忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2012/04/27 (Fri)18:34
 いやに季節外れな題名ですが。
 なんかまた新しいキャラを思いついたのでHPにアップ(背景なしバージョン)。

http://reverend.sessya.net/bv.html

 ついでに背景つけたりなんだり、遊びとテストも兼ねた別バージョンなんぞ作ってみたのでここで公開してみる。



 壁紙にどうぞ。ていうかいまどきVGAで壁紙もないだろうって感じなんですが。
 最近gimpを使い始めまして(もともとnvidiaの独自規格ddsを扱うために導入したんですが)、これが使いやすいうえに便利で重宝してます。ただしgimp内でコピーした画像がsaiで扱えないという謎仕様に泣けますが(JTrimだとなぜか大丈夫。でもJTrimは透過情報を扱えないしなあ)。まあファイルを保存すればいいだけのハナシなんですけどね。

 さておきキャラの紹介。
 時間軸的にはプロトタイプ後期、オリジンが活躍する「キャノン・エンジェル」と同時期ですね。
 というかもともとキャノン・エンジェルで使う、一話でぶっ殺される予定の悪役として考えたものなんですけど。いざ描いてみたらそこそこ愛着が沸いたので、そのうちこいつらで一本なにか書こうと思う。

 名前はブラッド・ヴァレンタイン(Blad Varentine)、愛称は「ビーヴィー(BV)」。
 3人組の傭兵チーム「トライ-セル」の一員で、刹那的な快楽主義者。もともと「ルーザーズ」というギャングのメンバーで、リーダーであるルース・キングの情婦だった。組織内部で内紛が起きたのをきっかけに離脱し、ルーザーズの副長だった「スコール(S-Call)」、チームメイトの「ユキマサ」とともにトライ-セルを結成する。
 もともと良家の子女だったヴァレンタインは、手始めに実家を襲撃して身内全員を虐殺。強奪した多額の資産を使って肉体にサイボーグ化手術を施した。ちなみにスコール、ユキマサは肉体を機械化したのに対し、ヴァレンタインは最先端の人工臓器と遺伝子改造を用いた有機的サイボーグである。
 それらはマリーエン・インダストリーの最先端技術であり、莫大な費用がかかるため誰もが気軽に手術を受けられるものではない。ヴァレンタインの手術はマリーエンのエージェントの興味を惹くことになり、交渉の結果、トライ-セルは現在マリーエン専属の傭兵として主に破壊工作に従事している。

 とまあ、こんな感じで。
 そのうちスコールとユキマサのイラストも描いて集合イラストをでっち上げたいですね。
 ああちなみにトライ-セルの名前の由来は「二人組(ツーマンセル)」のもじりです。スリーマンセルだとそのまんま過ぎるので。でもいまならバイオハザードに出てきた某組織のパクリとか言われるんだろうなあ。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]