忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2017/04/29 (Sat)19:06






ワーオ。




ウワァーオ。



 レシマスジャンプならぬレミードジャンプ。牧場がすっかり大変なことに。ハーブ、こんなことなら大量に植えておくんだったなあ…
 三年ジャンプを利用すれば繁殖しにくいクイックリングあたりも大勢増やせてウッハウハらしいですが、さすがにそこまで…ねぇ。まあ、その辺の利用は好き好きでいいんじゃないですか。

 そんなわけでどうも、グレアムです。Elona Plus、第三部突入ですよ。
 第三部の舞台となるロストイルヴァへ向かうにはまずノースティリスへ向かい、パルミアのエステ…エリステアと接触後、ポートカブールの船長に話しかける必要があります。なんか世界中のあちこちで行方不明者が続出しているらしく、その調査に駆り出されます。
 船で別大陸へ向かう途中、テス何とかさんの電波を受け、その直後にアブダクションされてロストイルヴァへ強制移動させられることに。




もっとも邪悪な緑髪



 ロストイルヴァへ到着した直後、緑髪の悪魔(クソエレアより邪悪な何か)ことガイドのノルンが登場。うぁぁーきえてくれ。どんな返答をかえしてもすっとぼけられるので、とりあえずヤツの存在はなかったことにして、到着地点から一番近い街に足を運んだ。
 ちなみにこの初回移動で三日が経過するので、手持ちの食品が腐敗する可能性がある。した。チクショウ!(上画像のメッセージ欄を参照のこと)




気遣い痛み入るぜ…



 最寄の街(というか集落…難民キャンプ?)であるウールム・レゾンでは、PCと同様にアブダクションされた連中が集まっているようだ。ただし、サウス→ノース間を移動したときに連れ去られたヴェセルはここにはいないらしい。ひとまずそのへんの住民に話しかけて情報収集をすべきだろう。おぼろげながら今回の事態の輪郭が掴めてくるはず。
 エレア難民キャンプから拉致られてきたレオルド師からは、いつものようにアドバイスやAP関係の強化サービスを受けることができる。またネフィアを覚醒ネフィアへと変化させる★覚醒の宝玉も受け取ることができるので、一度は話しかけておくべし。
 また、ここには黒猫と妖精さんがおり、支配はできないが復活の魔法の指定対象になっている。ストックに余裕があるのならカード目当てで殺しまくるのもいいだろう。カルマと友好度がモリモリ上がるおまけつき。ンン、これひょっとしてアストラル光筆の対象になるか?こんど試してみよう。
 なおスピファルという娘に話しかけるとサブクエストを受けることができる。例によってカード目当てでモンスターを召喚して間接的に殺害しようと試みたのだが、この娘、えらく強い。Lv.162の荒鬼火が相手でも危なげなく対処するほどだ。仕方がないので自力で抹殺するしかなかった。ついでに固定アーティファクトであるフラッシュボウガンをゲット。

 ウールム・レゾンを出るとガベラ先生から連絡があり、強制的にサウスティリスへ戻される。
 メルガスへ向かい話を聞きに行くと、ロストイルヴァへ向かうための飛行船メルガストが古の庭園(風の山道頂上)に隠してあり、上層部には内緒で自由に使わせてくれる、とのこと。

 …… …… ……

 なんでそんな場所に隠したんだよ!


 いや、あそこさぁ、エーテルの汚染がすごいから、あんまり行きたくないんだけど…抗体ポーションの手持ちに余裕があるとか、そういう問題じゃないのよね。人が近寄りがたい場所だからこそ隠匿には最適、という理屈はわかるんだけども…

 まあ、それはいいとしよう。
 さて前々回のステータス公開の記事で、なぜかPCの弓スキルが他の武器スキルより上がっていることに気づいた人はおられるだろうか?じつはこれ、密かに生き武器を育てていたからなんですよ。
 もともと生き弓はペットのショボーちゃんに使わせるつもりで、ずっと温存してあった…というのは以前に書いたはず。しかしその役目を生きパンティーに譲ったことで出番がなくなり、今の今まで死蔵されていたのだ。
 だがレア武器だからといって、たんに自宅の肥やしにしておくつもりはない、ということは生き石をあえてゴミ武器化させたことでも証明済。この生き弓も、ちょっとした実験に使わせてもらうことにしたのだ。




超感覚を養え!



 今回のコンセプトは、ズバリ…「生き武器を感覚上昇特化で成長させたあとに生ものにして食べたらすげー成長するんじゃね?すげーフードの誕生じゃね?」というもの。
 とりあえずLv.10まで上げて感覚+46まで成長、器用+5がついてるのは長弓が本来持っている特性です。本当はLv.15まで上げるつもりだったんだけど、さすがにLv.10以降ともなると経験値を貯めるのにものすごい手間がかかり、ただでさえ使わない弓スキルをこれ以上伸ばしてもしょうがないので、このあたりで手打ちとすることにした。
 それでは、生き武器を素材槌で生ものに変換し…実食!




最高に美味しい!…マジで!?



 先んじて潜在ポーションで感覚の潜在をSuperbまで上げておいたため、感覚が3も伸びた!
 …生き武器のレアリティ(&リロードの手間)を考えると、あんまり効率の良い成長方法とはいえないなあ…しかもOverdoseでコレだからね。
 しかもどういうわけか、この生き武器を食べた直後から嘔吐が多発。拒食症でもないのに連続して吐き続け、80kgあった体重が一気に40kgまで落ち込んでしまった。
 これは一体どういうことだ…!?
 何度吐いても満腹度の表示が「食過ぎ」から変化することはなく、症状が改善される見込みはない。これは、なんというか…ストマフィリアを食べたときに起きる現象と似ているが…ひょっとして生き武器の満腹度がとんでもない数値になっていて、それで嘔吐を繰り返しているのか?
 まさかこんなことが起きるとは思っていなかったので、直前にバックアップは取っていなかった。何度も試行できるようなものでもないので確証はないが、ウウム、生き武器は食用には向かないということだろうか。

 その後、12時間ほど経過してようやく「食過ぎ」から「満腹」まで症状が緩和。その間に大型ピクニックバスケットを使ったので、ひょっとしたらそれが効いたのかもしれないが(なにせ満腹度の内部値の変動なんて調べようがない)、最悪の場合、相当長い期間をAUTOしながら過ごす破目になるかもしれないと覚悟していたので、まあ良かった。








ウィップスティック



 おまけ、気まぐれに青ガシャ引いたらこんな装備が出てきた。
 鞭にも投石強化エンチャがつくのね。と思ったら、鞭って杖カテゴリなのか…
















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
主能力ブースト生もの装備食は、ステータス固定経験値ですからね…
そりゃこんな成長しきった状態で食ってもほとんど上がらんでしょうね
引き継いで開始直後に食って能力爆上げって方法は公式の時代からありましたけど、overdoseだと恐ろしいことになりそうですね
「」 2017/04/30(Sun)13:40 編集
無題
なるほど…わからん!

基本的に引き継ぎはしない主義でして…そういえば、たしかOverdoseは引き継ぎが不可能という仕様だったはずなので、そのワザは試せそうにないです
(セーブデータを直接いじればやりようはあるかもしれませんが、それ言ったら何でも可能になってしまう)
本家版の生き武器は極めるとトンでもない代物が作れるようなので、そういったモノを引き継いで序盤から無双するという方法はアリなのかもしれません
グレアム@鼠脳 2017/05/01(Mon)19:49 編集
860  859  858  857  856  855  854  853  852  851  850 
忍者ブログ [PR]