忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2012/01/30 (Mon)18:59
 おえーっすどーもデスDEATH。最近すっかり創作活動をサボッているグレさんです。
 やばいこのままではヤバイと創作に燃えていた頃の輝いてる俺を捜索。気楽なバイト稼業のはずが残業までするようになって…これじゃ前の職場やめた意味ほとんどあらへんぞ。ぐえー。

 ともあれ、久しぶりにHPを更新しました。新コーナーですよ。架空銃火器編と題しまして、グレさんが作ったヘンテコ銃の数々を公開していこうとかそういうコンセプトで。第一弾は勇者銃です。今回の公開に向けて若干ディティールアップしておりますです。ウンチクいっぱいです、ぜひ見てね。

http://reverend.sessya.net/herogun.html

 あと、ぼちぼちキャラクター更新のほうも紹介していこうかなと。つっても本筋とは全然関係ないキャラなんだけどもね、年末ぐらぐらラクガキしてて偶然思い浮かんだキャラについて妄想してたらあっという間に設定ができ上がっていたでゴザルの巻。



 時系列的にはカズミが登場したデッドシティあたりと同期、プロトタイプの後期時系列のキャラですね。大企業マリーエン・インダストリーが抱える私兵集団のなかでも特に選りすぐりのエリート部隊「スペツナズ」の工作員、名前は「若槻杏子」。
 和名からして、もとはグンマ帝国の僻地に暮らしていたのだが、あるときマリーエンが研究していた「トランスヒューマン・プロジェクト」の実験体として拉致され、戦闘用サイボーグに作り変えられてしまう。
 以来マリーエンの尖兵として数々の特殊工作に関わるのだが、当の杏子は特にマリーエンに対して恨みを抱いているわけではない。「昔の生活が気に入ってたわけじゃないし、いまの職場はそこそこ良い待遇だし…お給料もたくさん貰えるし」

 ちなみに当人は滅多に口を開くことがなく、他人とのコミュニケーションは皆無。黙々と任務をこなすことから「氷の魔女」と呼ばれているが、じつは極度の人見知りで何を喋っていいかわからないだけだったりする(前髪で目を隠しているのは極度の恥ずかしがり屋で、他人と目を合わせたくないから)。
 自宅では素足に芋ジャージという実にイモい格好で過ごしており、ソファーの上に体育座りで本を読むのが日々の楽しみとなっている。とても同僚には見せられない姿である。読書の友は紅茶。自宅のアパートは棚から溢れた本で埋まっており、ほとんど整頓されていない。



「ミンナニハナイショダヨ?」

 ちなみに前髪を上げると…すげー目つきの悪い、負のオーラ全開な素顔がそこに。

 この際だからあえて言おう。メカクレキャラ(前髪とか眼鏡とか)大好きな俺として、「素顔は美人」とか。「素顔が美人」とか!そういう、軟弱な!設定は!いらねェんだよおぉぉぉーーーッッッ!!!
 こういうイモいキャラはな!イモだからいいんじゃねーかっ!美人だったら台無しなんだよ全部!美人じゃない女には価値がないのか違うだろそーじゃねーだろ!!??イモい子カワイイだろ!?イモだからカワイイんだろ!!??イモい自分にコンプレックス持ってるとことか超カワイイだろ!!??優しくしたらチョロそうなとことか!!!ガッフッッッ(←ゲスい自分の思考の毒気に自分自身がアテられて吐血)

 …ンマァとにかく。
 こーいう地味な女の子っていいよネ?って話。
 そのうち色塗ります。あと彼女が持ってるピストル(SIGプロあたりがベースのカスタムガン)もそのうち架空銃器のとこにぶっこみます。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
杏子可愛いよ杏子!!!!!!!

いいよね、自宅に居る時のギャップwww
芋ジャージは萌えるよ
むしろ嬉しいよ

彼女が読書してる最中にオイラは後ろから色々イタズラしちゃうよwww
コスコスしちゃうよ(・・・・・何をだwww)

しかし改めて見ると勇者銃グリップ細いですねー
うん、握りやすそう(o^_^o)
しかしそれでも50AEと聞くと反動が半端なさそうでござる
セブン@冴島鋼牙 2012/02/01(Wed)19:56 編集
無題
杏子ちゃんはアレです、コンセプトは「狂気分を抜いたロベルタ」ってところで。

マニュアル通りの動きはカンペキにこなせても、アドリブは苦手とかそういう性格で。
ちなみにマニュアル通りってのは「プレストンのガン=カタの動きを教科書通りと例えるなら」とかいうレベルです。ほとんど反則じゃないかそれ。

芋ジャージはいいですよ。心が洗われますよ。
風呂上り(というかシャワー浴びた直後)とかだったりすると尚良しですよ。
すぐにもう一度シャワーを浴びるはめになりますよ(←セクハラ)。

勇者銃のグリップは、正直細すぎたかもしれません。特に親指の付け根があたる部分が。
薬莢のサイズが通常の半分(つまり薬量も半分)なので、反動はデザートイーグルの半分…と考えるのは単純すぎるかも。
作動機構の違いもありますし。
グレアム@仕事ですから…(口癖) 2012/02/04(Sat)02:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]