忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2016/01/19 (Tue)21:16




キミら肉食じゃなかったっけ…



 どうも、グレアムです。今回は癒し系スライム牧場運営ゲーム「 Slime Rancher 」を紹介しますよ。Steamで今年の1月15日に発売されたばかりのアーリーアクセス・タイトル、Trailerを見た瞬間に「俺はこれを買わなければならない運命にある」と直感しました。




Slime Rancher - Reveal Trailer
まずは黙ってこいつを見てほしい



 なんたって不思議生物を眺めてニヤニヤするためだけにE.Y.Eを起動していた俺のこと、そもそも不思議生物との触れあいを目的に作られたゲームを買わない手があろうか。いや、ない!
 そんなわけで、早期アクセスゲームを定価で買うなどという、普段の俺なら「凶行」と呼ぶに相応しい行為に走ったというわけだ。実際にコンビニまで走ったしな。ウォレット追加のために。



現在の牧場の様子




その可愛さ、犯罪的



 そんなわけで、まずは基本的なゲームシステムを軽く紹介しよう。
 プレイヤーはスライム牧場の農夫となり、バキュームガンを手にスライムやアイテムを収集しながら、各種施設を購入/拡張して牧場を繁栄させるのが目的となる。
 スライムにはそれぞれ必要となるエサの種類(野菜/果物/肉)が分かれており、さらに一種類だけ好物が設定されている。エサを食べたスライムはPlort(通称:う○こ)を産み出し、それを売却して資金を増やしていくほか、スライムに異なる種族のPlortを食べさせることで二種類の特性を持った変種に変化させることができる。
 このLargoと呼ばれる変種はエサを食べると二種類のPlortを産み出すほか、元となる二種類のスライムの特性を両方受け継ぐため、飼育が楽になる…たとえばPhosphor Slime(果物を食べる/Cuberryが好物/日光に弱い)とTabby Slime(肉を食べる/Stony Henが好物)をかけあわせると、果物と肉を食べ、CuberryとStony Henが好物なPhosphor Tabby Largoが誕生する。
 一見いいところ尽くしのように思えるが、このLargo種はサイズが大きくスペースをとるうえ、ベースとなる二種類とは異なる種のPlortを食べさせると、あらゆるスライムを喰らい積極的にプレイヤーを襲う恐ろしい漆黒のスライムThe Terrに変化してしまう。
 このThe Terrはおそらく牧場の外で野生のスライムが増えすぎるリスク(高負荷)に対する予防措置として導入されたシステムだろうと思われるのだが、最初に愛らしいスライムを次々と喰らうこいつを見たとき、俺はVフォー・ヴェンデッタ(原作)で人形のコレクションを燃やされたプロセロ元所長のような悲鳴を上げてしまいましたよ。




無害なスライムを喰らうThe Terr




それを見たときの俺の反応




ショックのあまり放心状態に陥る俺



 だって、俺は…俺はなあ…
 最初は、牧場の狭いスペースにスライムを閉じ込めておくのすら可哀相で心苦しかったんだよッ!!そんな俺にこの仕打ちはあんまりだろッ!?
 もとより血生臭いゲームばかりプレイしていた自分の悪趣味さに嫌気が差して、ピースフルなスライム・ワールドにレッツゴーしたらこのサツバツ空間だよ。神は死んだ。

 まあ、もう慣れたけどな。さすがに不要なスライムを処分するための焼却施設は未だに作る気にならんが。Skyrimで山賊の首は刈れても、あるいはHatredで民間人を虐殺するのに躊躇がなくても、ぷりちーなスライムを犠牲にするのは我慢ならんのだ。人間なんてそれでいいんだよ。

 ええと…どこまで話したっけ。
 そうそう飼育の際はこのThe Terrを生み出さないよう注意しつつ、変種を作るなら計画的にってことで。
 牧場はスライムの飼育施設のほかにも畑や養鶏所、アイテム倉庫やプールなどの施設を建設可能で、施設の設置数は限られているので、計画的な運用が必要になります。

 Unity製ながらパフォーマンスは安定しており、操作のレスポンスも良く、スライムペディアなるヘルプも充実。さらに実績要素もあり(非Steam実績。そのうち対応するのかな?)、現状では規模は小さいながらも基礎はすでに完成しています。
 まだ未実装エリア(オブジェクトが配置されていない)も多く、ゲームとして長時間遊べるものを期待するのは時期尚早ですが、俺みたいに「とにかくスライムが可愛ければイインダ!」という人はマストバイです。とにかく挙動や仕草がかわいすぎます。Trailerを見てビビッときたら購入してくれ。後悔はしない。もし万が一後悔したら、それは貴様の心が汚れているのだッ!!
 なおスライムは空腹度によって機嫌が変化するようで、べつに不機嫌な状態によるデメリットはいまのところ確認していないのだが、しかめっ面されるよりは笑顔でいてくれるほうが嬉しいので、まめにエサは与えたほうがいいです。
 ひととおりエリア探索を終えた今となってはエサあげる瞬間が一番楽しいです。いちおう自動給餌機能もあるんですが、やっぱり自分の手であげたほうが愛着も沸きますし。
 以下、ギャラリーでシメ。このゲーム、オススメですよ。



一番のお気に入り、猫型のTabby Slime




巨大なスライムがあちこち徘徊する様子は圧巻




エサ不要、水さえあれば満足なPuddle Slime
Plortも高値で売れるが、確保がやや難しい




バキュームガンで吸うと驚くスライム。反応や仕草がいちいち可愛い




放置しておくとスライム達が好き勝手に動き回るタイトル画面
これを見るためだけに買う価値はあると断言する












PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
690  689  688  687  686  685  684  683  682  681  680 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/09 グレアム@サバイバー]
[05/07 ななしさん]
[04/15 グレアム@スレイヤー]
[04/13 「」]
[08/31 グレアム@モハビの砂]
プロフィール
HN:
グレアム・カーライル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]