忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2014/02/23 (Sun)10:00

>Read Log

Cataclysm : Dark Days Ahead – Replay 2nd
[ Beyond Honor ]

- Chaptor _05 : Optimism -



【楽天主義】錯乱した思考状態の一種。遺伝性だが伝染性ではない。

>Day _16 : Morning
 昨日一日安静にしていたおかげか、体調はすっかり回復していた。天気は小雨…私はレインコートを羽織ると、外へ足を踏み出した。街の周辺に研究所が二件あったはずなので、今日はそこへ向かおうと思う。とはいっても、あまり深入りをするつもりはないけど。
 最初に立ち寄った研究所の地上階には、これといった物資や情報はなかった。地下へ降りたところ、室温がマイナス16℃と低温だったため捜索を断念してしまった。

>Day _16 : Afternoon
 二件目の研究所の地下にて、奇妙な生物を発見する。まるで肉の塊に手足が生えたような異形、これも変異種…なんだろうか?発声器官のようなものが見当たらないにも関わらず、それはしきりに独り言を捲くし立てている。私はそれをぶ厚い強化ガラス越しに眺めていたけれど、そいつはいきなり壁に向かって体当たりを繰り返したかと思うと、かくへきを突き破ってこちらへ向かってきた!私はマチェットでそいつを捌きながら、チェンバーに収監されていた二体目の姿を追う。しかし二体目は壁を破壊しながら、何処かへと姿を消してしまった…
 その他には、これといった発見はなかった。フロアは狭く、さらに下へと降りる階段も見つからない。どうやら、ここはあまり重要な場所ではなかったようだ。

>Day _16 : Midnight
 雨は勢いを増し、いまや雷雨と化している。
 三件目の研究所を発見した私は、引き続き探索を試みた。生体部品保管庫の端末へのアクセスに成功した私は、各種CBM装置の埋め込みを試行する。付け焼刃の技術ではあったけど、どうにか失敗せずに導入することができた。
 そして、変異原物質の入手にも成功する。摂取したところ、いままで兎のように短かった尻尾が猫のような長いものに変化する。これは…コスプレ…なんとなくバランスを取りやすくなったような気がするけど、これ、他の人からはどんなふうに見えるんだろうなぁ…
 地下一階の室温は十度前後で安定していて、これなら眠るのにも不都合はなさそうだ。まだ深部へ続く道があるようだし、今日はここで一夜を過ごすことにしよう。



>Day _17 : All Days
 今日は一日かけて研究所内を捜索した。室温が快適に保たれていたせいもあるだろうけど、かなりスムーズな活動が可能だった。あるいは、以前よりも装備が充実しているせいもあるかもしれない。
 最下層の警備ロボットを破壊し、隔壁を開放した先にあったのは貴重なCBMモジュールの数々だった。強化反射神経、パワーアーマー・インターフェース…それらを肉体に組み込み、そろそろ地上へ出ようかと思っていたところ、最初に捜索したときには居なかったはずの軍隊蟻が多数侵入しているところを目撃してしまった。外から入ってきたのだろうか?どのみちここに生存者はいないし、貴重な物資は私が持ち去ってしまったので、ここが蟻の巣になろうと、私は困らないけど…
 夜になり、ベッドに横になったものの寝つけなかったので、端末からダウンロードした地図情報を改めて検討することにした。北に農場がある…のはまぁさておくとして、軍の前哨基地に廃棄物処理場、それから、ミサイル格納庫?こんな重要施設が近くにあったなんて。
 そういえば、と私は思い出す。以前、軍の前哨基地への潜入を阻んだタレット、あれは暗視装置の類を装備していないから、夜闇に紛れて接近できるのではないだろうか?私はベッドから飛び起きると、行動を開始した。道の途中で研究者の死体を発見し、幾つかのCBMモジュールを入手。肉体に組み込む。血液濾過システムに呼吸器フィルター、たとえば廃棄物処理場での探索に有用なはずだ。
 また、道中で生存者の一人と出くわす。彼は私に武器を捨てるよう命じた、どうやらあまり好ましく思われていないらしい。説得も虚しく交渉は決裂、私は彼を殺すしかなかった…所持品から、アダム・ラッセルという名前であることを確認。今それがわかったところで、何にもならないけど…
 残念ながら、軍の前哨基地に大した物は置いてなかった。タレットを破壊し、ゾンビ化した兵士を始末したあと、私は少量の弾薬と医療品をザックに詰め、近くの農場へと向かった。もともと農場の持ち主だったらしいゾンビを射殺し、ベッドを借りる。こんな生活がいつまで続くのだろう?もちろん、油断すればすぐに終わりを告げることくらいわかってる。わかってるけど…



