忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2015/08/12 (Wed)17:37


Welcome to old america!



 どうも、グレアムです。前回のThe Red Warsに引き続き、1860年代のアメリカ東海岸を描いたMount and Blade: WarbandのMod「1860s Old America」をはじめました。俗に言うWestern Mod。バージョンは現在Letest Versionとされる0.99z。近いうちに1.0がくるそうで、非常に楽しみでありますな。
 さて本作はウェスタンModということで、舞台がカルラディア大陸ではありません。勢力はそれぞれアメリカ開拓移民、アメリカ南部連合(CSA)、合衆国連邦政府、フランス領、メキシコ、インディアンの六つに分かれており、拠点やユニットの造形に特色があります。またマルチプレイ専用の勢力もあるようで、こちらはシングルプレイ開始直後だと即壊滅のお知らせが届きます(おそらくシステム的な都合と思われる)。

 メインの武器は銃火器になりますが、いずれも命中精度こそ悪くないものの弾速が遅い、距離による威力減衰がかなりある、リロードが超遅いという特徴から独自の戦い方を求められることになります。これはThe Red Warsなどとはまた違った感覚ですね。ちなみに近距離では一撃必殺の威力があるので(そもそも基本攻撃力が100~200くらいあるのが当たり前)、戦闘時には注意が必要です。
 銃の種類はかなり多いですね。当時を代表するパーカッション・リボルバーをはじめ、ペッパーボックス他かなりマイナーな代物も揃っており、ライフルも複数種類存在します。ちなみに西部劇で有名なピースメーカーは存在しません、あれは南北戦争後の73年にようやく登場するので。
 防具もかなり数が多いんですが、ハッキリ言って防具による防御力はあってないようなモノです。おそらく性能を気にせず好みでコーディネートしてほしいという製作者のニクイ配慮なのでしょう、攻撃力100超が当たり前の銃火器に最高でも防御力20ない服でどうやって防げと。
 馬は本作ではかなり役に立つ感じです、ちなみにThe Red Warsと違ってちゃんと馬上からでも銃火器をマトモに扱うことができます、素晴らしい。

 いまのところ目立った不具合やバグらしい挙動もなく、じつに安定しております。あーいや、じつは敵ユニットにバッファローが登場するんですが、こいつが騎馬扱いのユニットを敵として認識させるためか、どうも透明人間が乗っているらしいというかなり無理矢理な再現をされているのが気になるといえば気になるかな。
 音楽は映画等からの引用だけではなく当時の流行歌なんかも使われていて素晴らしい。特にTo Arms In Dixieが流れたときは思わず感動してしまいましたよ。




インディアンの村(集落)。個別エリアはどれも個性があって面白い。




どうも一部テクスチャの指定がおかしいと思われる箇所が。




やはりウェスタンといえばパーカッション・リボルバーであろう。薬莢式もいいけどね。







PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
627  626  625  624  623  622  621  620  619  618  617 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]