忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2015/08/22 (Sat)14:58

「俺も商人だからさ、ほら、こいつが大した業物だってのは理解できるのよ。けど、銘が『古い』ってのはちょっとねーわって思うわけなんだよね」
「報酬に文句があるのか?」
「いーやいや、滅相もございません」
 盗賊ギルドの仕事の報酬として、メイビン・ブラックブライアから賜ったエンチャント付与の黒檀のダガーを見つめながら、俺はなんとなく釈然としない気持ちでため息をついた。



 俺の名はアーケイド、アルゴニアンの商人だ。なんかだいぶ長い間捨て置かれてた気がするが…それはまあ、いいとしよう。
 盗品の故売ルートを確保するため盗賊ギルドに加盟した俺は、リフテンの名士メイビン・ブラックブライアの依頼でハチミツ酒醸造所にまつわるトラブルを解決するため奔走していた。
 次に向かうべきはソリチュード、帝国軍のお膝元だ。
 ガラム・エイという情報員が組織を裏切ったという疑いがあるらしい、俺はヤツを殺すことなく情報を手に入れなければならない。同郷に手荒なマネはしたくないが、ソリチュードといえばジャリー・ラとブラック・ブラッドの一件もある。油断はできない。



 エルダーグリーム聖域…たしか、ここには過去に来たことがあったはずだ。特にモンスターなども存在せず、静かで平和な場所だったと記憶している。
 ソリチュードへ向かう途中、俺はホワイトランのキナレス聖堂から枯れたギルダーグリーンを復活させるため、ネトルベインと呼ばれる特殊な刃物を使ってエルダーグリームの木から樹液を採取してほしいという依頼を受ける。
 そういえば以前、エルダーグリームに近づいたときはその巨大な根に阻まれて幹まで到達できなかった記憶がある。その根を払うのがネトルベインの役割というわけだ。
「お願いだから、木を傷つけないで。恐ろしいことがおきるわよ」
 かつて友好的に接してくれた女性は俺に再三の警告をするが、手ぶらで帰るわけにもいかない。
 ネトルベインで根を払い、木の幹に切り込みを入れて樹液を採取する。その直後、眼下で悲鳴がこだました。

 そこに現れたのは、スプリガン。聖域にいた人々や、ホワイトランからついてきた巡礼者のモーリスたちはあっという間に殺され、やつらは次の標的を俺に見定めて攻撃を仕掛けてきた。
「大自然のおしおき、ってか!樹液を少しくらいいいだろう、カブトガニみたいに半分も取ったわけじゃあるまいし!」
 わけのわからないことを言いながら俺は黒檀の弓と矢で応戦する、相棒ボルガクのドーンブレイカーの一撃で燃え盛るスプリガンは矢の一撃を受けて崩れ落ち、そして姿を消した。
「ちくしょう、警告を無視した挙句に余計な犠牲者か。たいした成果だな…俺ってヤツはいつもこうだ、クソッ」
「気に病むな相棒、彼らを殺したのはエルダーグリームとスプリガンだ。おまえが手を下したわけじゃあない、事実はそれだ」
「…そう考えたいね……」
 ボルガクの戦士らしい考えに慰められつつ、俺は戦場と化した聖域を後にする。
 その後キナレス聖堂に樹液を届けに行ったが、驚いたことに報酬はなし。礼の言葉もじつにあっさりしたものだった、死人が出たにしては…



 ちかごろレベルが上がらなくなったことを憂慮し、スリ技能を二度目のレジェンダリー化。ふたたび盗賊家業に精を出す。
 ホワイトランにある錬金術の店「アルカディアの大釜」にて棚を物色していたところ、急に寝室から話し声が。
「棚に色々な薬があるわ。トニックも、膏薬も、湿布も。好きなだけ見ていってね」
 ちなみに時刻は早朝、営業時間外である。ふつう、不法侵入者を見つけたら退去を求めるのか普通の反応のはずだが、なぜだか客への売り口上を繰り返す店主アルカディアの姿を見ながら俺はぽつりとつぶたいた。
「…寝てる、よな?」
 相手はベッドの上、横になった状態で目をカッと見開きながらひたすら話を続けている。俺は彼女のすぐ目前にいるも、ステルスゲージは隠密状態をキープしていた。
「職業病かねぇ…」
 その後、盗みに入った別の店でもやはり寝ながら売り口上をまくしたてる店主に遭遇。これはスカイリムで流行している新手の病気か何かだろうか。