>Day _18 : Morning
 目を醒まし、一服つけてから行動を開始する。今日は軍のミサイル・サイロの調査へ向かう予定だ。農場を出てすぐに小雨が降ってきたが、この程度であれば行動にさして支障はない。サイロ入り口の端末に軍のIDカードを差し込み、内部へ潜入する。
 ここは破棄された場所なのだろうか?誰もいないし、死体も見当たらない。あるのはガラクタだけだ…深部に到達すると、核ミサイルを制御するための端末を発見した。ここのミサイルは生きているのか!?もし、これが破滅的な思想の持ち主に発見されたら大変なことになる…私は幾度かハッキングを繰り返し、どうにか核ミサイルの無効化に成功した。とりあえず、オディウム17が核で吹き飛ばされる心配はなくなったわけだ、他に核がなければの話だけど…

>Day _18 : Afternoon
 核ミサイルの無力化に成功した私は、続けて有害廃棄物投棄所へと向かった。道の途中、軍人の死体を発見する。彼らのうち一人がRM103Aを所持していたので、有り難く頂戴することにした…これはケースレス弾を使用する、強力な個人携行用火器だ。
 有害廃棄物投棄所の事務所に立ち寄ったが、軍のIDカードが一枚あったきりで手掛かりらしいものは何もなかった。端末すら置いてないなんて…ただ、そこから北へ向かった場所に研究所があることを発見した。研究所に侵入し、周辺の地図情報をダウンロードする。詳細の確認は後回しにして、まずは研究所内部の捜索だ。
 どうやら、研究所内部のセキュリティが厳重なエリアには武器弾薬などが保管されているようだ。そして棚の中に、私は懐かしいものを見つけた…SCAR -Lだ。作動を確認し、まったく問題なく使えることがわかると、私は無意識のうちに微笑んでいた。頼もしい相棒、また会うことができるなんて。
 CBMモジュールも幾つか保管されているようだけど、見つかるのは既に体内に埋め込んであるものばかり。しばらく探索しているうち、私はクモ型の警戒ロボットに出くわした。強くはなかったけど…それと、タレットは焼夷タイプの銃弾が効果的であることもわかった。

>Day _18 : Midnight
 幾つか発見した変異原物質を摂取する…私の皮膚がみるみるうちに変質し、まるで樹皮のように硬化しはじめた。ひょっとしたら、これは外部からのダメージを幾らか低減してくれるのではないだろうか?しかし、どんどん人間離れしていく気がする…これ、元に戻るんだろうか。
 今日は研究所で一夜を明かすことにした。幸い、室温は10℃以上に保たれている。周辺の安全を確保してから、私はベッドで横になった。



>Day _19 : All Days
 研究所を脱出したときには既に夕方だった。かなり深層まで入り込んでしまったためか、地上へ出るまでに手間取ってしまったのだ。しかし、最深部の端末で自爆シーケンスらしきプログラムを走らせてしまったのだが、あれ、大丈夫だろうか。
 外は雷雨だった。まったくタイミングが悪い…ひとまず雨を凌ぐため、屋根のある場所を探すことに。北へ向かった場所へ広い邸宅があるのを見つけたが、これは期待外れだった。中はゾンビだらけで、貴重な物資はおろか食料の備蓄さえほとんどない。おまけに宿泊用の設備すらないという有り様だ。
 けっきょく、私はさらに北へ向かった場所にある研究所まで足を伸ばすことになった。武器集積所にて、そろそろ弾薬の手持ちに余裕ができてきたので9mm用のハードウェアをグロックからキャリコに持ち替える。.22LR弾も豊富に入手できたけど、これは機械や防弾装備相手にはまったく役に立たないので、研究所内ではあまり使いでがないのだよなあ。
 CBMモジュール、今回はかなり良い物が手に入った!聴力強化に、痛覚遮断システム?これは相当に便利なオーグメントだ。地下二階相当まで探索したところで、かなり遅い時間になってしまった。今日も研究所内で眠ることになりそうだ、もっとも昨日のとは別の建物だけど…



>Day _20 : All Days
 この日は研究所内部の捜索にかかりきりだった。タレットの残骸から9mm弾を大量に確保できたほか(もうアメリカン180は必要ないかもしれない、あれ結構かさばるし)、最深部にて貴重なCBMモジュールの数々を入手。テレポーター、EMPフィールド発生装置、暗視装置…など。いまや私の身体は機械とミュータントの複合体になっている。もっとも、私自身があまり機能を使いこなせていないのが問題ではあるけれど…とりあえず埋めてみたはいいけど、小型の火炎放射器なんてまだ一度も使ってないし。
 研究所から出て、雷雨の中を歩く。今日はここから北の位置にある農場で夜を過ごすことにしよう。研究所の端末からダウンロードしたマップ情報によると、ここから北には様々な施設が点在しているらしい。病院、刑務所、小規模な居住区、そしてまた、研究所が幾つかあるらしい。まだ忙しい日が続きそうだ。



