを殲滅しVorovの特使を救出する。要はバニラでやった人質救出と同じだ。迷うことはないと思う。



 Clawという名の特使を救出し、彼が持っていたはずのPDAの在り処を聞き出す。どうやらBanditに奪われる前に隠したらしい、場所はX-18の入り口近くだという。
 X-18へ向かう途中、爆発に巻き込まれる。事故か?ブービートラップか?ともあれPDAの捜索を中断し、Vorovに話を聞きに行くとしよう。Borov曰く、PDAの情報の鍵をGhostが握っているらしい。しかしGhostはPripyatにいる、いまのところStrelokはPripyatに行く手段を持っていない…
 Borovが言うには、FleedomのLukashがPripyatへの道のりを知っているから会いに行け、とのこと。
 ArmyWarehouseのLukashに話をするが、当然ながらタダで教えてもらえるわけもなく。交換条件として、RedForestに墜落したヘリから放射能汚染されたコンテナを持って来い、とのこと。



 コンテナ(ブラックボックス)はヘリの脇に置いてある。これをLukashに持っていけばPripyatへの道を教えてもらえる。また、移動ポイント追加と同時に「Ghostに会え」というタスクが追加される。
 続けてLukashに話すと、バニラでMercenaryが駐留していた検問所に沸いているミュータントの殲滅を依頼される。これをこなすと、報酬としてユニークSVDが入手できる。
 さて、Ghostへ会いに行きますか。PripyatへはRedForestから行ける、バニラと同じだ。


PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]