 翌日になってホワイトランを出立した俺とボルガクはホルテッド・ストリームの野営地にて山賊と狩人が交戦している場面に出くわす。当然、狩人に加勢して戦闘に参加。
 スカイリムではこういう道中でのエンカウントが度々発生する。



 鍛治スキルをすべて習得し、Weapons of the third eraで追加されるデイドラの刀を製造したので、試し斬りとばかりに道中で山賊の寝込みを襲う。
 エンチャントは麻痺一秒と魂縛一秒、攻撃力はなんと264。武器のベース攻撃力はあくまでバニラ準拠(Modにありがちなぶっ壊れ武器ではない)ので、これはあくまで装備品とおクスリの鍛治スキルブーストで強化した結果である。ちなみに片手剣スキルはまだそれほど育っていないので、攻撃力はまだまだ伸びる模様。



 崇拝されしドラゴンもこの通り、タイマンでも問題なく片づけることができる。いちおう盗賊寄りの魔術師だったはずなのだが…ちなみにメインで使っているノルドの弓は攻撃力が318もある。こちらは弓術スキルを限界まで育てているので事実上の最終値である。なぜか黒檀の弓より攻撃力が高くなったという…
 ちなみに一度だけ、崇拝されしドラゴンが(おそらく遠景用と思われる)超ローポリ&低解像度テクスチャのダンボール細工みたいな姿で登場したことがある。しばらく戦っているうちに高精彩な姿に変化したので、たんに読み込みの遅延だと思うが…俺はこれを、「かんたんドラゴン」と名付けることにした。惜しむらくはスクリーンショットの撮影を忘れたことである。



「愛と!」
「友情の!」
「「ツープラトン!」」
 ヴォルンルードと呼ばれる古代ノルドの遺跡にて、なんか伝説の武器を持ってるっぽい霊体とバトル。ボルガクとのダブルアタックで見事に勝利を収めた。
「しかし…けっきょく、こいつ、何者だったんだ?入り口近くで拾った手記を見てもどーも判然としないというか、ひょっとしてこの場所のクエストはこれで終わりかい?」
 てっきり何かもっとこう、何かあると思っていた俺はすこし拍子抜けしてしまう。
「剣と斧の二刀流ってスタイルはけっこう個性的だったがね…肝心の武器も、それほど特筆するような強さもないし、高く売れそうな代物でもねーなぁ。棚の肥やしだな、こいつは」



「待てえぇーーーッ!!」
 ゴロゴロゴロゴロ。
 山道を歩いていると、7 days to dieかってくらい熊と遭遇する機会が多いのだが、たまに坂道で倒すと、物凄い勢いで熊がゴロゴロ転がっていって走っても追いつけないことがある。あるいは魔法で倒したせいかもしれないが…



 間もなくウィンドヘルムへ到着しようというところ、放浪者のタルスガルがスノウウルフに襲われているところを発見。
 加勢するも、なぜかこちらまで敵対していると誤認されてしまう。しまいには反撃する前にボルガクが殺してしまい、彼の音痴な歌声がなんとなく気に入っていた俺は額に手を当てて天を仰ぎ見た。
「…まずいな、殺っちゃあ」
「す、すまん……」
 ボルガクの装備も俺がかなり鍛治と付呪で強化してある、その性能は折り紙つきだ。
 どうも本来タルスガルはフォロワーが殺せない設定になっているらしいが、おそらく今回はボルガクの弓に施されていたダメージ追加の付呪がトドメになってしまったようだ。というか、俺は一切手を出していないので他に考えられない。