>After Stats

[ Skills ]
Archery : 1 (0%)
Bartering : 1 (0%)
Bashing Weapons : 9 (21%)
Computers : 6 (30%)
Construction : 3 (78%)
Cooking : 6 (50%)
Cutting Weapons : 10 (0%)
Dodging : 7 (70%)
Electronics : 3 (10%)
Fabrication : 3 (0%)
First Aid : 5 (84%)
Handguns : 9 (7%)
Launchers : 0 (66%)
Marksmanship : 11 (72%)
Mechanics : 3 (51%)
Melee : 10 (13%)
Piercing Weapons : 1 (9%)
Rifles : 2 (41%)
Shotguns : 3 (74%)
Speaking : 1 (7%)
Submachine Guns : 6 (70%)
Survival : 11 (23%)
Swimming : 1 0%)
Tailoring : 3 (75%)
Throwing : 5 (96%)
Trapping : 1 (15%)
Unarmed Combat : 1 (4%)

[ Inventory ]
RM103A Automagnum++++ (15)
FN SCAR -L+++ (45)
40mm Concussive (1)
5.56 NATO (225)
8x40mm Caseless (81)
8x40mm JHP Caseless (50)
9mm (1119)
9mm +P (75)
9mm +P+ (20)
9mm FMJ (100)
Batteries (1281)
Thread (707)
Throwing Knife (10)
C4 -Explosive
Flashlight (100)
Lighter (89)
Lighter (100) x11
Machete
Mp3 Player (100)
Sewing Kit (176)
Towel
Cooked Meat x3
Plastic Bottle of Clean Water (2) x2
Plastic Canteen of Clean Water (6) x2
First Aid Kit (25)
Bandages (58)
Cigarettes (223)
Cigars (36)
Chewing Gum (81)
Vitamins (105)
Zen and the Art of Archery
The Modern Trapper
Binoculars
Military ID Card x18
Science ID Card x20
Gallon Jug
Pot

[ Items Worn ]
Caloco M960++++ (75)
Reinforced Army Jacket (Fits)
Reinforced Chest Rig (Fits)
Reinforced Military Rucksack
Bifocal Glasses
Ballistic Mask
Reinforced Elbow Pads (Fits)
Reinforced Hard Arm Guards
Reinforced Leather Gloves (Fits)
Reinforced Army Pants (Fits)
Reinforced Drop Leg Pouches (Fits)
Reinforced Hard Leg Guards
Reinforced Combat Boots (Fits)
Tactical Dump Pouch
Wrist Watch
Radiation Badge
Reinforced Holster
Reinforced Holster

[ Kill Count ]
Total : 1820
Giant Ant : 45
Ant Larva : 1
Soldier Ant : 9
Bear : 7
Biollante : 4
Black Rat : 13
Blank Body : 3
Blob : 165
Small Blob : 547
Boomer : 57
Cat : 2
Centipede : 3
GiantCentipede : 2
Couger : 6
Coyote : 17
Creeper Hub : 4
Creeper Vine : 26
Crow : 1
Dark Wyrm : 4
Deer : 2
Deer Mouse : 6
Dermatik : 1
Dog : 49
Dragonfly : 6
Giant Dragonfly : 1
Eyebot : 1
Flaming Eye : 1
Flying Polyp : 1
Fox : 14
Bull Frog : 24
Giant Frog : 2
Fungal Fighter : 8
Amoebic Mold : 2
Giant Crayfish : 2
Gozu : 1
Gracken : 3
Horse : 1
Hunting Horror : 1
Jabberwock : 1
Kreck : 3
Manhack : 54
Mi -go : 2
Moose : 2
Mosquito : 12
Giant Mosquito : 1
Opossum : 2
Pig : 1
Racoon : 11
Rattlesnake : 7
Security Bot : 22
Sewer Rat : 12
Sewer Snake : 13
Skeleton : 2
Skitterbot : 5
Giant Slug : 2
Jumping Spider : 4
Giant Jumping Spider : 3
Giant Web Spider : 4
Wolf Spider : 10
Giant Wolf Spider : 12
Squirrel : 14
Triffid : 33
Triffid Queen : 5
Triffid Sprout : 5
Turret : 53
Vine Beast : 7
Vortex : 1
Giant Wasp : 9
Weasel : 1
Wolf : 34
Yugg : 1
Zombear : 4
Zombie : 270
Zombie Brute : 26
Zombie Child : 5
Zombie Cop : 8
Shocker Zombie : 4
Zombie Dog : 16
Feral Hunter : 1
Zombie Scientist : 33
Shrieker Zombie : 12
Zombie Soldier : 25
Spitter Zombie : 20
Swimmer Zombie : 2




Active Report






>End Log





PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
446  445  444  443  442  441  440  439  438  437  436 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]