忍者ブログ
主にゲームと二次創作を扱う自称アングラ系ブログ。 生温い目で見て頂けると幸いです、ホームページもあるよ。 http://reverend.sessya.net/
2016/08/29 (Mon)22:06






鋼鉄の武装鹫狮、いざ飛翔せん!



 どうも、グレアムです。ゲームがやりたい、銃が撃ちたい、RPGがいい、いままでプレイしてないやつがいい…などと思考がグルグルした結果、Gearheadに手を出しました。
 じつは以前、一回プレイしたときはとっつきが悪くてすぐ投げたんですよね。今回は一通りプレイしたものの、システムまわりやゲーム進行に納得できない部分が多くてやっぱり投げかけたんですが、辛抱強くプレイを続けたところ、どうにかツボにはめることができました。







 せっかくなので、現在使用している機体データを公開します。






 LGN-5 Longman 『Coffer MG』
 Type:Battroid
 Weight:50.0t
 PV:3'578'901
 MV:-3
 TR:+0
 SE:+6
 歩行モード:46
 滑空/飛行モード:116

頭部(3/3)
 >装備:C3頭部装甲
 >内蔵:C10センサー
 >内蔵:C10照準コンピュータ
 >内蔵:C7電子対抗システム
胴部(15/12)
 >装備:C8胴部装甲
 >内蔵:コクピット
 >内蔵:高出力C5エンジン
 >内蔵:ジャイロスコープ
 >内蔵:追撃ビームガン
 >内蔵:C9アークジェット
右腕(3/4)
 >装備:C5腕部装甲
 >装備:C4ビームシールド
 >内蔵:バトルキャノン
  >内蔵:右手
  >装備:大型レーザー砲
左腕(3/4)
 >装備:C5腕部装甲
 >内蔵:バトルキャノン
  >内蔵:左手
  >装備:デュエル・ランス
右脚(9/6)
 >装備:C3脚部装甲
 >内蔵:C9アークジェット
左脚(9/6)
 >装備:C3脚部装甲
 >内蔵:C9アークジェット
右翼(4/4)
 >内蔵:Longnightミサイル
  >内蔵:右翼砲架
  >装備:焼夷ミサイル
左翼(4/4)
 >内蔵:Longnightミサイル
  >内蔵:左翼砲架
  >装備:焼夷ミサイル



 ベース機体はLongmanで、ここへ至るまでにRadcliff⇒Zeta Daumと乗り換えています。
 Longmanの利点はなんといっても、汎用型二足歩行機体にして高出力エンジン搭載というところ。Zeta Daumで上の武装を振り回すとあっという間にオーバーロードしてしまうのだ。まぁそれはそれで、「個人カスタムで調整がピーキーな機体」という風情で面白くはあったのだが…またエンジン性能と引き換えにジャイロスコープのグレードが下がってしまったが、これは仕方がない。残念ながら本作はCataclysm:DDAとは違いエンジン等一部のパーツは換装不可なのである。
 腕部内蔵のバトルキャノン、及び頭部以外の各種装甲はOvaknightから分捕ったもの。Ovaknightが装備している装甲はZeta Daumのものより軽くて性能が良いのである。遠距離では大型レーザー砲とLongnightミサイル(Radcliffの唯一の名残)で牽制しつつ、ある程度接敵したらバトルキャノンと焼夷ミサイルに切り替える、というやりかたで今のところ戦っている。焼夷ミサイルは小型の高速機を仕留めるのに重宝しますね。あと、ムカつく相手に全弾一斉発射すると気持ちいい。
 二足歩行機体に翼をつけて爆装をぶら下げるのは、これはもう言わずもがなHIGH-MACS的デザイン・コンセプトである(あの部分だけ航空機っぽいんだよね)。最初は胴や肩に砲架をつけていたのだが、なんかチガウ…ということで、たしか間違って買ってしまったNekoから翼を分捕ってつけ足した記憶がある(焼夷ミサイルもNekoのもの)。最初はZeta Daumの拡散ミサイル(装弾数40発の高性能版)とどちらにしようか悩んだのだが、まあ見た目に派手だしこっちでいいか、と。
 胴と脚の容量が醜いことになってしまっているが、これはECM欲しさに調達したHarpyのC9アークジェットを何の考えもなしに装着してしまったため(俺自身も改めてここに書き出して気づいた)。元々は市販のC7アークジェットを使っており、この場合はしっかり容量内に収まったはずである。いまのところ弊害は感じていないが、やはり格好悪いので戻そうかな…
 半ば完成形であるが、完成と言い切れないのはZeta Daum成分が中途半端に残ったC4ビームシールド(片方だけ)とデュエル・ランス。白兵戦武器はどれがいいのやらサッパリだぜ。そもそも俺にはメックで白兵戦っていう概念がないので、この部分だけビジョンがスッポリ抜け落ちているのである。

 白兵戦といえば、歩兵戦だとCataclysm:DDA以上に銃火器が死んでて泣いた。
 どれくらい役に立たないかというと、ガンマニアの俺が小火器/重火器スキルに一切振らず単分子ソード一本で敵陣に突っ込むくらい。だってマジで使い物にならねんだもんよ。Cataclysmみたいに白兵戦が異様に強いっていうより、銃が弱すぎる。当たらねーし威力が弱いんで、どうあがいても零距離戦闘になる。
 逆もまた然りで、序盤からフツーに最強クラスの防具を揃えることができる都合上、敵の使う銃火器がまったく怖くないので、近接武器片手に突っ込んでもまったく問題ないというね。う~ん…










 キャラ画像は自分で作ったものを使用しています。ちゃんとGearheadのフォーマットに合わせました。上の画像、そのまま使えるはずです。
 ただプレイヤー専用とかいう指定ができないので、たまに一般人やバーテンダーに同種のメカ野郎が混じったりするんですよね。




怪しい料理人



 外見が毎回固定っぽいNPCも数人いるようなんですが。
 時間があればキャラ全員分描き換えたりとかしたいですね。元のが上手いとか下手とかじゃなくて、タッチに統一感がないのが気になるんで。元の絵、どれも味があって嫌いではないんですけどね。
















PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
774  773  772  771  770  769  768  767  766  765  764 
忍者ブログ [PR]