 ウィンドヘルムへ到着、今回はあくまでソリチュードへ向かう旅の中継地である。
 灰色地区でダークエルフが経営するニューグニシス・コーナークラブで旅の疲れを癒しつつ一杯。
「アルゴニアンもオークもスカイリムじゃあマイノリティだからなー。こういう店のほうが落ち着くんだよね」
 そのうち、店主に「なぜ二階に帝国軍の装備が置いてあるのか」、聞いてみようか。



 宿へ向かう途中、女性の死体を発見する。
 被害者の名はニルシン・シャッター・シールド、といっても俺には馴染みのない名前である。ちょっと前に衛兵がなにやら騒いでた気がしたが、何が起きたのか、誰が犯人なのか俺にはわからなかった。
「おかしいな、連続殺人鬼(ブッチャー)はしばらく前に始末したはずだが…模倣犯か?」
 あと、一般市民の方々は揃って死体に手を伸ばすのをやめたほうがいいと思います。ポケットの中に興味があるようにしか見えない。あとオッサンは尻に手を伸ばしてるようにしか見えない。



→To Be Continue?



 どうも、グレアムです。
 新キャラ作ってそいつで一度クリアする、みたいなことを前回書きましたが、予定を変更しました。たぶんアーケイド使って進めたほうがまだ早いことに気づいたので。
 なんというか、新キャラで最初からやった感想が…「Skyrimって、こんなに難しかったっけ!?」という。
 山賊長に苦戦し、ファルメルに苦戦し、巨人に一撃で殺される女剣士を見て、不覚にも勃kkそういえばアーケイドも最初はこんな感じだったなあと思い出し。いまではそやつら全員ザコ扱い、なんたってレベル63ですもの。鍛治と付呪もマックス、装備の強さもケタ違いです。
 わかったことといえば、SkyrimはOblivionほどレベルによる敵の強さの変動が極端じゃないってこと。前作はある程度レベルを上げると山賊が黒檀フル装備で出迎えてくれましたが、今作ではそういった雰囲気ブチ壊しな調整はされていないようです。
 あとは大抵の敵のレベル上限がそれほど高くないようなので、ある一定まで上げてしまえばあとはこちらがレベルを上げた分だけ有利になるって感じなのかな?



強キャラ設定があるも実際は死にまくりなリタリーちゃん



 そうそう、あとキルムーブがバリバリ出せるようになるMOD、VioLensに関する備忘録的なTipsを。
 MCMから設定できる項目に斬首の発生率ってのがあると思いますが、あれ、低め(20%くらい?)に設定しといたほうがいいっぽいです。でないと、首切りのキルムーブしか発生しなくなります。
 たとえば数値を100%にするとキルムーブがすべて首切りモーションになり、さらに首切りが不可能なクリーチャー等に関してはキルムーブが発生しなくなります。ためしに斬首率を下げてみたところ、いままで人間相手に首を切るだけだったアーケイドが人間相手に多彩なキルムーブを発揮するようになり、他の動物やクリーチャー相手にもバリバリキルムーブを仕掛けるようになりました。
 意外とわかりにくい落とし穴ってことで一つ。

 それとFNISの導入に成功しました。成功というか、いままで間違って導入してて正常に機能してなかったことに気づきました。GenerateFNIS for Users自体は正常に動作してたので、なんかFNIS関連のMODがちゃんと導入できないと思いつつ、まさかFNISの導入自体に失敗してるとは思ってませんでした。
 なにを間違ってたのかというと、導入先のファイルパス。
 本来はDataフォルダ直下に入れなければならないのですが、俺はどうしたわけかSkyrimフォルダ直下に入れてたんですよ。
 もしFNIS導入に手こずっている方がいらっしゃいましたら、ファイルパスの見直しも一考という備忘録的メモでした。








PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
632  631  630  629  628  627  626  625  624  623  622 
忍者ブログ [PR]